カルロス・レシャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロス・レシャック Football pictogram.svg
名前
本名 カルラス・ラシャック・セルダー
ラテン文字 Carles Rexach Cerdà
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1947年1月13日(67歳)
出身地 バルセロナ
身長 181cm
選手情報
ポジション FW
代表歴
1969-1978 スペインの旗 スペイン 15 (2)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

カルロス・レシャックまたはカルラス・ラシャックCarlos Rexach, Carles Rexach1947年1月13日 - )は、スペインバルセロナ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワードカタルーニャ人であるため彼の名前はカルラスとするのがより正しいが、日本ではカルロスとして知られた。

経歴[編集]

選手として[編集]

1965年FCバルセロナでプロデビュー。1981年までの間、17シーズン、665試合に出場し、211得点を挙げる。1971年には29試合で17得点を挙げ、ピチーチ(得点王)を獲得した。

選手生活の目立った活躍としては以下のようなものがある。

指導者として[編集]

引退後、1981年1987年まで、バルセロナBの監督を務める。

1987年FCバルセロナのコーチに就任。当時監督を務めていたルイス・アラゴネスヨハン・クライフの下で働き、1990年-1991年シーズンからのリーグ戦4連覇に貢献する。1995年-1996年シーズン途中でクライフが健康上の理由で辞任すると、シーズン終了まで監督を務めた。

1998年横浜フリューゲルスの監督に就任。3-4-3の攻撃型サッカーを導入する。1stステージは序盤は低迷するも、その後7連勝したこともあり10勝7敗とまずますの成績を残したが、2ndステージに入ると守備が破綻して敗戦を重ね、J1参入決定戦がちらつく事態となり、9月28日に不振の責任を取って辞任した。一方で、周囲の反対を押し切って高卒ルーキーの遠藤保仁を開幕戦から先発起用し、後に遠藤が日本代表の主力となるきっかけをつくっている。またこの際にスペインから連れてきたコーチングスタッフの中に、2012-2013年シーズンにバルセロナの監督代行を務めたジョルディ・ロウラがいた。

スペイン帰国後は2001年から2002年にかけて再びバルセロナの監督を務めた。特筆すべき成績は残せなかったが、後にバルセロナの最年少得点記録を作ったリオネル・メッシが入団テストを受けに来た際に、当時13歳に満たなかった彼の才能を見出し、「彼は天才だ。紙ナプキンでも、なんでもいいからサインさせろ」と言って契約を結ばせたエピソードが知られる。

選手経歴[編集]

指導者経歴[編集]