原田慎太郎 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原田 慎太郎 Football pictogram.svg
Shintaro Harada CPFC USA.jpg
名前
カタカナ ハラダ シンタロウ
ラテン文字 HARADA Shintaro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-11-08) 1980年11月8日(36歳)[1]
出身地 埼玉県狭山市[1]
身長 176cm[1]
体重 70kg[1]
選手情報
ポジション MF[1]DF
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999–2001 日本の旗 横浜F・マリノス 19 (1)
2002 日本の旗 大宮アルディージャ 2 (0)
2003-2005 日本の旗 徳島ヴォルティス 55 (3)
2005-2006 日本の旗 アローズ北陸 41 (0)
2007-2009 アメリカ合衆国の旗 クリスタル・パレス・ボルティモア英語版 65 (1)
2010-2012 アメリカ合衆国の旗 ピッツバーグ・リバーハウンズ英語版 58 (2)
2013-2014 アメリカ合衆国の旗 デイトン・ダッチ・ライオンズ英語版 49 (1)
2013-2014 香港の旗 横浜FC香港(loan) 5 (0)
2015-2016 アメリカ合衆国の旗 コロラドスプリングス・スイッチバックスFC英語版 30 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

原田 慎太郎(はらだ しんたろう、1980年11月8日 - )は、埼玉県狭山市出身のサッカー選手。ポジションはMFDF

来歴[編集]

1999年、桐蔭学園卒業後、横浜Fマリノスに入団。オズワルド・アルディレスの下、レギュラーとして活躍し、2001年には第一ステージ優勝を果たした。 その後、大宮アルディージャ徳島ヴォルティスカターレ富山の前身であるアローズ北陸などでプレー。

2007年、トライアウトを経てクリスタル・パレス・ボルティモア英語版に入団し、クラブが所属するユナイテッドサッカーリーグ2部にて準ベスト11に選出される。

2008年には、ベスト11に選出される。

クラブのイヤーブックの表紙を飾った2009年も、リーグベスト11に選出され、リーグ最優秀ディフェンダー賞候補に挙げられた。

2009年シーズン終了後、イングランド、フットボールリーグ・チャンピオンシップクリスタルパレスFCの練習に日本人として初めて招集され、クラブの「もう一人の年間最優秀選手」[2] に選出された。

3ヶ月半の練習参加[3][4] の後、メジャーリーグサッカーに2010年より新規加入するフィラデルフィア・ユニオンの公式サイト上で、注目のトライアウト選手として特集された[5]

2010年ピッツバーグ・リバーハウンズ英語版に入団。4年連続となるリーグベスト11に選出され[6]、再びリーグ最優秀ディフェンダー賞候補に挙げられ、加えてリーグ最優秀選手賞候補にもノミネートされた[7]。8月27日にUSLが発表したプレスリリースにより、MVPこそ逃したものの最優秀DFとして選ばれた。[8]

2011年2012年、シーズンとピッバーグでプレーをした後、シーズンオフにスペインセグンダ・ディビシオン所属のCEサバデルの練習に参加[9] したが、オランダFCトゥウェンテと提携するアメリカ、ユナイテッドサッカーリーグデイトン・ダッチ・ライオンズ英語版への移籍が発表された[10]。若手が多いクラブ内では模範とされるベテラン選手として頼りにされ、クラブ史上初めてプレーオフ進出に貢献した[11]

2013年8月、ユナイテッドサッカーリーグのオフ期間を利用して、横浜FC香港への期限付移籍(2014年1月31日まで)し、2014年1月、横浜FC香港への期限付移籍を満了し、デイトン・ダッチライオンズへの復帰が発表された[12]

2015年2月、ユナイテッドサッカーリーグにこの年より新加入をしたコロラドスプリングス・スイッチバックスへの完全移籍が発表された[13]。新規参入クラブを牽引するベテラン選手として監督から称賛される[14]。6月、日本人として初めてユナイテッドサッカーリーグ100試合出場を達成した[15]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1999 横浜FM 25 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2000 24 16 1 2 0 0 0 18 1
2001 12 0 0 0 0 0 0 0 0
2002 大宮 28 J2 2 0 - 0 0 2 0
2003 大塚製薬 14 JFL 27 1 - 3 0 30 1
2004 7 22 2 - 1 0 23 2
2005 徳島 7 J2 2 0 - - 2 0
2005 アローズ 24 JFL 11 0 - 3 0 14 0
2006 8 27 0 - - 27 0
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 USオープン杯 期間通算
2007 ボルティモア 21 USL2 20 0 - - 1 0 21 0
2008 21 21 2 - - 4 0 25 2
2009 21 20 0 - - 1 0 21 0
2010 ピッツバーグ 21 17 0 - - 1 0 18 0
2011 21 USL PRO 18 2 - - 1 0 19 2
2012 21 21 0 - - 0 0 21 0
2013 デイトン 21 24 0 - - 1 0 25 1
香港 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2013 横浜FC香港 21 香港1部 5 0 - - 0 0 5 0
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 USオープン杯 期間通算
2014 デイトン 21 USL PRO 25 1 - - 0 0 25 1
2015 コロラドスプリングス 21 USL 3 1 - - 0 0 3 0
通算 日本 J1 16 1 3 0 0 0 19 1
日本 J2 4 0 - 0 0 4 0
日本 JFL 87 3 - 7 0 94 3
アメリカ USL2/USL PRO 169 6 - - 9 0 178 5
香港 1部リーグ 5 0 - 0 0 5 0
総通算 281 9 3 0 16 0 300 10

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]