ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バレー Football pictogram.svg
Jader Volnei Spindler 2012.jpg
名前
本名 Jader Volnei Spindler
愛称 バレー
カタカナ ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラー
ラテン文字 Baré
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1982年1月18日(33歳)
出身地 リオグランデ・ド・スル州ベナンシオアイレス
身長 190cm
体重 86kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府
ポジション FW
背番号 10
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

バレーこと、ジャデル・ヴォルネイ・スピンドラーJader Volnei Spindler "Baré", 1982年1月18日-)は、ブラジルリオグランデ・ド・スル州ベナンシオアイレス出身のサッカー選手Jリーグヴァンフォーレ甲府所属。ポジションはフォワード

来歴[編集]

クラブ[編集]

サッカーを本格的に始めたのは16歳頃という、プロにまで登り詰めた選手としては珍しい経歴を持つ。それまではスーパーマーケットに店員として勤務しており、そのスーパーの仲間たちと結成したアマチュアのサッカークラブで活動していた。1998年に地元ベナンシオ・アイレスのグアラニFC(pt)に入団[1]1999年10月にウルグアイのデフェンソールに移籍するが、3ヶ月間練習に参加しただけで試合出場はなかった[1]2000年レンタル移籍グレミオに在籍し、それが終了した2001年にデフェンソールからJ2大宮アルディージャに期限付き移籍[1][2]。これがプロとしてのキャリアのスタートだった。当時はC契約で第4の外国人としての扱いだったが[1]、他の外国人選手の相次ぐ怪我などでチャンスをつかむ。

翌年、怪我で戦列を離れていたチーム内外国人選手が復帰したために外国人枠からあぶれた関係で、大宮を退団してイタリアACペルージャへの入団を目指し渡欧し、デンマーク、ウルグアイ、ブラジルのクラブでプレーした後、2003年始めに大宮へ復帰した。 2004年の大宮のJ1昇格にも貢献したが、シーズン終了後に放出される。このときJ1やヨーロッパの幾つかのクラブからオファーを受けたが、J2・ヴァンフォーレ甲府入団をバレー自身が選択した。

Jリーグでプレーしていた頃には公文式に在籍。日本語の勉強をしていた。しかし、記者会見では語弊などを避けるためポルトガル語を使用している。

2005年シーズンは甲府の攻撃の中心としてJ1昇格に貢献した。特に柏レイソルと対戦したJ1・J2入れ替え戦では、12月7日の第1戦(小瀬)で決勝ゴール、12月10日の第2戦(日立柏)ではJリーグの1試合個人最多得点記録となる6得点(ダブルハットトリック)を叩き出した。この試合後に「いろいろ思い出して…」と人目を憚らず号泣した姿は多くのファンに感動を与えた。2006年、J1昇格した甲府で、引き続き攻撃ユニットを牽引。勝利を決定付けるゴールを次々に決め、昇格初年度の甲府J1残留を置き土産に同シーズンをもって甲府を退団し、ガンバ大阪に完全移籍し、3年契約を結んだ[3]

2007年開幕戦、古巣の大宮相手に途中出場から決勝ゴールを決め、感動の涙を流した。このシーズン、J1リーグ得点ランク2位となる20ゴールを挙げた。2008年8月、アラブ首長国連邦アル・アハリに完全移籍した。ベナンシオ・アイレスの地元紙によれば移籍金は600万ドル(当時のレートで約6億5千万円)で、そのうち85%がガンバ大阪に、身内がパス(選手保有権)の一部を所有することから、残りの15%が彼自身の手に渡ったという[3]

2010年に同じUAEリーグのアル・ジャジーラに、2012年にはカタールリーグのアル・アラビに移籍した。

2013年シーズンから、清水エスパルスに移籍することが発表された[4]7月25日中国スーパーリーグ天津泰達足球倶楽部へ移籍[5]

2015年5月3日にヴァンフォーレ甲府へ復帰することが発表された[6]

人物[編集]

登録名となっている「バレー」は本人によれば、ブラジルで販売されているバレーコーラ(Baré-Cola)というとても安いジュースの名前で、小さい頃によく飲んでいたせいか、あだ名として呼ばれだしたものが定着したとのこと。家族や親しい者は本名の「ジャデル」で呼ぶという[7]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2000 グレミオ セリエA 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2001 大宮 30 J2 30 13 - 1 0 31 13
デンマーク リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2002 ヴェイレ スーペル 6 3
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯 オープン杯 期間通算
2002 ボタフォゴ-SP 0 0
ウルグアイ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2003 ワンダラーズ 1部
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2003 大宮 11 J2 43 22 - 3 4 46 26
2004 41 15 - 2 2 43 17
2005 甲府 16 38 21 - 2 1 40 22
2006 J1 30 14 5 1 1 0 36 15
2007 G大阪 18 31 20 7 5 4 1 42 26
2008 18 10 1 0 - 19 10
UAE リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2008-09 アル・アハリ 9 1部 10 11
2009-10 19 11
2010-11 アル・ジャジーラ 20 12
2011-12 14 11
カタール リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2012-13 アル・アラビ 20 1部 7 2
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2013 清水 9 J1 16 4 6 2 - 22 6
中国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2013 天津泰達 超級
2014
2015
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2015 甲府 10 J1
通算 ブラジル セリエA 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J1 95 48 19 8 5 1 119 57
日本 J2 152 71 - 8 7 160 80
デンマーク スーペル 6 3
ウルグアイ 1部
UAE 1部 49 34
カタール 1部 7 2
中国 超級 -
総通算

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC AFC CL CWC
2008 G大阪 18 6 1 -
2009 アル・アハリ 9 5 0 1 0
2010 3 1 -
2011 アル・ジャジーラ 3 2 -
2012 7 3 -
通算 AFC 24 7 1 0

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

日本の旗 ガンバ大阪
アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ・ドバイ
アラブ首長国連邦の旗 アル・ジャジーラ・クラブ
  • UAEリーグ:1回 (2010-11)

個人[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「People 150 バレー(大宮アルディージャ)」『週刊サッカーマガジン』ベースボールマガジン社、2001年7月4日号 No.820、38-39頁。
  2. ^ 21世紀の骨のあるヤツ - 第94回 バレー(サッカー) @ぴあ
  3. ^ a b 下園昌記「バレー移籍の真相と中東マネーがもたらす波紋」『Jリーグサッカーキング』フロムワン、2008年10月号、18-21頁。
  4. ^ バレー選手 加入決定のお知らせ”. 清水エスパルス. 2012年12月30日閲覧。
  5. ^ バレー選手 天津泰達(中国スーパーリーグ)へ完全移籍決定のお知らせ”. 清水エスパルス. 2013年7月25日閲覧。
  6. ^ バレー選手 加入内定のお知らせ ヴァンフォーレ甲府公式サイト 2015年5月3日
  7. ^ 【J1 注目選手スペシャルインタビュー】Vol.12:甲府 バレー選手「いちばん近い目標は、次のゲームに勝つこと」(06.10.16) J's GOAL

関連項目[編集]

外部リンク[編集]