南紀田辺インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南紀田辺インターチェンジ
IC全景
IC全景
所属路線 E42 阪和自動車道
IC番号 34
料金所番号 06-103
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0042.svg南紀田辺
起点からの距離 128.9km(松原JCT起点)
みなべIC (5.8km)
所属路線 E42 紀勢自動車道
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0042.svg 南紀田辺
起点からの距離 0.0km(南紀田辺IC起点)
(7.9km) 上富田IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0042.svg国道42号田辺西バイパス
供用開始日 2007年平成19年)11月11日
所在地 646-0051
和歌山県田辺市稲成町
テンプレートを表示

南紀田辺インターチェンジ(なんきたなべインターチェンジ)は、和歌山県田辺市にある阪和自動車道紀勢自動車道インターチェンジである。2015年7月12日に、紀勢自動車道が接続[1][2]

道路[編集]

接続する道路[編集]

歴史[編集]

料金所[編集]

  • 入口レーン(大阪・和歌山方面への流入)
    • ETC専用 : 1
    • ETC/一般 : 1(通行券自動発券方式)
  • 出口レーン(大阪・和歌山方面からの流出)

阪和道(有料区間)と紀勢道(無料区間)が当インターチェンジ付近で平面接続するため、出入口用料金所とは別に本線用料金所が設置されている。南紀田辺ICから阪和道(有料区間)に入る場合は本線ではなく出入口の料金所を通過し、紀勢道(無料区間)から南紀田辺ICを出る場合は料金所の隣を通るようになっている。
一般レーンは常時、無人型自動精算機のみ稼働し、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの繁忙期のみ係員ブースを稼動し通常は閉鎖されている。当料金所は無人型自動精算機やETCレーンのトラブル対応のため事務室にて遠隔モニター監視されている。ETCレーン2箇所と記述してはいるが、時間帯によっては「ETC/一般」となる場合もある。

周辺[編集]

付近は田辺市の市街地が広がっている。

[編集]

E42 阪和自動車道
(33)みなべIC - (34)南紀田辺IC
E42 紀勢自動車道
(34)南紀田辺IC - (35)上富田IC

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]