津山インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津山インターチェンジ
現在は事務所の改装は完了している。
現在は事務所の改装は完了している。
所属路線 E2A 中国自動車道
IC番号 13
料金所番号 01-311
本線標識の表記 (上り線)Japanese National Route Sign 0053.svgJapanese National Route Sign 0179.svg 津山 鳥取
(下り線)Japanese National Route Sign 0053.svgJapanese National Route Sign 0179.svg 津山 岡山
起点からの距離 150.7km(吹田JCT起点)
勝央SA (5.4km)
(8.4km) 二宮PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0053.svg国道53号
供用開始日 1974年12月21日
通行台数 4,984台/日(2006年度)
所在地 708-0842
岡山県津山市河辺796番地
テンプレートを表示

津山インターチェンジ(つやまインターチェンジ)は、岡山県津山市河辺中国自動車道インターチェンジである。 津山市の東部に位置する。大阪方面から津山市街、広島方面から勝央町へ向かう際には便利である。

西日本高速道路(NEXCO西日本)中国支社津山高速道路事務所、岡山県警察高速道路交通警察隊北部方面隊が併設されている。

道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:6

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般・ETC:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

終日閉鎖[編集]

  • ブース数:2

歴史[編集]

  • 1974年12月21日 美作IC - 落合IC間の供用開始により開通。
  • 2013年から2014年にかけて、料金所や事務所、職員用駐車場などを改装した。

接続する道路[編集]

直接接続[編集]

間接接続[編集]

周辺[編集]

津山バスストップ[編集]

料金所そばに高速バス専用のバス停留所が設けられている。

停留所設備は高速道路外に設けられており、停車するバスはいったん料金所を出て客扱いを行う形になる。

バス事業者は津山インター(つやまインター)という呼称を使用している。

なお、ルブラン号(東京品川・お台場方面)、ルミナス号(東京新宿方面)、マスカット号(東京新宿・中野方面)、大阪 - 湯原温泉線(湯原温泉・勝山・津山北発新大阪・大阪梅田方面)、鳥取エクスプレス(鳥取方面)は当バスストップには停車しない(運行経路上であるが通過扱いとなる)。

停車する路線[編集]

出口料金所の先にのみ降車停留所がある(入口料金所の前後に停留所がない)ため、高速を降りて津山駅方面に向かうバスのみが降車扱いを行う。

なお、大阪・京都方面に向かうバスは国道53号国道429号沿いに設けられている津山インターバス停で乗車扱いを行う。

かつて停車していた路線[編集]

以下の路線は2015年3月を持って休止。

  • 神戸 - 津山線(西日本JRバス)
    • 新神戸・三宮・神戸三田プレミアム・アウトレット - 津山

バス停へのアクセス[編集]

[編集]

E2A 中国自動車道
(12)美作IC/BS - (12-1)勝央JCT - 勝間田BS - 勝央SA - (13)津山IC/BS - 津山北BS - 二宮PA - (14)院庄IC/BS

関連項目[編集]

外部リンク[編集]