小郡萩道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道490号標識
地域高規格道路
(無料)

小郡萩道路

小郡萩道路
国道490号バイパス
路線延長 約28km
開通年 2010年 -
起点 山口県美祢市美祢東JCT
終点 山口県萩市萩IC付近)
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
接続路線
RP2rg RP2seRP2 RP2lg
RP4nswRP2 RP4neRP2 RP2oRP4 RP4seRP2
中国自動車道
RP2 RP2rg RP2rf RP2
美祢東JCT
RP2oRP2 RP2oRP2 RP2q RP2oRP2
山口県道31号
RP2lf RP2wesRP2 RP2q RP2rf
美祢東料金所
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r
十文字IC
RP2xRP2 RP2oRP2 RP2wRP2
国道490号
RP2Kl RP2wesRP2 RP2Kr
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r
秋吉台IC
RP2esRP2 RP2oRP2 RP2rf
RP2lf RP2oRP2 RP2lg
RP2oRP2 RP2nRP2
国道435号
RP2oRP2 RP2q RP2sRP2
山口県道28号
RP2K+l RP2wenRP2 RP2K+r RP2
山口県道30号→
RP2eRP2 RP2oRP2 RP2xRP2 RP2rf
大田IC
RP2Kl RP2wesRP2 RP2Kr
tRP2ae
大田トンネル
tRP2ae
中山トンネル
RP2oRP2
山口県道32号
tRP2ae
長登トンネル
鞍掛山トンネル
RP2
山口県道241号
RP2 RP2s+1
絵堂IC 山口県道333号
RP2nRP2 RP2wRP2
国道490号 山口県道28号↓

小郡萩道路(おごおりはぎどうろ)は、山口県山口市(旧・小郡町)から山口県萩市へ至る地域高規格道路である。このうち山口市から美祢市(旧・美東町)間は中国自動車道と重複し、残る美祢市から萩市へ至る延長約30kmが実質的な整備区間とされており、国道490号バイパスとして1994年12月16日に計画路線指定[1]1995年8月23日に事業着手している。

概要[編集]

山陰自動車道の整備が遅れる中で、北浦地域の中心都市でありながら高速道路網の恩恵を受けていない萩地域[注釈 1]や山口県の主要観光地である秋吉台秋芳洞に対して、広域的な交流連携の強化を期待して整備が行われている。また、北浦地域から山口宇部道路を活用して、山口宇部空港へのアクセスの改善も期待されている。

事業としては、南部の美東大田道路(みとうおおだどうろ)と中間部の大田絵堂道路(おおだえどうどうろ)、北部の絵堂萩道路(えどうはぎどうろ)で構成される。ただし、これらは事業上の名称であり、現在は一体的に「小郡萩道路」として周知されている。いずれも国道490号のバイパスとして整備され、全線開通時に国道490号の本線として指定される。また、開通済区間に並行する旧道は山口県道30号小野田美東線山口県道32号萩秋芳線に格下げとなった。

美東大田道路
美東大田道路は美祢市美東町真名から美祢市美東町大田に至る延長5.9kmの自動車専用道路である。1998年12月18日に整備に着手[1]
おいでませ!山口国体前の開通を目指して整備が進められ[2]、中国自動車道と接続する美祢東JCT-十文字IC間が2010年3月20日[3]。十文字IC-秋吉台IC間が2011年1月29日に開通[3]
大田絵堂道路
大田絵堂道路は美祢市美東町大田から美祢市美東町絵堂に至る延長7.0kmの自動車専用道路である。
この区間の国道490号は2車線ぎりぎりの上に急カーブが多く、大型車同士の離合が難しい箇所が複数あった事から小郡萩道路でも最優先整備区間とされ、1996年8月20日に整備に着手した[1]。その後、大田以南の区間である美東大田道路が着手した事を受け、暫定2車線で美東大田道路と同時に開通することとなった。
絵堂萩道路
絵堂萩道路は美祢市美東町絵堂から萩市椿に至る延長15.0kmの自動車専用道路である。
2000年12月20日に調査区間となり[1]、以降も山口県や沿線自治体等で構成される「萩・小郡間地域高規格道路整備促進期成同盟会」が整備区間への格上げ要望を続け[4]、その結果2014年度に新規事業化された。全15kmのうち絵堂IC-明木IC間の9kmについてはバイパス道路を新設し、明木IC−萩間6kmについては既存の国道262号萩秋芳線(旧萩有料道路)を活用する予定で、当該道路の整備により災害時の沿線の集落孤立解消や、美祢市萩市等とのネットワーク構築によって第二次救急医療施設をはじめとする救急指定病院へのアクセス確保を目的とする。最終的に山陰自動車道萩IC付近が調査区間の終点となっているが[5]、整備時に終点が山陰自動車道の萩ICと同一施設となるかどうかは未定。

歴史[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • 事業名称は、美祢東JCT-大田IC間が「美東大田道路」、大田IC-絵堂IC間が「大田絵堂道路」。
  • 全線山口県内に所在。
  • 英略字は以下の項目を示す。
    IC : インターチェンジ、JCT : ジャンクション
  • 施設名欄の背景色がの部分は供用されていない施設にあたる。供用前施設の名称は仮称。
  • (数字)は、他路線の番号。
施設名 接続路線名 起点から
(km)
BS 備考 所在地
美祢東JCT 中国自動車道 0.0 美祢市
美祢東料金所 - 0.3 本線料金所
十文字IC 国道490号
県道30号小野田美東線
0.6
秋吉台IC 国道435号 2.9 美祢東方面出入口
大田IC 県道28号小郡三隅線
県道30号小野田美東線
5.9 2011年5月28日開通[6]
絵堂IC 国道490号
県道28号小郡三隅線
県道333号奥秋吉台公園線
12.9
整備区間
萩市
明木IC[7] 22 萩市明木付近
国道262号萩道路活用予定区間
調査区間終点 28 山陰自動車道 萩IC付近

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 萩市中心部からでも、最も至近のインターチェンジである中国自動車道美祢IC及び山口ICまで最短でも40分以上かかる。

出典[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]