千代田インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千代田インターチェンジ
千代田IC 料金所
千代田IC 料金所
所属路線 E2A 中国自動車道
IC番号 24
料金所番号 01-320
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0261.svg 千代田
起点からの距離 328.9km(吹田JCT起点)
本郷PA (6.7km)
(2.0km) 千代田JCT
接続する一般道 島根県道・広島県道5号浜田八重可部線
供用開始日 1979年10月18日
通行台数 3,879台/日(2010年度)
所在地 731-1533
広島県山県郡北広島町有田1177
テンプレートを表示

千代田インターチェンジ(ちよだインターチェンジ)は、広島県山県郡北広島町中国自動車道インターチェンジである。

西日本高速道路中国支社千代田高速道路事務所、広島県警察高速道路交通警察隊千代田分駐隊、道の駅舞ロードIC千代田(千代田インターバスセンター)が併設されている。

道路[編集]

歴史[編集]

  • 1979年10月18日 : 三次IC - 当IC間の供用開始により開通。
  • 1983年3月24日 : 当IC - 鹿野IC間の供用開始。
  • 2015年7月31日 : 高速バス「グランドアロー号」が当バスストップを通過となる[1]
  • 2018年3月23日 : 当IC近くに所在する道の駅舞ロードIC千代田への一時立ち寄りを可能にする社会実験を開始。ETC2.0搭載車に限り、道の駅を利用して1時間以内に当ICから再び同じ方向(浜田自動車道を利用する場合のみ当ICから千代田JCTへの戻り走行(浜田道(浜田方面) - 千代田JCT - 当IC - 道の駅舞ロードIC千代田 - 当IC - 千代田JCT - 中国道(広島方面))も可能)に乗れば料金が割高にならない[2]

接続する道路[編集]

直接接続

間接接続

料金所[編集]

  • ブース数:5

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC/一般:1
    • ETC/一般:1

出口[編集]

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • 一般:2

千代田バスストップ[編集]

千代田バスストップ・千代田高速道路事務所

千代田バスストップ(ちよだバスストップ)は、広島県山県郡北広島町中国自動車道千代田インターチェンジの出入口の間に挟まれた場所(料金所の内側)にあるバス停留所。バス事業者では千代田インター(ちよだインター)の名称を用いている。

料金所出口手前からバス停専用のランプが右に分岐して、右から料金所入口奥へ合流する構造となっており、バス・利用者とも料金所を通過することなく乗降できる構造となっている。

停車する路線[編集]

乗り場 方面 愛称 運行会社 行先 備考
料金所内側 上り線 広島ドリーム名古屋号 中国JRバスJR東海バス 名古屋駅 夜行便
浜田道エクスプレス大阪号 中国JRバス 大阪駅
三次・庄原・東城線 広島電鉄備北交通 三次駅庄原BC東城駅
下り線 三次・庄原線 広島電鉄備北交通 中筋駅不動院新白島駅広島BC広島駅南口
三次・庄原・東城線 広島電鉄・備北交通 大塚駅・広島BC・広島駅南口

バス停へのアクセス[編集]

周辺[編集]

[編集]

E2A 中国自動車道
(23)高田IC - 美土里BS - 本郷PA - (24)千代田IC/BS - (25)千代田JCT - 安佐SA - (26)広島北JCT - (26-1)加計BS/SIC - (27)戸河内IC

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松江広島線ダイヤ改正等について一畑バス
  2. ^ 3月23日から 中国地方で新たに4箇所 高速道路から「道の駅」の利用が可能となります! 利用出来る道の駅 「舞ロードIC千代田」、「来夢とごうち」、「むいかいち温泉」、「奥大山」”. 国土交通省中国地方整備局・西日本高速道路中国支社 (2018年2月28日). 2019年1月6日閲覧。

外部リンク[編集]