箕輪義信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
箕輪 義信 Football pictogram.svg
名前
愛称 ミノ、ミノワマン、ちんちゃん、ロボコップ
カタカナ ミノワ ヨシノブ
ラテン文字 MINOWA Yoshinobu
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1976年6月2日(40歳)
出身地 神奈川県川崎市
身長 187cm
体重 83kg
選手情報
ポジション DF
背番号 5
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000 ジュビロ磐田 0 (0)
2000-2008 川崎フロンターレ 244 (17)
2008 コンサドーレ札幌 12 (0)
2009-2010 コンサドーレ札幌 0 (0)
代表歴2
2005[1] 日本の旗 日本 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年12月7日現在。
2. 2007年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

箕輪 義信(みのわ よしのぶ、1976年6月2日 - )は、神奈川県川崎市出身の元プロサッカー選手ポジションディフェンダー

来歴[編集]

川崎市高津区生まれ。神奈川県立弥栄西高等学校から仙台大学に進学し、ユニバーシアード代表にも選出された経歴を持つ。

1999年ジュビロ磐田に入団したが出場機会を得られず、2000年シーズン途中に地元の川崎フロンターレに移籍、2001年シーズンからはレギュラーに定着し、守備陣の要として活躍した。

2005年8月の東アジア選手権での日本代表入りが内定していたが、突発性難聴を患ったことにより辞退。その後、10月の東欧遠征のメンバーに選出。フィールドプレイヤーでは史上最高齢での初代表(当時、後に寺田周平が更新)として話題になった。しかし、唯一の出場となったウクライナ戦では、試合終了間際に微妙な判定ながら相手にPKを献上するファウルを取られ、代表戦は不完全燃焼に終わった。

2007年末からグロインペイン症候群に悩まされ、リハビリを決断し2008年は戦線を長期離脱。復帰後も出場機会に恵まれなかったが、降格圏内に沈んでいたコンサドーレ札幌へ即戦力との期待を受けレンタル移籍、12試合に出場したが力及ばずJ2降格となった。また北海道チャンピオンズスーパーリーグにおいて右足腓腹筋断裂・全治3~4ヶ月との診断を受ける負傷で、復帰することなくシーズンを終えた。怪我の回復は長期化する見込みであったが、札幌は2009年の契約を敢行し完全移籍、7年間所属した川崎を離れる。この年から札幌に監督として招聘された川崎時代の恩師である石崎信弘の下で再びプレーするはずであったが、アキレス腱を4度も手術するなど怪我が回復せず、2009年2010年と2年間1試合も出場することなく契約期間満了でチームを去ることになった。2011年は所属チームがなく、2011年9月23日、所属元の札幌から現役引退が発表された[2]。 なお現役最後の試合となった2008年9月20日のジェフ千葉戦の前半14分に退場処分を受けているが、これは彼の現役プロ生活の中で唯一の退場判定となった。

引退後は体育教師となり、2012年4月より神奈川県立新城高等学校に赴任した[3]

特徴・評価[編集]

屈強なフィジカル、特に187cmの長身を生かした空中戦が強い、試合中にぶつかった相手選手の方が担架で運ばれてしまうこともしばしば。味方セットプレー時には重要な得点源となる。また、長身ながら体の柔らかさを生かしたロングスローも得意で相手ゴール前のスローインの場面では、前線に張らず、自らロングスローでボールを放り投げることもある。札幌では、守備の要として期待されていた。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ルヴァン杯 天皇杯 期間通算
1999 磐田 22 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2000 0 0 0 0 - 0 0
川崎 5 1 0 0 0 0 0 1 0
2001 J2 36 5 1 0 1 0 38 5
2002 40 4 - 0 0 40 4
2003 41 1 - 4 1 45 2
2004 36 1 - 2 0 38 1
2005 J1 30 2 6 0 3 0 39 2
2006 30 3 10 0 2 0 42 3
2007 30 1 5 0 4 0 39 1
2008 0 0 0 0 - 0 0
札幌 35 12 0 - 0 0 12 0
2009 5 J2 0 0 - 0 0 0 0
2010 0 0 - 0 0 0 0
通算 日本 J1 103 6 21 0 9 0 133 6
日本 J2 153 11 1 0 7 1 161 12
総通算 256 17 22 0 16 1 294 18
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2007 川崎 5 7 0
通算 AFC 7 0

代表歴[編集]

  • ユニバーシアード代表

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 1試合 0得点(2005)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2005 1 0
通算 1 0

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “箕輪 義信”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_ma/yoshinobu_minowa.html 
  2. ^ 箕輪義信選手現役引退のお知らせ コンサドーレ札幌公式サイト 2011年9月23日
  3. ^ 箕輪 義信さん”. タウンニュース社 (2012年5月25日). 2013年9月21日閲覧。