木村泰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 泰子(きむら やすこ、1976年1月6日 - )は、日本陸上競技選手。専門は長距離走石川県江沼郡山中町(現・加賀市)出身。山中町立山中中学校尾山台高等学校京都産業大学卒業

経歴[編集]

5000mの元日本記録保持者。現・5000m日本人学生最高記録(『日本学生』としては歴代2位)、前・10000m日本学生最高記録保持者である。

中学・高校の頃より全国大会に県代表として出場していたが、大学入学後大きく飛躍した。 大学入学後の1994年からの全日本大学女子駅伝対校選手権大会での京都産業大学4連覇の原動力にもなった。

大学1年、18歳のときに1994年12月21日豊中市での大阪陸上競技協会強化記録会での女子5000mで15分19秒4の日本新記録で優勝する。 1995年世界陸上競技選手権大会女子10000m代表、予選落ち。1995年夏季ユニバーシアードで10000mで銅メダル、5000mで6位入賞。

大学卒業後、積水化学工業入社。引退、退社後はトレーナーとして活動。

自己ベスト[編集]

関連項目[編集]