サッカーカタルーニャ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカーカタルーニャ代表
国または地域 カタルーニャ州の旗 カタルーニャ
協会 カタルーニャサッカー協会
愛称 la selecció(ラ・セレシオ、選抜)、la quatribarrada、la segadora
監督 スペインの旗 ジェラール・ロペス
スペインの旗 セルヒオ・ゴンサレス
最多出場選手 セルヒオ・ゴンサレス(15試合)
最多得点選手 セルヒオ・ガルシア(7得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1912年2月21日フランス
0-7
最大差勝利試合 1998年12月22日ナイジェリア
5-0
2000年12月22日リトアニア
5-0
最大差敗戦試合 1912年2月21日フランス
0-7
1924年5月13日スペイン
0-7

サッカーカタルーニャ代表カタルーニャ語: Selecció Catalana de Futbol)は、スペインカタルーニャ州におけるサッカーの選抜チーム。カタルーニャサッカー連盟によって組織されている。セレシオ・カタラナ(Selecció Catalana)、セレシオ・デ・バルセロナ(Selecció de Barcelona)、カタランXI (Catalan XI)など様々な呼び名がある。

スペインの一地方の選抜チームであり、欧州サッカー連盟(UEFA)や国際サッカー連盟(FIFA)に加盟していないため、UEFA欧州選手権FIFAワールドカップなどの国際大会への出場資格はない。1904年以来、各国代表チーム・各地域代表チーム・各クラブなどを相手に200試合近くを行なっている[1]。1997年以降は、クリスマス休暇中に各国代表や各州選抜を招待して親善試合を行なうことが恒例となっており[2]ナイジェリア代表ブラジル代表アルゼンチン代表などと対戦している。2009年12月にはカンプ・ノウで行なわれたアルゼンチン代表との親善試合に4-2で勝利し[3]、2010年12月にはホンジュラス代表に4-0で勝利した。直近の試合は2013年1月にエスタディ・コルネリャ=エル・プラットで行なわれたナイジェリア代表戦であり、1-1の引き分けに終わった。この試合をもってヨハン・クライフが監督から退いた。

歴史[編集]

初期の試合[編集]

カタルーニャ選抜は1904年に初試合を行なった。当初は国内のクラブと試合を行なっており、RCDエスパニョールレアル・マドリードFCバルセロナイルンSCなどが対戦相手に選ばれた。1912年2月2日、フランス代表を招き、初の国際親善試合が行なわれたが、パリで行なわれた試合には0-7で大敗した。フランス戦にはレニェ、イリサル、アメチャルーサ、アレマニー、ペリス、アルメ、フォルンス、ロドリゲス、コママーラ、モラレス、ラミーロが出場した。1912年12月1日、バルセロナで再びフランス代表と顔を合わせ、今度はカタルーニャ選抜が1-0で勝利した。1914年には初めてバスク選抜と対戦したが、この試合の記録は残されていない[4]。記録に残っているバスク選抜との初の試合は、1915年1月3日にエスタディオ・サン・マメスで行なわれた試合であり、カタルーニャ選抜は1-6で敗れた。

コパ・デル・プリンシペ・デ・アストゥリアス[編集]

1915年から1926年には、スペイン各地方の代表チームが争うコパ・デル・プリンシペ・デ・アストゥリアススペイン語版という大会が行なわれた。1915年のカタルーニャ選抜は準優勝だったが、1916年には決勝でカスティーリャ・レオン代表を2試合合計8-5で破って初優勝した。1917年の決勝も同一カードとなり、2試合合計2-0で破って2連覇を果たした。1920年代のチームにはジョゼップ・サミティエールリカルド・サモラパウリノ・アルカンタラサヒバルバなどがおり、1922年、1924年、1926年の同大会優勝に貢献した。1926年に行なわれた最終回はアストゥスリアス代表との優勝プレーオフに持ち込まれたが、2試合合計6-3でアストゥスリアス代表を下して優勝した。スペインやヨーロッパの各地域の選抜チーム同様に、1920年代のカタルーニャ選抜は何度も国際親善試合を戦った。1924年3月13日には、ラス・コルツにて初めてスペイン代表と対戦。スペイン代表にはサミティエールやサモラ(前述の通りカタルーニャ出身選手)がおり、一方のカタルーニャ選抜にはアルカンタラやサヒバルバなどがいたが、サミティエールの2得点などでスペイン代表が7-0でカタルーニャ選抜を下した。1925年12月13日、カタルーニャ選抜はエスタディ・デ・サリアチェコスロバキア代表と対戦し、サミティエール、サモラ、アルカンタラ、サヒバルバなどが出場した。PKで先制点を許したが、サヒバルバが同点弾を決め、サミティエールが逆転弾を決めて2-1で勝利した。1926年6月7日にはプラハでもチェコスロバキア代表と対戦し、サミティエールが先制点を挙げたが、結局1-2で敗れた。

対ブラジル代表[編集]

1930年代にも様々なチームと親善試合を行なっており、1934年には特に意欲的な活動を行なった。2月2日にはレス・コルツでスペイン代表と戦って0-2で敗れた。さらに、スペイン代表戦の数ヶ月後にはブラジル代表と2度戦った。6月17日にはレス・コルツで2-1と勝利し、6月24日にはジローナのビスタ・アレグレで2-2と引き分けた。ブラジル代表は5月から6月上旬にかけてイタリアで開催された1934 FIFAワールドカップに出場しており、伝説的な選手であるレオニダスなどがカタルーニャ選抜戦に出場した。6月29日にはリーガ・エスパニョーラ覇者のアスレティック・ビルバオと対戦し、5-1で快勝した。

フランコ独裁時代[編集]

1930年代後半のスペイン内戦後、フランシスコ・フランコ将軍は中央集権主義を推し進め、ジャナラリター・デ・カタルーニャ(カタルーニャ自治州政府/自治州議会)を廃止したほか、公的な場でのカタルーニャ語やカタルーニャ旗(サニェーラ)の使用を禁じた。しかし、カタルーニャ選抜はこの時代も定期的に活動を続け、スペイン代表とも2度戦っている。1947年10月19日にはサリアで対戦し、フアン・ベラスコマリア・ゴンサルボジョアン・セガーラセサル・ロドリゲス・アルバレスなどが出場して3-1で勝利した。しかし、1953年8月9日に行なわれた試合には0-6で大敗した。この時代のFCバルセロナにはクバラ・ラースロー(ハンガリー出身)、ルイス・スアレス(ガリシア地方出身)、エヴァリスト(ブラジル出身)、ヘスス・マリア・ペレーダ(カスティーリャ・レオン地方出身)などのカタルーニャ地方以外の出身者が在籍し、彼らは皆カタルーニャ代表に招待されてプレーした。1955年1月26日にはレス・コルツにボローニャFCを招いて親善試合を行ない、クラバやアルフレッド・ディ・ステファノ(アルゼンチン出身)などがプレーした。クバラが2得点、ディ・ステファノが1得点し、カタルーニャ選抜が6-2で勝利した。1956年9月1日、ディ・ステファノはレアル・マドリードの初代UEFAチャンピオンズカップ優勝メンバーの一員としてレス・コルツに戻った。レアル・マドリードとバルセロナ選抜が対戦し、レアル・マドリードが7-3で勝利した。1976年6月6日にはカンプ・ノウソビエト連邦と親善試合を行ない、フランコ時代の終焉を迎えた。ソビエト連邦戦ではカルロス・レシャック(ウェールズ出身)、ヨハン・クライフヨハン・ニースケンス(いずれもオランダ出身)などが招待されてプレーし、ニースケンスの得点により1-1で引き分けた。クライフの息子ジョルディ・クライフも何度かカタルーニャ選抜でプレーした。

王政復古後[編集]

カンプ・ノウでのカタルーニャ選抜対バスク選抜

1975年にフランコ将軍が死去すると、フアン・カルロス1世による王政復古がなされ、スペインは制限君主制国家となった。これ以後のカタルーニャ選抜は定期的に親善試合を行なっている。1990年代後半からは、ブルガリア代表(1997年)、ナイジェリア代表(1998年)、ユーゴスラビア代表(1999年)、リトアニア代表(2000年)、チリ代表(1997年)など、経済優良国に対して好成績を収めた。2002年5月5日には2002 FIFAワールドカップ出場を控えたブラジル代表を招いて親善試合を行ない、結果的にFIFAワールドカップで優勝することになる相手に1-3で敗れた。2004年5月には再びブラジルをカンプ・ノウに招き、今度は2-5で敗れた。同年12月にはアルゼンチン代表を招いて親善試合を行ない、0-3で敗れた。2006年5月には、2006 FIFAワールドカップ出場を控えていたコスタリカ代表を2-0で破った。

クライフ監督時代[編集]

2009年11月2日、FCバルセロナのレジェンドであるヨハン・クライフが新監督に就任することが発表された[5]。同年12月22日、カンプ・ノウにてアルゼンチン代表と親善試合を行ない、4-2で勝利した。2010年12月28日、モンジュイックにてホンジュラス代表と親善試合を行ない、4-0で勝利した[6]。2011年12月30日、モンジュイックにてチュニジア代表と親善試合を行ない、スコアレスドローに終わった[7]。チュニジアはアフリカネイションズカップ2012開幕前の調整のためにスペインに滞在しており、2日前にはバスク代表とも対戦している[8]。2013年1月2日、27,234人[2]の観客を集めたエスタディ・コルネリャ=エル・プラットにてナイジェリア代表と親善試合を行ない、1-1で引き分けた[9]。この試合を最後にクライフが監督の座を退いた[2]

タイトル[編集]

  • コパ・プリンセプ・ダストゥリアス
優勝 (5) : 1916, 1917, 1922, 1924, 1926
準優勝 (1) : 1915

試合結果[編集]

日時 場所 ホームチーム アウェーチーム スコア
2013年1月2日 コルネリャ=エル・プラット  カタルーニャ  ナイジェリア 1–1
2011年12月30日 モンジュイック  カタルーニャ  チュニジア 0–0
2010年12月28日 モンジュイック  カタルーニャ  ホンジュラス 4–0
2009年12月22日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  アルゼンチン 4–2
2008年12月28日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  コロンビア 2–1
2008年5月24日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  アルゼンチン 0–1
2007年12月29日 サン・マメス バスク州の旗 バスク  カタルーニャ 1–1
2006年10月8日 カンプ・ノウ  カタルーニャ バスク州の旗 バスク 2–2
2006年5月24日 タラサ  カタルーニャ  コスタリカ 2–0
2005年12月28日 カンプ・ノウ  カタルーニャ パラグアイの旗 パラグアイ 1–1
2004年12月29日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  アルゼンチン 0–3
2004年5月25日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  ブラジル 2–5
2003年12月28日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  エクアドル 4–0
2002年12月28日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  中国 2–0
2002年5月18日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  ブラジル 1–3
2001年12月28日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  チリ 1–0
2000年12月22日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  リトアニア 5–0
1999年12月23日 モンジュイック  カタルーニャ  ユーゴスラビア 1–0
1998年12月22日 モンジュイック  カタルーニャ  ナイジェリア 5–0
1997年12月23日 モンジュイック  カタルーニャ  ブルガリア 1–1
1976年6月6日 カンプ・ノウ  カタルーニャ  ソビエト連邦 1–1
1971年2月21日 サン・マメス バスク州の旗 バスク  カタルーニャ 1–2
1953年8月9日 不明  カタルーニャ  スペイン 0–6
1947年10月19日 サリア  カタルーニャ  スペイン 3–1
1934年6月24日 ジローナ  カタルーニャ  ブラジル 2–2
1934年6月17日 レス・コルツ  カタルーニャ  ブラジル 2–1
1934年2月2日 レス・コルツ  カタルーニャ  スペイン 0–2
1931年1月1日 サン・マメス バスク州の旗 バスク  カタルーニャ 3–2
1930年6月8日 モンジュイック  カタルーニャ バスク州の旗 バスク 0–1
1926年7月7日 プラハ  チェコスロバキア  カタルーニャ 2–1
1925年12月13日 サリア  カタルーニャ  チェコスロバキア 2–1
1924年5月13日 レス・コルツ  カタルーニャ  スペイン 0–7
1921年4月4日 カタルーニャ  カタルーニャ Provence (alternate flag).svg プロヴァンス 1–0
1921年4月3日 カタルーニャ  カタルーニャ Provence (alternate flag).svg プロヴァンス 4–0
1916年6月4日 サン・マメス バスク州の旗 バスク  カタルーニャ 5–0
1916年5月22日 インドゥストリア  カタルーニャ バスク州の旗 バスク 0–0
1916年5月21日 インドゥストリア  カタルーニャ バスク州の旗 バスク 1–3
1915年5月15日 不明  カタルーニャ バスク州の旗 バスク 0–1
1915年2月7日 インドゥストリア  カタルーニャ バスク州の旗 バスク 2–2
1915年1月3日 サン・マメス バスク州の旗 バスク  カタルーニャ 6–1
1914年 不明  カタルーニャ バスク州の旗 バスク X–X
1912年12月1日 バルセロナ  カタルーニャ  フランス 1–0
1912年2月20日 パリ  フランス  カタルーニャ 7–0

最新のスカッド[編集]

以下は2013年1月2日のナイジェリア戦に招集された選手のリストである。いずれもカタルーニャ出身選手であり、他地域・他国出身の招待選手はいない。

# ポジション 名前 生年月日 出場 得点 所属クラブ
13 GK ジョルディ・コディーナ 1982年4月27日 3 0 ヘタフェCF
1 キコ・カシージャ 1986年1月2日 3 0 RCDエスパニョール
11 DF ジョアン・カプデビラ 1978年2月3日 9 0 RCDエスパニョール
5 カルレス・プジョル 1978年4月12日 6 0 FCバルセロナ
3 ジェラール・ピケ 1987年2月2日 6 0 FCバルセロナ
15 マルク・バルトラ 1991年1月15日 2 0 FCバルセロナ
12 マルティン・モントーヤ 1991年4月14日 2 0 FCバルセロナ
2 ジョルディ・アマト 1992年3月21日 2 0 ラージョ・バジェカーノ
22 ラウール・ロドリゲス 1987年9月22日 1 0 RCDエスパニョール
18 ジョルディ・アルバ 1989年3月21日 1 0 FCバルセロナ
8 MF セルヒオ・ゴンサレス 1976年11月10日 15 2 所属クラブなし
6 シャビ 1980年1月25日 10 2 FCバルセロナ
10 ジョアン・ベルドゥ 1983年5月5日 9 2 RCDエスパニョール
16 セルヒオ・ブスケツ 1988年7月16日 5 0 FCバルセロナ
14 セルジ・ロベルト 1992年8月21日 2 0 FCバルセロナ
4 ビクトル・サンチェス 1987年9月8日 1 0 RCDエスパニョール
23 セルヒオ・テヘラ 1990年5月28日 1 0 RCDエスパニョール
7 FW セルヒオ・ガルシア 1983年6月9日 10 5 RCDエスパニョール
9 ボージャン・クルキッチ 1990年8月28日 6 5 イタリアの旗 ACミラン
19 ジョナタン・ソリアーノ 1985年9月24日 4 1 オーストリアの旗 FCレッドブル・ザルツブルク
21 アルバロ・バスケス 1991年4月27日 3 0 ヘタフェCF
20 ピティ 1981年5月26日 3 0 ラージョ・バジェカーノ
17 クリスティアン・テージョ 1991年8月11日 1 0 FCバルセロナ

歴代監督[編集]

選手[編集]

招待選手[編集]

カタルーニャ選抜は欧州サッカー連盟(UEFA)や国際サッカー連盟(FIFA)に加盟していないため、明確な出場資格が存在しない。このため、非公式の親善試合を行なう際にカタルーニャ人以外の選手をカタルーニャ選抜に招待して出場させることがある。有名選手では、アルゼンチン出身のアルフレッド・ディ・ステファノ 。また、FCバルセロナに所属したオランダ出身のヨハン・クライフアストゥリアス州出身のアンドレス・イニエスタなどがいる。他には、カタルーニャ人の先祖がいるサヒバルバパウリノ・アルカンタラ(フィリピン出身。父親はカタルーニャ軍の将校であり、母親がフィリピン人)などもカタルーニャ選抜に招待されたことがある。

GK[編集]


DF[編集]


MF[編集]


FW[編集]


脚注[編集]

  1. ^ [1]Esport Catala.com[リンク切れ]
  2. ^ a b c カタルーニャ選抜、ナイジェリアとドロー (1-1)”. FCバルセロナ公式サイト (2013年1月2日). 2013年2月26日閲覧。
  3. ^ “4–2: Catalunya suma un triunfo de prestigio frente a Argentina” (spanish). El Mundo Deportivo. (2009年12月22日). http://www.mundodeportivo.com/gen/20091222/53850860140/noticia/4-2-catalunya-suma-un-triunfo-de-prestigio-frente-a-argentina.html 
  4. ^ [2]FCバルセロナ公式サイト[リンク切れ]
  5. ^ “Cruyff will coach Catalonia team”. BBC News. (2009年11月2日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/europe/8338289.stm 
  6. ^ "Catalonia defeats Honduras" La Prens、2010年12月29日
  7. ^ "Catalonia draws with Tunisia" El Periódico de Catalunya、2011年12月31日
  8. ^ シャビ、セスクら出場のカタルーニャ選抜がチュニジアと引き分ける”. サッカーキング (2011年12月31日). 2013年2月26日閲覧。
  9. ^ Catalunya empata con Nigeria en la despedida de Cruyff.”. ElPeriodico.com (2013年1月2日). 2013年1月2日閲覧。

外部リンク[編集]