ウーベ・ラーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウーベ・ラーン Football pictogram.svg
名前
カタカナ ウーヴェ・ラーン
ラテン文字 Uwe RAHN
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1962-05-01) 1962年5月1日(55歳)
出身地 マンハイム
身長 184cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW / MF / DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1988
1988-1990
1990-1991
1991-1992
1992-1993
1993-1994
ドイツの旗ボルシアMG
ドイツの旗1.FCケルン
ドイツの旗ヘルタ・ベルリン
ドイツの旗デュッセルドルフ
ドイツの旗フランクフルト
日本の旗浦和レッドダイヤモンズ
227 (81)
43 (13)
21 (5)
15 (5)
12 (3)
7 (1)
代表歴
1984-1987 西ドイツの旗 西ドイツ 14 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウーベ・ラーン(Uwe Rahn、1962年5月21日-)は、ドイツ(旧西ドイツ)の元サッカー選手。ポジションはFW(センターフォワード)、MF(攻撃的MF)、DF(センターバック)。

略歴[編集]

ラーンは、TSVシェナウとSVヴァルトホーフ・マンハイムの下部組織でサッカーを学び、1980年にボルシア・メンヒェングラットバッハに入団した。ボルシアMGでは監督のユップ・ハインケスに見出され攻撃的MFとして頭角を現す。

1984年には西ドイツ代表に選出され、10月17日のワールドカップ・メキシコ大会予選スウェーデン戦で代表デビューを飾った。この試合でラーンは、後半にフェリックス・マガトと交代でピッチに登場すると最初のボールタッチで得点を決める華々しいデビューを飾った。

その後も好調を維持し、1986年にはワールドカップ・メキシコ大会本大会出場、ドイツ年間最優秀選手賞を受賞。1986-87シーズンのブンデスリーガ得点王に輝く等、ドイツ国内の有望な若手選手の一人と考えられていたが、1987年以降は調子を落とし、この年を最後に代表からも遠ざかった。

1993年途中に浦和レッドダイヤモンズに移籍。攻撃の要として期待されたものの調整不足からか結果を残す事が出来ず、シーズン終盤はセンターバックにコンバートされた。1994年は試合出場は無く、ギド・ブッフバルトウーベ・バインがレッズに加入することになると外国人枠の関係もあり退団した。

エピソード[編集]

代表歴[編集]

個人タイトル[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
西ドイツ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1980-81 ボルシアMG ブンデス 14 3
1981-82 30 2
1982-83 24 3
1983-84 31 14
1984-85 34 14
1985-86 28 9
1986-87 31 24
1987-88 25 12
1988-89 10 0
1988-89 1.FCケルン 20 7
1989-90 23 6
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
1990-91 ヘルタ・ベルリン ブンデス 21 5
1991-92 デュッセルドルフ 15 5
1992-93 フランクフルト 12 3
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 浦和 - J 7 1 4 0 2 0 13 1
1994 - J 0 0 0 0 - 0 0
通算 ドイツ ブンデス 270 94
西ドイツ ブンデス 48 13
日本 J 7 1 4 0 2 0 13 1
総通算 325 108

外部リンク[編集]