下関インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下関インターチェンジ
中国自動車道、関門自動車道・下関インターチェンジ(山口県下関市)
中国自動車道、関門自動車道・下関インターチェンジ
(山口県下関市)
所属路線 E2A 中国自動車道
E2A 関門自動車道
IC番号 37
料金所番号 01-333
本線標識の表記 山口方面 Japanese National Route Sign 0002.svg Japanese National Route Sign 0191.svg下関 長府
福岡方面 Japanese National Route Sign 0002.svg Japanese National Route Sign 0191.svg 下関 関門トンネル[1]
起点からの距離 540.1km(吹田JCT起点)
王司PA (11.0km)
(1.6km) 壇之浦PA
接続する一般道 山口県道57号下関港線
山口県道258号武久椋野線
供用開始日 1973年11月14日
通行台数 17,314台/日(2011年度)
所在地 751-0816
山口県下関市椋野町2丁目
備考 (中国道と関門橋は本線直結)
テンプレートを表示
下関IC付近(右側縦の道路が中国道/関門道) - 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

下関インターチェンジ(しものせきインターチェンジ)は、山口県下関市中国自動車道関門自動車道インターチェンジである。吹田JCTから540.1km地点に位置し、中国自動車道の終点となる。

概要[編集]

下関市街や長府地区に向かう場合に便利である。山口県内において最も通行台数の多いインターチェンジである。関門トンネルの車道入口とほぼ一体化しているため、時期によっては料金所付近が渋滞することがある。

山口県警察高速道路交通警察隊下関分駐隊が併設されている。西日本高速道路中国支社九州支社との事業境界である。かつては西日本高速道路九州支社下関管理事務所があったが、2013年4月1日に北九州高速道路事務所と統合された。[2]

道路[編集]

歴史[編集]

接続する道路[編集]

直接接続[編集]

間接接続[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:10 

入口[編集]

  • ブース数:4
    • ETC専用:2
    • ETC・一般:1 
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:6
    • ETC専用:2
    • ETC・一般:1 
    • 一般:3

周辺[編集]

[編集]

E2A 中国自動車道
(36)小月IC - (PA)王司PA - (37)下関IC
E2A 関門橋
(37)下関IC - (PA)壇之浦PA(下り線のみ) - (38)門司港IC - (PA)めかりPA(上り線のみ) - (1)門司IC
関門トンネル
(37)下関IC - 関門トンネル

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関門トンネルが長期連続通行止めの際には、一時的に「関門トンネル」の案内表示がすべて標識の地色で隠される。
  2. ^ 支社組織(西日本高速道路九州支社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]