清雲栄純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清雲 栄純 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キヨクモ エイジュン
ラテン文字 KIYOKUMO Eijun
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1950-09-11) 1950年9月11日(68歳)
出身地 山梨県塩山市 (現:甲州市)
身長 180cm
体重 68kg
選手情報
ポジション DF
ユース
1969-1973 法政大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973-1982 古河電気工業 149 (6)
代表歴
1974-1980[1] 日本の旗 日本 42 (0)
監督歴
1984-1990 古河電気工業
1994-1995 ジェフユナイテッド市原
1997-1998  日本 U-20
2003 大宮アルディージャ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

清雲 栄純(きよくも えいじゅん、1950年9月11日 - )は、山梨県塩山市(現:甲州市)出身の元サッカー選手、サッカー指導者、ラグビー選手、法政大学スポーツ健康学部教授[2]。サッカー選手時代のポジションはDF

来歴[編集]

中学時代までは野球をしていた[3]山梨県立日川高校入学後、クラス対抗ラグビー大会の活躍によりまずラグビー部からスカウトされ、その後サッカー部にも入り、両部を掛け持ちするようになる。サッカーでは県大会3位止まりだったが、主にフルバックやウイングとしてプレーしたラグビーでは3年生の時に全国高校ラグビー大会で準々決勝まで進出し、大会ベストフィフティーンにも選ばれた。高校時代の同級生には有賀健ジャンボ鶴田がいる。一般入試で法政大学社会学部社会学科へ入学し、在学中はサッカー部に入り、4年時にはキャプテンを務めた。

目立った実績がない無名選手だったため日本サッカーリーグ(JSL)のチームからの誘いはなかったが、巡回コーチとして各大学をまわっていた八重樫茂生の紹介によりテスト生として古河電気工業に入団する。1年目の1973年からポジションを確保すると、1974年から1976年まで3シーズン連続でJSLベストイレブンに選ばれ、1976年には古河のJSL初優勝に貢献した。1982年に引退するまでの10シーズンの通算成績は149試合6得点2アシスト。

日本代表には1974年6月6日ミドルセックス・ワンダラーズA.F.C.英語版戦でデビュー。FIFAワールドカップ予選1大会、オリンピック予選2大会に出場した。

選手としての最終シーズンとなった1982年から兼任という形で古河のコーチを務め、1984年に監督に昇格した。1985年にリーグ優勝。また、アジアクラブ選手権1986で日本のチームとして初めての優勝に導いた。1992年から1994年までは日本代表のスタッフに入り、ハンス・オフトのもとでコーチを務めた。1994年から2シーズンは古河の後身にあたるジェフユナイテッド市原(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)で監督を務めた。

1999年から大宮アルディージャでゼネラルマネージャー(2003年10月から12月まで、シーズン途中で解任された菅野将晃に代わり監督を兼任)、2004年からトータルアドバイザーを務めた。2004年度から母校の法政大学の教授に就任。2004年度から工学部に、2009年度から新設されたスポーツ健康学部に所属している。2012年12月、千葉の運営会社であるジェフユナイテッド株式会社の取締役に就任した。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1973 古河 JSL1部 17 0
1974 17 0 -
1975 18 0 -
1976 18 2
1977 16 2
1978 10 0
1979 18 1
1980 12 1
1981 18 0
1982 5 0
通算 日本 JSL1部 149 6
総通算 149 6

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 42試合 0得点(1974-1980)[1]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1974 1 0 5 0 6 0
1975 13 0 8 0 21 0
1976 9 0 7 0 16 0
1977 5 0 14 0 19 0
1978 0 0 1 0 1 0
1979 9 0 10 0 19 0
1980 5 0 4 0 9 0
通算 42 0 49 0 91 0

指導歴[編集]

  • 1982年-1990年 古河電気工業
    • 1982年-1983年 コーチ
    • 1984年-1990年 監督
  • 1992年-1993年 日本代表:コーチ
  • 1994年-1997年 ジェフユナイテッド市原
    • 1994年-1995年 監督
    • 1996年-1997年 チーム統括部長
  • 1997年-1998年 U-18日本代表:監督
  • 1999年-2012年 大宮アルディージャ
    • 1999年-2003年 ゼネラルマネージャー
    • 2003年10月-12月 監督 (兼務)
    • 2004年-2012年7月 トータルアドバイザー
  • 2012年7月- ジェフユナイテッド市原・千葉 トータルアドバイザー

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯
1984 JSL1部 古河 4位 18 21 8 5 5 ベスト8 準優勝
1985 優勝 22 35 15 5 2 ベスト4 ベスト8
1986-87 4位 22 26 10 6 6 優勝 辞退
1987-88 7位 22 21 6 9 7 ベスト8 ベスト4
1988-89 6位 22 29 8 5 9 2回戦 2回戦
1989-90 4位 22 38 10 8 4 2回戦 1回戦
1994 J 市原 9位 44 - 19 - 25 ベスト8 2回戦
1995 5位 52 88 28 - 24 - 1回戦
2003 J2 大宮 6位 6 12 4 0 2 - -

その他

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “清雲 栄純”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_ka/eijun_kiyokumo.html 
  2. ^ スポーツ健康学部 > 教員紹介-法政大学HP 2012年5月3日
  3. ^ 論文”. ジャンボ鶴田の部屋. 2012年9月8日閲覧。

関連項目[編集]