マルティン・フィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

マルティン・フィス
男子 陸上競技
世界陸上選手権
1995 イエーテボリ 男子マラソン
1997 アテネ 男子マラソン
ヨーロッパ陸上選手権
1994 ヘルシンキ 男子マラソン

マルティン・フィス(Martín Fiz, 1963年3月3日 - )は、スペインの元マラソン選手。1994年のヨーロッパ陸上選手権の優勝で頭角を現し、1995年世界陸上選手権で金メダル、1997年世界陸上選手権で銀メダルを獲得し、同国のアベル・アントンとともに1990年代を代表する選手として活躍した。当時、スペインは男子マラソンで有力な選手を数々輩出し、日本では無敵艦隊ともうたわれた。

しかし、オリンピックでのメダル獲得はならなかった。日本では1997年から2001年にかけてびわ湖毎日マラソンに連続で出場し、3回優勝。「びわ湖を変えた男」といわれた。日本との因縁は浅からず、マラソンを始めたきっかけは瀬古利彦への憧れであり、谷口浩美からマラソンに取り組む姿勢を学んだという。藤田敦史が尊敬した選手としても知られた。

外部リンク[編集]