神山竜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神山 竜一 Football pictogram.svg
名前
愛称 カミ
カタカナ カミヤマ リュウイチ
ラテン文字 KAMIYAMA Ryuichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-11-10) 1984年11月10日(34歳)
出身地 大阪府堺市
身長 188cm
体重 96kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ラインメール青森
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2018 アビスパ福岡 242 (0)
2019- ラインメール青森
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

神山 竜一(かみやま りゅういち、1984年11月10日 - )は、大阪府堺市出身のプロサッカー選手ポジションゴールキーパー。JFL・ラインメール青森所属。

来歴[編集]

4歳の時に地元・堺市の青英学園サッカークラブでサッカーを始めてからGK一筋。なお、青英学園SCにはガンバ大阪下部組織の先輩に当たる稲本潤一が所属しており、1年後輩の辻尾真二とは共にプレーしていた。中学時代はガンバ大阪堺ジュニアユースに所属し、高校は島根立正大学淞南高等学校にサッカー留学。3年連続で全国高校サッカー選手権大会に出場し、3年次には主将も務めた。

高校卒業後の2003年アビスパ福岡に入団。2004年には高校の後輩である柳楽智和も福岡に入団した。入団当初は水谷雄一の控えだったが、水谷が柏レイソルに移籍した2007年より徐々に出場機会を掴み、同年は48試合に出場した。しかし、2008年セレッソ大阪から加入した吉田宗弘に定位置を脅かされ、さらに2009年は故障で長期離脱し出場ゼロに終わった。吉田がFC町田ゼルビアに移籍した2010年は故障中に台頭した六反勇治とポジション争いを繰り広げ、28試合に出場しJ1昇格に貢献した。

この年以降、福岡に移籍してきた選手と毎年のように正守護神争いを繰り広げているが、控えに回った時でもベンチから大声を出し、ピッチにいるチームメイトを鼓舞する、得点を挙げベンチに走ってくる選手に一番最初に駆け寄りに行くなどチームを盛り上げている。

2018年シーズン終了後、契約満了により退団[1]

2019年1月5日、ラインメール青森加入が発表された[2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2003 福岡 30 J2 0 0 - 0 0 0 0
2004 16 0 0 - 0 0 0 0
2005 0 0 - 1 0 1 0
2006 J1 1 0 6 0 2 0 9 0
2007 1 J2 48 0 - 2 0 50 0
2008 22 0 - 0 0 22 0
2009 0 0 - 0 0 0 0
2010 28 0 - 2 0 30 0
2011 J1 17 0 2 0 1 0 20 0
2012 J2 32 0 - 0 0 32 0
2013 28 0 - 0 0 28 0
2014 37 0 - 0 0 37 0
2015 21 0 - 2 0 23 0
2016 J1 8 0 4 0 1 0 13 0
2017 J2 0 0 - 0 0 0 0
2018 0 0 - 0 0 0 0
2019 青森 1 JFL -
通算 日本 J1 26 0 12 0 4 0 42 0
日本 J2 216 0 - 7 0 223 0
日本 JFL -
総通算 242 0 12 0 11 0 265 0

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “アビスパ福岡 契約満了選手のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2018年11月22日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21449 2018年12月14日閲覧。 
  2. ^ “神山 竜一 選手 移籍先決定のお知らせ” (プレスリリース), アビスパ福岡, (2019年1月5日), https://www.avispa.co.jp/news/post-21852 2019年1月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]