飯倉大樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯倉 大樹 Football pictogram.svg
名前
愛称 ヒロキ、ペレ
カタカナ イイクラ ヒロキ
ラテン文字 IIKURA Hiroki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-06-01) 1986年6月1日(34歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 181cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴィッセル神戸
ポジション GK
背番号 18
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2019 横浜F・マリノス 225 (0)
2006 ロッソ熊本 (loan) 26 (0)
2019- ヴィッセル神戸 12 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年12月9日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

飯倉 大樹(いいくら ひろき、1986年6月1日 - )は、神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手Jリーグヴィッセル神戸所属。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

小学生まではフィールドプレイヤーであり、中学生になってからゴールキーパーに転向[1]内藤友康とはジュニアユース時代のチームメイトで、2人でレギュラーを争っていた。また、2003年NEW!!わかふじ国体の神奈川県選抜でも同じチームで活躍した。

2005年にトップチームに昇格し、2006年に当時JFLに昇格したばかりのロッソ熊本(現・ロアッソ熊本)へ期限付き移籍し、リーグ戦26試合に出場した。2007年に復帰し、第29節の清水エスパルス戦でJリーグデビューを果たしたが、チームは0-2で敗れた。

2009年6月28日Jリーグ第15節ガンバ大阪戦(横浜国際総合競技場)で、ボールがラインを割ってコーナーキックになることを阻止しようとしてピッチ内に戻したボールが橋本英郎の足元に渡ってしまいゴールを許した。試合はこのゴールが決勝ゴールとなり1-2で逆転負けした。

9月6日ヤマザキナビスコカップ準決勝2ndlegの川崎フロンターレ戦で、川崎のジュニーニョの遅延行為(直前に鄭大世のファウルにより、ホイッスルが鳴っているにもかかわらず、プレーを続けようとしていたこと)に対して激高。ジュニーニョを後ろから突き飛ばし退場処分を受けた。その後も抗議して、主審の胸を両手で押した。マリノスはこの時交代枠が無くなっていたために水沼宏太が急遽GKを務めたが、そのジュニーニョに同点ゴールを決められ敗退した。このプレーに対して9月11日、Jリーグは公式戦6試合の出場停止処分(J1リーグ戦5試合+天皇杯全日本選手権2回戦+サテライトリーグ1試合)を科した。

前述のように2009年はミスも目立ったものの、先輩の榎本哲也とポジションを争い19試合に出場した。

2010年は自身初のリーグ戦全試合出場を果たし、榎本から正GKの座を奪った。2011年も度々ファインセーブを見せ、チームの前半戦首位に貢献。しかし、チームは後半戦で失速し結局5位だった。ワールドカップアジア3次予選の予備登録メンバーにも選出された。

2012年も開幕から正GKを務めたが、7試合勝利なし低迷。しかし、第8節のヴィッセル神戸戦で初勝利を上げるとそこから15試合負けなしとチームは一変した。しかし、第23節のセレッソ大阪戦より3連敗し、終盤戦は榎本にポジションを譲った。

2013年は4年ぶりに開幕ベンチスタートとなったが、第3節のジュビロ磐田戦ではベンチからも外れた。4月6日に体調不良を訴えて横浜市内の病院に入院[2]4月16日心外膜炎と診断された[3]。9月の天皇杯でベンチ入りメンバーに復帰。

2015年は榎本からポジションを奪い正GKの座を確保した。2016年シーズンも開幕からスタメン出場を続けていたが、5月14日の鹿島アントラーズ戦で前半に負傷し、後半は榎本と交代しピッチを去った。その後再び榎本にポジションを奪われたものの、2017年に榎本が浦和レッズへ移籍したため、同年の開幕戦からスタメンに復帰。2010年以来となる全試合フル出場を果たした。

2018年も全試合フル出場を果たしたが、2019年シーズンの第5節のサガン鳥栖戦ではベンチスタートとなり、リーグ戦の連続フル出場は76試合で止まった[4]。その試合以降、同年新加入の朴一圭にレギュラーを奪われた[5]

同年7月26日、キム・スンギュが移籍し[6]、GKを探していたヴィッセル神戸への移籍が発表された[7]。移籍発表2日後の7月28日に行われたマンチェスター・シティFC戦の後半30分から出場し、それがマリノスでのラストマッチとなった[8]。8月2日に行われたガンバ大阪戦で移籍後初出場を果たした[9]。その後もレギュラーとして活躍し、チーム初タイトルとなる天皇杯優勝にも貢献した。

2020年2月8日、FUJI XEROX SUPER CUPの横浜FM戦では、PK戦で2本ストップして優勝に貢献した[10]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 横浜FM 16 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 熊本 21 JFL 26 0 - 2 0 28 0
2007 横浜FM 31 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2008 0 0 0 0 0 0 0 0
2009 21 19 0 6 0 2 0 27 0
2010 34 0 5 0 2 0 41 0
2011 33 0 5 0 4 0 42 0
2012 28 0 5 0 3 0 36 0
2013 0 0 0 0 0 0 0 0
2014 0 0 0 0 0 0 0 0
2015 25 0 2 0 3 0 30 0
2016 12 0 0 0 2 0 14 0
2017 34 0 0 0 4 0 38 0
2018 34 0 10 0 3 0 47 0
2019 5 0 3 0 0 0 8 0
神戸 18 12 0 - 5 0 17 0
2020
通算 日本 J1 237 0 36 0 28 0 301 0
日本 JFL 26 0 - 2 0 28 0
総通算 263 0 36 0 30 0 329 0

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2005 横浜FM 16 0 0
2014 21 0 0
2020 神戸 18
通算 AFC

タイトル[編集]

横浜F・マリノスジュニアユース追浜
神奈川県選抜
横浜F・マリノス
ヴィッセル神戸

代表歴[編集]

  • 2001年 U-15日本代表

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]