エバイール・アパレシード・パウリーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はアパレシード、第二姓(父方の姓)はパウリーノです。
エバイール Football pictogram.svg
名前
本名 エバイール・アパレシード・パウリーノ
Evair Aparecido Paulino
ラテン文字 EVAIR
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1965年2月21日
出身地 クリゾーリア
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1988 ブラジルの旗 グアラニFC 93 (64)
1988-1991 イタリアの旗 アタランタBC 76 (25)
1991-1994 ブラジルの旗 SEパルメイラス 51 (21)
1995-1996 日本の旗 横浜フリューゲルス 59 (35)
1997 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 0 (0)
1997 ブラジルの旗 CRヴァスコ・ダ・ガマ 28 (8)
1998 ブラジルの旗 ポルトゥゲーザ 27 (7)
1999 ブラジルの旗 SEパルメイラス 17 (7)
2000 ブラジルの旗 サンパウロFC 0 (0)
2000 ブラジルの旗 ゴイアスEC 25 (8)
2001-2002 ブラジルの旗 コリチーバFC 14 (6)
2003 ブラジルの旗 フィゲイレンセFC 12 (3)
代表歴
1987  ブラジル U-23 14 (5)
1989-1993  ブラジル 11 (5)
監督歴
2004 ブラジルの旗 ヴィラ・ノヴァFC
2008 ブラジルの旗 アナポリスFC
2009 ブラジルの旗 CRアトレチコ・カタラーノ
2010 ブラジルの旗 イツンビアラEC
2010 ブラジルの旗 ウベルランディアEC
2012 ブラジルの旗 CRアトレチコ・カタラーノ
2014 ブラジルの旗 リヴェルAC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エバイール (Evair) こと、エバイール・アパレシード・パウリーノ(Evair Aparecido Paulino、1965年2月21日 - )は、ブラジルミナスジェライス州出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

1995年SEパルメイラスからジーニョセザール・サンパイオと共に横浜フリューゲルスに移籍[1]。3月22日のベルマーレ平塚戦でJリーグ初ゴール[2]を決めると、1年目は15ゴールを決めたが、チームは低迷してしまった[1]1996年には20得点を挙げ、16チームのクラブの中で、得点王を争った。横浜フリューゲルスの優勝争いに大きく貢献した。最終的に鹿島アントラーズ名古屋グランパスエイトとの優勝争いの末、鹿島とは勝ち点3差、名古屋とは得失点差で競り負け、3位に終わった[3]。1996年10月30日第27節福岡戦ではハットトリックを達成した[4]。Jリーグでは通算59試合35ゴールの成績を残した[2]

ブラジルに帰国に復帰したパルメイラスでは1999年のリベルタドーレス杯決勝でデポルティーボ・カリと対戦、2ndレグでPKによるゴールを決めて優勝に貢献[5]、2003年に現役を引退した。

エピソード[編集]

長年セリエAで活躍したネストル・センシーニは、マルコ・ファン・バステンディエゴ・マラドーナアドリアーノらといったスター選手とマッチアップしているが、「一番の強敵は誰だったか」とインタビューを受けた際、アタランタBC時代に対戦したエバイールの名を挙げ「彼とのマッチアップはまさに悪夢だった」と語っている。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

SEパルメイラス
横浜フリューゲルス
CRヴァスコ・ダ・ガマ

代表[編集]

ブラジル代表

脚注[編集]

外部リンク[編集]