森下俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森下 俊 Football pictogram.svg
名前
愛称 シュン
カタカナ モリシタ シュン
ラテン文字 MORISHITA Shun 
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-05-11) 1986年5月11日(31歳)
出身地 三重県伊勢市
身長 178cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション DF
背番号 35
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 ジュビロ磐田 4 (0)
2009-2011 京都サンガF.C. 68 (0)
2012-2015 川崎フロンターレ 12 (0)
2013 横浜FC (Loan) 23 (0)
2014-2015 →ジュビロ磐田 (Loan) 38 (1)
2016- ジュビロ磐田 26 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

森下 俊(もりした しゅん、1986年5月11日 - )は、三重県出身のサッカー選手ジュビロ磐田所属。ポジションはDF。ジュビロ磐田ユース出身。

来歴[編集]

磐田ユースでは3バックの中央として不動のレギュラーであった。またサイドバックとしてプレーでき、ユース代表を率いた大熊清からは磐田ユース時代に何度か招集されている。

昇格した2005年はシーズン序盤から怪我人が続出したため、早い時期から最終ラインのメンバーに抜擢され、3月のアジアチャンピオンズリーグでベンチ入り。5月の深圳戦で初出場を飾り1対1の強さと巧さを発揮して敵のFWを封じた。またナビスコカップやリーグ戦最終戦での神戸戦ではスタメンでも出場している。

2006年はチームが急遽4バックに変更。左サイドバックとして先発出場の機会を得たが、急造のフォーメーションだったためか精彩を欠き、その後出場機会を失った。

2009年から京都サンガF.C.へ完全移籍した。 その後は序盤戦の出場機会は無いものの、終盤で怪我人や出場停止などで出場機会を得て、翌年の開幕戦にも選抜され着実に主力として活躍した。

2012年より、川崎フロンターレへ完全移籍。

2013年、横浜FC期限付き移籍[1]。期限付き移籍期間満了伴い退団[2]

2014年、翌年1月31日までの期限付き移籍で、6年ぶりにジュビロ磐田に復帰[3]。8月10日に行われたJ2第26節・アビスパ福岡戦でプロ入り10年目にしてJリーグ初ゴールを挙げた。12月29日に期限付き移籍期間を2016年1月31日まで延長することが発表された[4]

2015年シーズンは、シーズン後半からレギュラーを確保し、磐田のJ1昇格に貢献。同年12月26日に磐田に完全移籍する事が発表された[5]

2017年4月1日に行われた清水エスパルスとの静岡ダービーで、プロ入り13年目にしてJ1初ゴールを挙げた[6]。森下のゴールもあり、チームは3-1で勝利した。

所属クラブ[編集]

アマ経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 磐田 25 J1 1 0 1 0 0 0 2 0
2006 13 2 0 2 0 0 0 4 0
2007 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 1 0 1 0 1 0 3 0
2009 京都 19 9 0 1 0 2 0 12 0
2010 28 0 4 0 2 0 34 0
2011 3 J2 31 0 - 5 0 36 0
2012 川崎 33 J1 12 0 4 0 0 0 16 0
2013 横浜FC 3 J2 23 0 - 1 0 24 0
2014 磐田 35 20 1 - 1 0 21 1
2015 18 0 - 0 0 18 0
2016 J1 26 0 0 0 0 0 26 0
2017
通算 日本 J1 79 0 13 0 5 0 97 0
日本 J2 92 1 - 7 0 99 1
総通算 171 1 13 0 12 0 196 1
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2005 磐田 25 1 0
通算 AFC 1 0

代表歴[編集]

  • 2006年 U-21日本代表

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]