内藤友康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内藤 友康 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナイトウ トモヤス
ラテン文字 NAITO Tomoyasu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-09-11) 1986年9月11日(31歳)
出身地 神奈川県横須賀市
身長 183cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 福島ユナイテッドFC
ポジション GK
背番号 34
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2006 名古屋グランパスエイト 0 (0)
2007 アビスパ福岡 0 (0)
2008 モンテディオ山形 0 (0)
2009- 福島ユナイテッドFC 93 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

内藤 友康(ないとう ともやす、1986年9月11日 - )は、神奈川県出身のサッカー選手Jリーグ福島ユナイテッドFC所属。ポジションはGK

来歴[編集]

日本大学藤沢高校卒業後の2005年、名古屋グランパスエイトに入団。しかし、名古屋では楢崎正剛川島永嗣と層が厚く、出場機会は無かった。

2007年、アビスパ福岡に移籍するも、神山竜一の牙城は崩せず、1年で退団。2008年は、福岡時代の統括部長だった小林伸二が新監督に就任したモンテディオ山形に入団するも、清水健太の存在もあり、出場機会は無かった。シーズン終了後に山形を退団。

2009年、福島ユナイテッドFC(当時東北社会人リーグ1部)に入団。ここでついに正GKに定着。チームの守護神として活躍し、惜しくも得失点差でリーグ戦2位となったものの、福島の上位進出に貢献した。第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会にも出場。1回戦の尚美学園大学戦ではPK戦まで縺れ込むも、2人目から4人目までのPKを止め、2回戦進出に貢献。2回戦のC大阪戦では1失点に抑え、「ジャイアント・キリング」に貢献した。

2010年2月27日、練習中に負傷。検査の結果、右ヒザ前十字靭帯断裂(全治7ヶ月)と診断された[1]

2015年5月27日に行われたJ3第12節・Jリーグ・アンダー22選抜戦(とうほう・みんなのスタジアム)では、フィールドプレーヤーの控えがいなくなった状況でMF安東輝が負傷してしまったため、後半43分からフィールドプレーヤー(FW)として交代出場した[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 名古屋 34 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 0 0 0 0 0 0 0 0
2007 福岡 25 J2 0 0 - 0 0 0 0
2008 山形 30 0 0 - 0 0 0 0
2009 福島U 31 東北1部 14 0 - 3 0 17 0
2010 1 0 0 - 0 0 0 0
2011 34 9 0 - 0 0 9 0
2012 8 0 - 2 0 10 0
2013 JFL 34 0 - 2 0 36 0
2014 J3 11 0 - 1 0 12 0
2015 10 0 - 0 0 10 0
2016 7 0 - 2 0 9 0
2017 - -
通算 日本 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
日本 J2 0 0 - 0 0 0 0
日本 J3 28 0 - 3 0 31 0
日本 JFL 34 0 - 2 0 36 0
日本 東北1部 31 0 - 5 0 36 0
総通算 93 0 0 0 10 0 103 0

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内藤選手の負傷について 福島ユナイテッドFC公式サイト 2010.03.10
  2. ^ 公式記録 2015明治安田生命J3リーグ 第12節第1日 福島ユナイテッドFC-Jリーグ・アンダー22選抜

外部リンク[編集]