山田三郎 (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 三郎(やまだ さぶろう、1922年[1] - 2012年7月8日)は、日本陸上競技選手、専門はマラソン[2]。戦後間もない時期に、農業に従事しながらコーチもなくひとりで練習して各地のマラソン大会で活躍した[3]。山田は、競技を離れた後にも長く地元で農業を営み[3]岐阜市正木西部土地区画整理組合理事長なども務めた[2]

おもなマラソンの成績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 第2回大会(朝日マラソン)昭和23年12月5日 舞台は香川 山田が五輪6位相当の好タイムで混戦を制す”. 朝日新聞社. 2014年11月29日閲覧。
  2. ^ a b 訃報 2012年7月”. 岐阜新聞. 2014年11月29日閲覧。
  3. ^ a b “マラソン日本一に二度輝いた山田三郎さん(南正木)” (PDF). ふれあい鷺山 (鷺山自治会連合会/鷺山まちづくりサポーターズ) (2): p. 4. (2004年12月10日). http://sagiyama.jp/sagiyama/wp-content/uploads/2014/04/02号.pdf 2014年11月29日閲覧。 
  4. ^ a b c 国民体育大会 (PDF)”. 日本体育協会. 2014年11月29日閲覧。
  5. ^ “第二回 朝日マラソン”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 2. (1948年11月17日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ 第4回大会 山田、古賀のV4を阻む”. 毎日新聞社. 2014年11月29日閲覧。