李昇祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
李昇祐 Football pictogram.svg
Team Korea Russia WorldCup 11 (cropped).jpg
2018年、ソウル広場での李昇祐
名前
カタカナ イ・スンウ
ラテン文字 Lee Seung-woo
ハングル 이승우
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1998-01-06) 1998年1月6日(21歳)
出身地 水原市
身長 170cm
体重 63kg
選手情報
在籍チーム ベルギーの旗 シント=トロイデンVV
ポジション FWMF
背番号 10
利き足 右足
代表歴2
2013-2015  韓国 U-17 18 (13)
2015-2017  韓国 U-20 16 (7)
2018-  韓国 U-23 6 (4)
2018- 大韓民国の旗 韓国 11 (0)
2. 2019年6月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

李 昇祐(イ・スンウ、1998年1月6日 - )は、韓国水原市出身のサッカー選手ジュピラー・プロ・リーグシント=トロイデンVV所属[1]韓国代表。ポジションはフォワードミッドフィールダー

略歴[編集]

クラブ[編集]

韓国水原市出身で仁川ユナイテッドFCのユースからFCバルセロナのユース (ラ・マシア) に移籍。2011-12年シーズンではユースのリーグ戦得点王に輝き、その後はユースの最上位にあたるフベニールAまで昇格を果たした。因みに当時のラ・マシアには久保建英アンドレ・オナナウィルフリッド・カプトゥームマティアス・ラカバなどが在籍していた。ただし、2014年にFCバルセロナ側に未成年者の移籍に関するFIFA条項違反があったため、18歳になる2016年1月まで公式戦に出場することができなかった[2]

2016年3月13日、当時バルセロナBが所属していた3部リーグUEリェイダ戦に後半32分から途中出場し、デビューを飾った[3]。なお、スペイン3部リーグはプロリーグではない地域リーグであり、これを「プロデビュー」とできるかは疑問の余地がある。また、デビュー以降の15-16年シーズン、および16-17年シーズンではバルサBでの出場、およびベンチ入りはなく、FCバルセロナ U-19でUEFAユースリーグに出場していた。

2017年6月、スペインのスポーツ紙ムンド・デポルティーボにFCバルセロナ側はイ・スンウをバルセロナBへ昇格させるつもりがないという記事が掲載され[4]た後、8月末に150万ユーロの移籍金でイタリアのセリエAに昇格が決まったばかりのエラス・ヴェローナFCに完全移籍することが発表された。[5]

2018年5月6日、ACミラン戦でプロ初ゴールを記録した。

2019年8月30日、シント=トロイデンVVに完全移籍することが発表された[6][7]

代表[編集]

2014年、世代別の代表に選出され、AFC U-16選手権に出場。準々決勝では日本と対戦し、2得点を決めて準決勝進出に貢献した[8]。アジアの予選を勝ち抜いてFIFA U-17ワールドカップに出場し、ブラジルを撃破するなど存在感を見せた[9]

ロシアワールドカップではチーム最年少で選出され、2試合に出場した。2018年アジア競技大会男子サッカーに出場し、4得点の活躍で優勝に貢献し、大韓民国国軍の兵役免除の恩典を受け[10]FOXスポーツアジア英語版によるベストイレブンに選出された[11]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]


韓国代表国際Aマッチ
出場得点
2018 2 0
通算 2 0

脚注[編集]

リンク[編集]