アルベルト・ジョルケラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はジョルケラ第二姓(母方の)はフォルティアです。
アルベルト・ジョルケラ Football pictogram.svg
Albert Jorquera - 001.jpg
名前
本名 アルベルト・ジョルケラ・フォルティア
Albert Jorquera Fortia
ラテン文字 Albert Jorquera
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1979-03-03) 1979年3月3日(39歳)
出身地 バスカノー
身長 183cm
体重 78kg
選手情報
ポジション GK
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-1999
1999-2000
2000-2001
2001-2002
2002-2003
2003-2009
2009-2010
スペインの旗 FC バルセロナC
スペインの旗 FC バルセロナB
スペインの旗 ADセウタ
スペインの旗 CEマタロ
スペインの旗 FCバルセロナB
スペインの旗 FCバルセロナ
スペインの旗 ジローナFC
0? (?)
0? (?)
04 (0)
31 (0)
17 (0)
13 (0)
0 (0)
代表歴
2007 カタルーニャ州の旗 カタルーニャ 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルベルト・ジョルケラ・フォルティアAlbert Jorquera Fortia, 1979年3月3日 - )は、スペインカタルーニャ州バスカノー出身の元サッカー選手。ポジションはGK

経歴[編集]

FCバルセロナカンテラ出身選手の1人。抜群の安定感を誇った。2003-04シーズン第20節アスレティック・ビルバオ戦にてトップデビューを飾った。結果は1-1だったがこの試合で1対1を幾度となく止め、注目を浴びる。

リュストゥが退団した2004-05シーズンからはビクトル・バルデスに次ぐセカンドゴールキーパーとして起用された時期もあったが、怪我の影響もありレギュラーを確保することはできなかった。

2007年12月、親善試合で右膝十時靭帯を損傷し、長期離脱した[1]

2009年8月、セグンダ・ディビシオンジローナFCに移籍した。

2010年8月、ジローナFCと契約を延長せず、現役を引退。引退後は家業の宝石商に専念することを発表した[2]

エピソード[編集]

  • 彼がデビューを飾った試合はエドガー・ダービッツのデビュー戦と同じ試合であったが、期待されたダービッツ以上に活躍したことが注目される1つの要因となった。
  • 実家が宝石商であり、現役時代からオフシーズンには彼自身も店先に立っていた。
  • 同じくバルセロナのカンテラ出身であるマルク・クロサスは、いとこにあたる。

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ uefa.com (2007年12月30日). “ホルケラがひざ靭帯断裂の重傷”. 2009年7月11日閲覧。
  2. ^ fcbarcelona.jp (2010年8月12日). “ジョルケラ、現役引退”. 2010年8月12日閲覧。