FC KOREA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FC KOREA
原語表記 FC KOREA
呼称 FC KOREA
クラブカラー     白、   
創設年 2002年
所属リーグ 関東サッカーリーグ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン 東京都
ホームスタジアム
赤羽スポーツの森公園競技場
運営法人 任意団体
代表者 朝鮮民主主義人民共和国の旗 李清敬
監督 日本の旗 吉岡大介
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

FC KOREA (えふしーコリア) は、東京都を本拠地とする社会人のサッカークラブである。

概要[編集]

選手は在日朝鮮人・韓国人が中心となっている。カタルーニャFCバルセロナバスクアスレティック・ビルバオのように「民族のクラブ」として在日コリアンが誇りを持てるクラブを目指していた。尤も、日本人など朝鮮民族以外の加入を拒絶しているわけではなく、過去にはJリーガーの岩間雄大らも所属していた。

2016年から選手の国籍を不問とし、在日コリアン以外の選手にも広く門戸を開いた[1]

歴史[編集]

成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 監督
2002 東京都1部 10位 15 14 4 3 7 22 38 -16 李清敬
2003 11位 11 13 2 5 6 17 30 -13
2004 7位 17 13 5 2 6 29 24 5
2005 4位 25 13 7 4 2 40 22 18 申在範
2006 2位 29 13 9 2 2 50 22 28 高武司
2007 優勝 38 14 12 2 0 49 14 35 李清敬
2008 関東2部 2位 30 14 10 0 4 41 25 16
2009 関東1部 6位 13 14 4 1 9 20 38 -18
2010 3位 22 14 7 1 6 25 20 5
2011 4位 22 14 7 1 6 25 22 3
2012 7位 20 18 6 2 10 28 34 -6 黄永宗
2013 優勝 40 18 12 4 2 31 14 17
2014 4位 28 18 8 4 6 37 27 10
2015 5位 31 18 10 1 7 24 26 -2
2016 10位 3 18 1 0 17 14 51 -37 李清敬
2017 関東2部 吉岡大介

所属選手・スタッフ[編集]

2016年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
代表 朝鮮民主主義人民共和国の旗 李清敬 FC KOREA 監督 代表兼監督
監督

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 朝鮮民主主義人民共和国の旗 李在根 朝鮮大学校
31 大韓民国の旗 李勇真 東京朝鮮高校
DF 3 大韓民国の旗 慎鏞紀 朝鮮大学校
4 大韓民国の旗 申基永 東京朝鮮高校
5 大韓民国の旗 許亮 朝鮮大学校
18 大韓民国の旗 鄭壮輝 朝鮮大学校
24 大韓民国の旗 朴康実 日本の旗 プログレッソ東京
33 大韓民国の旗 黄永宗 日本の旗 アルテ高崎
MF 6 大韓民国の旗 申載南 日本の旗 在日朝鮮蹴球団
7 大韓民国の旗 温盛泰 立正大学
8 大韓民国の旗 尹星二 日本の旗 横河武蔵野FC
11 大韓民国の旗 李善哲 日本の旗 FCガンジュ岩手
13 日本の旗 五味佑樹 日本の旗 FC GIOCO 世田谷
14 日本の旗 谷山健 日本の旗 FC鈴鹿ランポーレ
15 大韓民国の旗 黄善東 安山高校
16 大韓民国の旗 高智成 日本の旗 FCアウルズ
17 日本の旗 秋元海人 昌平高校
21 大韓民国の旗 金光佑 大阪産業大学
23 日本の旗 相葉翔太 東京23FCセカンド
25 大韓民国の旗 康貴成 朝鮮大学校
FW 9 大韓民国の旗 安聖台 常葉大学
10 大韓民国の旗 姜豪 JAPANサッカーカレッジ
19 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金秀勇 朝鮮大学校

歴代所属選手[編集]


ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記
大都販売 Daito
背中 コア・プロジェクト株式会社 CORE PROJECT
アスリート整骨院 アスリート整骨院
パンツ なし -

脚注[編集]

  1. ^ クラブ沿革”. FC KOREA. 2017年8月19日閲覧。
  2. ^ Match No.32 |第48回全国社会人サッカー選手権大会”. 日本サッカー協会 (2012年10月17日). 2012年10月17日閲覧。
  3. ^ United Koreans in Japan – CONIFA(英語によるチーム紹介)また、木村(2016)に言及あり。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]