オリンピックサッカー競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック男子サッカー競技
Football pictogram.svg
開始年 1900年
主催 IOC
地域 世界
参加チーム数 16(本大会)
前回優勝  メキシコ(1回目)
最多優勝  ハンガリー(3回)
サイト 国際オリンピック委員会
備考 国代表別の試合となったのは1908年より
テンプレートを表示
オリンピック女子サッカー競技
開始年 1996年
主催 IOC
地域 世界
参加チーム数 12(本大会)
前回優勝  アメリカ合衆国(4回目)
最多優勝  アメリカ合衆国(4回)
サイト 国際オリンピック委員会
テンプレートを表示

オリンピックサッカー競技(オリンピックサッカーきょうぎ)は、夏期オリンピックに行われるサッカー競技である。男子競技と女子競技が行われており、そのうち男子については1900年のパリオリンピックから非公式ながら競技が行われ、1908年のロンドンオリンピックから公式種目になり、1932年のロサンゼルスオリンピックを除いて毎大会実施されている。また、女子については1996年のアトランタオリンピックから実施されているものである。英語での表記は"FOOTBALL"である。

概要[編集]

オリンピックの創成期においても、すでにサッカーは世界的にもメジャーなスポーツの1つとなりつつあった。記録が完全に残っていないものの、第1回大会となるアテネオリンピックからすでに非公式に試合が行われている。第4回大会のロンドンオリンピックから公式に競技が行われている。サッカー競技で初めて金メダルを手にしたのは「イギリス代表」であった。

サッカーとオリンピック[編集]

サッカーがオリンピック競技として始まった19世紀から20世紀への世紀転換期においてすでにイングランドではプロフェッショナルの選手が当たり前の存在となり、この影響を受けて他のヨーロッパ諸国でも実質的なプロフェッショナルプレーヤーが誕生しつつあった。さらに正式種目として採用された1900年代末には、ヨーロッパ各国でこうしたプロフェッショナル化へのアマチュア側の最後の反抗が試みられていた時期に当たっていた。そのためサッカーと、あくまでアマチュア主義に固執する国際オリンピック委員会(IOC)の関係は決して良好なものではなかった。1904年に結成された国際サッカー連盟(FIFA)は、アマチュアのみが出場するオリンピックではなく、アマチュアとプロフェッショナルの両方が出場可能なサッカーにおける真のナショナルチーム世界王者を決める大会としてFIFAワールドカップを1930年に開始した。なお、「ワールドカップ」という名称を最初に用いたのはサッカーである。以降アマチュアのみしか参加できないオリンピックサッカーは、急速に興味が失われていった。

また、従来あったサッカー組織と、各国別にオリンピック委員会を組織し、それに基づいて出場すると言うオリンピックとはいくつか矛盾する点が見られた。

こうしたサッカーとオリンピックの矛盾を最も被ることになっているのがイギリスである。1912年の時点ですでにプロ化が進んでいたイギリスは、オリンピック憲章のアマチュア条項を守った上で、最強のナショナルチームを組織することは、すでに事実上不可能であった。

イギリスはFIFAからイギリス本土4協会(以下英本土4協会)(イングランドサッカー協会スコットランドサッカー協会北アイルランドサッカー協会ウェールズサッカー協会)およびイギリス海外領土6協会(モントセラトサッカー協会、イギリス領ヴァージン諸島サッカー協会、ケイマン諸島サッカー協会、タークス・カイコス諸島サッカー協会、バミューダ諸島サッカー協会、アンギラサッカー協会)の各代表をそれぞれ認可されているが、そのままでは国内オリンピック委員会単位としての参加しか認められないオリンピックには出場できない。オリンピックを主催するIOCは、イギリス本土においてはイギリスオリンピック委員会(BOA)のみを認可しているので、オリンピックのサッカー競技には、英本土4協会それぞれで出場することはできない。IOCはイギリス海外領土のうち、バミューダ諸島、イギリス領ヴァージン諸島、ケイマン諸島の3地域の国内オリンピック委員会を認可しているため、それらの地域はそれぞれオリンピックに出場できる。当初はオリンピックにのみ特例としてイギリス本土では、英本土4協会が「サッカーイギリス代表」を結成して参加していたが(名前はイギリス代表、中身はイングランドアマチュア代表主体)、協会間の確執が絶えず、現在はオリンピックの欧州予選を兼ねるUEFA U-21欧州選手権で英本土4協会のいずれかが本大会出場権を獲得する順位に入っても、自動的に出場権を放棄している。自国開催となる2012年ロンドンオリンピック(男子はU-23、女子はA代表)では、一時は久々にイギリス代表を結成する動きもあったが、英本土4協会のうち、イングランド以外の3協会が反発。結局「混成チームは英本土4協会の自立を脅かす」との理由から、イングランド代表が単独でイギリス代表として出場することを決定し、FIFAも2009年総会で一旦はこれを了承した。しかし、BOAを中心として調整をした結果、英本土4協会統一チームの結成で合意したが、最終的にはロンドンオリンピックに出場する本登録の選手18名中、男子は、イングランドから13名、ウェールズから5名選ばれ、スコットランドと北アイルランドからは選ばれなかった[1]女子は、男子とは異なり、イングランドから16名、スコットランドから2名選ばれ、ウェールズと北アイルランドからは選ばれなかった[2]

大会の位置づけ[編集]

オリンピックのサッカー競技に対する位置づけは、男子と女子でその捉え方に若干の違いが見られる。

女子競技は、女子ワールドカップに並ぶ権威ある大会として扱われ、オリンピック自体の注目度を利用して国際サッカー連盟(FIFA)も女子サッカーの普及のために大会に対して概ね協力的である。また、女子ワールドカップはオリンピックの前年に開催されているため、各国はオリンピックを一つの区切りとしてチーム作りを進める。

これに対して男子競技は、ワールドカップU-20ワールドカップの間の中途半端なカテゴリーとして捉えられることが多い。アジア、アフリカ、北中米カリブ海、南米の諸国は若年層の強化、あるいは五輪という大会のステータスを重視して力を入れることが多いのに対し、欧州では同年に欧州選手権があることも関係し、年齢制限つきの大会であるオリンピックサッカーへの注目度は極めて低い。また、シーズン開幕直後の時期のケガや疲労を恐れ、所属する選手を五輪に出場させることに消極的なクラブも多い。特に優秀な選手を抱える欧州のビッグクラブではそれが顕著であり、欧州各国はもちろん、非欧州各国においても欧州クラブ側の抵抗によってベストメンバーを揃えるのに苦労するサッカー協会は少なくない。2008年の北京オリンピックでは、ベストメンバーを揃えようとするブラジルアルゼンチンの両サッカー協会と、選手の参加を拒む欧州のクラブとの対立が激しくなった。FIFAはクラブに対し、国際Aマッチと同様に五輪への選手参加を妨げないよう指示したが、FCバルセロナの訴えを受けたスポーツ仲裁裁判所(CAS)が2008年8月6日、「クラブには選手を五輪男子サッカーに解放すべき法的な義務はない」と結論づけた[3]。そのため、例え五輪男子本大会でもクラブ側が代表招集を拒否できることになっていた。その後、FIFAは2012年3月29日から30日のFIFA理事会で、オリンピック男子本大会に出場する代表に選出された「23歳以下の選手(厳密にはオリンピックが行われる前年の12月31日時点で23歳未満の選手)」の代表招集をクラブ側は拒否できないと決めた。なお、24歳以上(厳密にいえば、前年の12月31日時点で23歳以上)の選手のオーバーエイジの選手については、クラブ側が五輪代表招集を拒否できる[4]。FIFAはこの五輪男子派遣義務決定事項は既存のFIFA規則[5]で強制力を持たせられるとの考えを示した。強制力の根拠として、選手の地位に関するFIFA規則の「FIFA理事会の特別決議に基づく、選手の派遣義務」を引用している[6]

FIFAは2009年3月に、選手の年齢制限を21歳以下に引き下げる方針を定め、同年6月のFIFA総会に諮ることを決定した[7]。IOCは収入が見込める競技の一つである男子サッカーに、世界的に著名な選手が多く出場することを希望し続けており、この年齢制限改訂に対しては五輪競技からの除外[8]や参加チーム数の削減[9]を持ち出して抵抗した。これに対しFIFAは2009年総会における議題から年齢制限変更案を取り下げ、代替案として「ワールドカップに出場経験のない選手であれば年齢に関わらず出場可能」とする、モスクワオリンピックとほぼ同様[10]の参加資格を提案した[11]。2009年12月のFIFA理事会では、2012年のロンドンオリンピックにおける男子サッカー競技は従来通りの「23歳以下+オーバーエイジ最大3人」で行うこととした。ロンドンオリンピックの次回大会の2016年のリオデジャネイロオリンピックについても、2010年6月のFIFA総会で、従来通りの「23歳以下+オーバーエイジ最大3人」で行うことを決定した[12]

多くのスポーツ競技が最終目標としてオリンピック種目への採用を目指す中で、「オリンピックへの協力を渋る競技側と、それを引き止めるIOC側」というサッカー界の構図は異例であり、オリンピックを凌ぐ規模の国際大会を持つサッカー特有のねじれ現象だと言える。

開幕前からサッカー開催の理由など[編集]

2000年のシドニーオリンピックから、五輪開会式の数日前にサッカー競技のグループリーグが開始されている。ただし、開会式に先行して試合が行われた期間は、公式なオリンピックの開催期間には入れられていない。

オリンピック憲章には、「競技期間は16日を超えてはならない」とあり、開会式を含めると17日間がオリンピック開催期間である。1996年のアトランタオリンピックまでは、サッカーも開会式後から日程が組まれていたが、中1日の過密日程を強いられていた。サッカー競技が開催される夏季オリンピックは北半球の夏に開催されることが多く、暑さによる選手の健康面の悪影響が懸念されていた。そのため、FIFAがIOCと協議し、グループリーグに中2日の間隔を取るため、特例で開会式よりも前倒しでサッカーを開始することがシドニー五輪から認められた[13]

日程と参加チーム数の関係から、試合会場は広域(主開催都市から数百キロ離れた都市[14])に渡る複数の会場で行われることも多い。

歴史[編集]

男子[編集]

サッカーが公式に競技として採用されたのは1900年のパリオリンピックからであるが、1896年のアテネオリンピックからすでに非公式に試合が行われており、アテネのチームがトルコイズミルのチームと、さらにこれに勝ったイズミルのチームがスウェーデンのチームと試合を行った。1900年のパリオリンピックではサッカー競技が公式に開催されたが、このころは急ごしらえのチーム同士で試合を行っていた。一部のチームには外国人の選手が混じっていたという。1906年のアテネ中間大会にはデンマークがアテネのチームを9-0で下して勝ったという記録が残っている。FIFAは1908年のロンドン五輪を「五輪における初の正式種目としてのサッカー競技」としており[10]、この大会のころから国別対抗戦という性格が固まる。

1930年FIFAワールドカップが始まり、徐々にその権威を高めていくと、FIFAはアマチュアだけに出場資格が認められたオリンピックに対して、段々と興味を持たなくなるようになっていった。1932年のロサンゼルスオリンピックでは完全に種目から抜け落ちたのにはこうした背景がある[15]第二次世界大戦後には、FIFAがアマチュア主体のオリンピックからプロフェッショナル主体のワールドカップに完全にその軸足を移すようになった。こうしたアマチュアとプロフェッショナルのギャップを突いてオリンピックでの強豪国として登場してきたのが、ソビエト連邦を初めとする共産主義国家、いわゆる「東側諸国」である。

東側では、報酬を国家からもらい、競技に専念できる環境が整えられながらも、身分は国家公務員=アマチュアとして維持できるステート・アマと言う形態が常態化しており、プロを送り込めず「アマチュア選抜」で臨む西側諸国に対し、ほぼA代表に等しい編成で代表チームを参加させることができた。こうした東側の国々が1952年から1980年まで、8つの金メダルを独占した。この期間それ以外のメダルも、デンマークの銀が1回、銅メダルはスウェーデンと日本が1回ずつと、ほぼ全てのメダルを東側が独占的に手に入れる時代に突入した。なお、1968年日本の銅メダルは男子サッカー競技におけるアジア勢初のメダル獲得である。東側諸国に有利なこの状況を打破するため、FIFAは1980年のモスクワオリンピックからワールドカップの予選もしくは本大会に出場した欧州と南米の選手は、五輪に出場できないことにしたが[10]、ソ連のアフガニスタン侵攻に反発した西側諸国がモスクワオリンピックをボイコットしたため、東側諸国の優位が続いた。結果的に各国のオリンピック代表チームは非常に若い年代で構成されたチーム編成となり、後の年代別代表の一環としてのオリンピック代表の原型が形作られた。

こうした状況に変化をもたらしたのは、1984年のロサンゼルスオリンピックでの、IOCによるプロ参加の容認であった(オリンピック憲章アマチュア条項自体は、このロサンゼルスオリンピックの10年前の1974年の第75回IOC総会で、削除されていた[16])。当時のオリンピックにおけるプロ解禁と言う潮流の一環であったが、これはIOCとFIFAの間に新しい対立を引き起こした。すなわち、集客性に富んだサッカーの充実を図りたいIOC(プロ解禁したので年齢制限のないその国最強の代表であるA代表をオリンピックに出すよう要請)とFIFAワールドカップと言う大会の威厳とプレミアを守りたいFIFA(A代表をオリンピックに出せばワールドカップの意味がなくなる)の利害の対立である。最終的には、ロサンゼルスオリンピックでもモスクワオリンピックと同様に、ワールドカップの予選もしくは本大会に出場した欧州と南米の選手は、五輪に出場できないことにした。この大会では、ほとんどの東側諸国が出場をボイコットした影響も大きいが、これまでの東側諸国優位を覆し、フランスが優勝、ブラジルが準優勝を果たした。

FIFAは1988年ソウルオリンピックから、本大会時点で23歳以下の選手の大会にする方針だったが[10]、IOCの強硬な反対により、ロサンゼルスオリンピックと同じ出場資格の大会になった。1大会遅れて、1992年バルセロナオリンピックから現在まで続く、23歳以下の規定が導入された(五輪本大会時点で23歳以下の選手のみの大会。厳密にいえば、五輪前年の12月31日時点で23歳未満の選手のみの大会)。これによりオリンピックにおけるサッカー競技はU-17ワールドカップU-20ワールドカップに続く、年代別世界選手権大会の一環として再編成されることになった。

バルセロナオリンピックの観客数が思ったほど伸びなかったIOCは、A代表を出場させるよう改めてFIFAに要請したが、FIFAは再度拒否。結果、妥協として1996年アトランタオリンピックから本大会時点で23歳以下の選手という出場資格はそのままで、本大会のみ24歳以上の選手(オーバーエイジ)を最大3人まで加えることができることにした[10]。現在も続く、この五輪出場資格規定は2016年のリオデジャネイロオリンピックでも引き続き適用される。

女子[編集]

女子の競技は1996年アトランタオリンピックで採用され、最初から女子A代表の大会として開始された。

開催方式[編集]

男子[編集]

オリンピックにおける男子サッカー競技に関する現行のフォーマットは以下のようになっている。

出場資格[編集]

オリンピックにおけるサッカー競技に出場する選手には年齢制限が設けられている。規定ではオリンピックが行われる前年の12月31日時点で23歳未満の選手に出場権がある。したがってオリンピック代表のことをしばしばU-23代表と言い換える場合がある。大陸別予選でも本大会への出場が可能な選手でチームが構成されるのが基本であるが、欧州では予選に当たる大会の上限年齢の選手は五輪本大会時に年齢が24歳になってしまうので、オーバーエイジに選出された選手以外は規定に合う選手に入れ替える(後述)。また、南米は予選に当たる大会の上限年齢の選手でも五輪本大会時には20歳以下のため、五輪規定の年齢上限の選手に入れ替える(後述)。アジア地区予選では、本大会の前々年には21歳未満の選手に、本大会の前年では22歳未満の選手に出場権が与えられる。これらから五輪出場をめざす代表チームをU-21代表U-22代表と呼ぶ場合もある。先述の通り、本大会に限り前年の12月31日時点で23歳以上の選手を最大3人まで加えることができる。

予選大会[編集]

各大陸別に予選を行う。FIFAワールドカップと同様、各大陸に出場枠が割り当てられ、予選の方式は各大陸のサッカー連盟に方法が一任されている(このため予選の方法が毎回変わることがある)。

開催国を含んだ各大陸別のオリンピック出場枠は以下の通りである(2012年ロンドンオリンピック基準)。2004年アテネオリンピックではアフリカ4枠・アジア3枠、北京オリンピックではアフリカ3枠・アジア4枠(開催国枠1を含む)とされた。

  • ヨーロッパ 4
  • アフリカ 3.5
  • アジア 3.5
  • 南米 2
  • 北中米カリブ海 2
  • オセアニア 1

出場枠の配分においては、FIFAワールドカップの予選と同様の大陸間プレーオフが導入される場合もあり、2000年以降では2000年シドニー大会および2012年ロンドン大会で導入されている。

  • 2000年シドニー大会では、オセアニアのオーストラリアが開催国であったため、オセアニアを1.5枠(開催国枠1を含む)、アフリカを3.5枠としてプレーオフを実施し(なおアジアは3枠)、アフリカ第4代表の南アフリカ共和国がオセアニア代表のニュージーランドを破って出場権を得た。
  • 2012年ロンドン大会では、アフリカとアジアがそれぞれ3.5枠とされ、アフリカ第4代表とアジア第4代表でプレーオフを実施し、アフリカ第4代表のセネガルがアジア第4代表のオマーンを破って出場権を得た。

2012年ロンドン大会では、五輪独自の予選を開催したのはアジアサッカー連盟(AFC)、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)、オセアニアサッカー連盟(OFC)の3地域だったが、このうちAFCは次回のリオデジャネイロオリンピックより、前年のAFC U-22アジアカップがオリンピック予選を兼ねる予定である。

アフリカサッカー連盟(CAF)は2012年ロンドン大会より、五輪前年のアフリカ U-23選手権(実際は大会時点でU-22)がオリンピック予選を兼ねている。

南米サッカー連盟(CONMEBOL)はFIFA U-20ワールドカップ南米予選である南米ユース選手権が更にオリンピック予選をも兼ねている。五輪出場権を得たチームは、五輪時にU-23になる選手で新チームを構成する。

欧州サッカー連盟(UEFA)はU-21欧州選手権にオリンピックの予選を兼ねさせている。U-21の名称は予選開始時のレギュレーションによるものであり、予選開始から2年後の本大会では五輪と同じく23歳以下の選手による大会となる。オリンピックへの出場権がない(国のオリンピック協会と対応付かないチームである)イングランドスコットランドウェールズ北アイルランドの4代表が出場権を獲得した場合は、それ以下の順位の国が繰り上がりで出場権を獲得する。2004年アテネオリンピックまではU-21欧州選手権の本大会と五輪の開催年が重なっており、本大会を戦った選手がそのまま五輪に出ることが多かった。しかし2006-07年大会からはワールドカップとオリンピックの中間年に本大会が開催されるため、本大会を23歳のときに戦った選手は翌年の五輪にはオーバーエイジで加入しない限り出場できない。したがって、現在の欧州の五輪代表はU-21欧州選手権時のメンバーの多くの選手を五輪時にU-23になる選手に入れ替えて五輪に出場している。例えば、2012年ロンドンオリンピックに出場したU-23サッカーベラルーシ代表は、2011年U-21欧州選手権時のメンバーから11人を入れ替えて出場した。

本大会[編集]

当初は全試合ノックアウトトーナメントで行われていたが、その後ローマオリンピックより1次ラウンドはグループリーグ方式で実施されるようになった。1964年東京大会以降は、1次ラウンドは出場16チームを4チームずつ4組に分けて1回総当りのリーグ戦を行い、各組2位までの8チームでノックアウト方式の決勝トーナメントを行っている。 他の競技ではこのリーグ戦に「予選(preliminary)」という用語が使われるが、サッカーにおいては当初より"First Round"または"First Stage"としており、東京オリンピックの組織委員会および日本蹴球協会はこれに1次リーグという訳語を使用するよう要請した。

女子[編集]

オリンピックにおける女子サッカー競技に関する現行のフォーマットは以下のようになっている。

出場資格[編集]

女子には年齢制限がない。以前、男子に制限として設けられた、ワールドカップに出場した選手はオリンピックに出場できないと言う制限も設けられていない。参加国数はFIFA女子ワールドカップより少ない。

予選大会[編集]

最初の2大会(アトランタオリンピックシドニーオリンピック)は、それぞれ前年のFIFA女子世界選手権(現:FIFA女子ワールドカップ)が予選を兼ね、上位7チームおよび開催国の計8チームで競技が行われた。2004年アテネオリンピックからは、男子同様に各大陸ごとの予選により出場チームが選出されることになった。男子同様、予選の方式は各大陸のサッカー連盟に一任されている。

北京オリンピックからは本大会進出チームは12チームとなっている。2012年ロンドンオリンピックの大陸連盟別出場枠は以下の通りである(ヨーロッパは開催国枠1を含んだ数)。なお北京オリンピックではアジアの出場枠を開催国枠(中国)を含めて3とし、アフリカおよび南米をそれぞれ1.5とした(大陸間プレーオフを実施)。

  • ヨーロッパ 3
  • アフリカ 2
  • アジア 2
  • 北中米カリブ海 2
  • 南米 2
  • オセアニア 1

ヨーロッパ地区については、2004年アテネ大会以降もFIFA女子ワールドカップを予選として用いている。ただし方式は変更されており、「ヨーロッパのチームをFIFA女子ワールドカップの成績で順位付けし、オリンピックへの出場チームを決定する」ものとしている。

南米地区については北京オリンピックより、オリンピックの2年前に実施されるスダメリカーノ・フェメニーノが予選を兼ねており、女子ワールドカップ(オリンピック前年に実施)の出場国と同時に決定される。

歴代出場国一覧[編集]

男子[編集]

00 04 08 12 20 24 28 36 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96 00 04 08 12 出場回数
UEFA
アイルランド アイルランド Y Y 2
イギリス イギリス 1 1 1 Y Y 4 Y Y Y Y 10
イスラエル イスラエル Y Y 2
イタリア イタリア Y 4 Y 3 1 Y Y 4 4 4 Y Y Y 3 Y 15
エストニア エストニア Y 1
オーストリア オーストリア Y 2 Y Y 4
オランダ オランダ 3 3 3 4 Y Y Y Y 8
ギリシャ ギリシャ Y Y Y 3
スイス スイス 2 Y Y 3
スウェーデン スウェーデン 4 Y Y 3 Y 1 3 Y Y 9
スペイン スペイン 2 Y Y Y Y Y 1 Y 2 Y 10
スロバキア スロバキア Y 1
セルビア セルビア Y 1
セルビア・モンテネグロ セルビア・モンテネグロ Y 1
ソビエト連邦 ソビエト連邦 Y 1 3 3 3 1 6
チェコ チェコ Y 1
チェコスロバキア チェコスロバキア Y Y 2 Y 1 5
デンマーク デンマーク 2 2 Y 3 Y 2 Y Y 8
ドイツ ドイツ[17] Y Y Y 4 Y Y Y 3 8
トルコ トルコ Y Y Y Y Y Y 6
ノルウェー ノルウェー Y Y 3 Y Y 5
ハンガリー ハンガリー - Y Y Y 1 3 1 1 2 Y 9
東ドイツ 東ドイツ[18] 3 3 1 2 4
フィンランド フィンランド 4 Y Y Y 4
フランス フランス 2 Y Y Y Y Y Y Y Y Y 1 Y 12
ブルガリア ブルガリア Y Y 3 Y 2 5
ベラルーシ ベラルーシ Y 1
ベルギー ベルギー 3 1 Y Y 4 5
ポーランド ポーランド Y 4 Y Y 1 2 2 7
ポルトガル ポルトガル Y 4 Y 3
ラトビア ラトビア Y 1
リトアニア リトアニア Y 1
ルーマニア ルーマニア Y Y Y 3
ルクセンブルク ルクセンブルク Y Y Y Y Y Y 6
ロシア ロシア Y 1
ユーゴスラビア ユーゴスラビア Y Y Y 2 2 2 1 Y 4 3 Y 11
CONMEBOL
アルゼンチン アルゼンチン 2 Y Y Y 2 1 1 7
ウルグアイ ウルグアイ 1 1 Y 3
コロンビア コロンビア Y Y Y Y 4
チリ チリ Y Y Y 3 4
パラグアイ パラグアイ Y 2 2
ブラジル ブラジル - Y Y Y Y Y 4 2 2 3 Y 3 2 12
ベネズエラ ベネズエラ Y 1
ペルー ペルー Y Y - 2
CONCACAF
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 2[19] Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y 4 Y - 14
エルサルバドル エルサルバドル Y 1
オランダ領アンティル オランダ領アンティル Y 1
カナダ カナダ 1 Y Y 3
キューバ キューバ Y Y 2
グアテマラ グアテマラ Y Y Y 3
コスタリカ コスタリカ Y Y Y 3
ホンジュラス ホンジュラス Y Y Y 3
メキシコ メキシコ Y Y Y 4 Y Y - Y Y Y 1 10
CAF
アルジェリア アルジェリア Y - 1
エジプト エジプト Y Y 4 Y Y Y Y 4 Y Y Y 11
ガーナ ガーナ Y Y Y 3 Y Y 6
ガボン ガボン - Y 1
カメルーン カメルーン Y - 1 Y 3
ギニア ギニア Y 1
コートジボワール コートジボワール Y 1
ザンビア ザンビア Y Y 2
スーダン スーダン - Y 1
セネガル セネガル Y 1
チュニジア チュニジア Y Y Y Y 4
ナイジェリア ナイジェリア Y Y Y 1 Y 2 6
マリ マリ Y 1
南アフリカ 南アフリカ Y 1
モロッコ モロッコ Y Y Y Y Y Y Y 7
AFC
アフガニスタン アフガニスタン Y 1
アラブ首長国連邦 アラブ首長国連邦 Y 1
イラク イラク Y Y Y 4 4
イラン イラン Y Y Y 3
インド インド Y Y 4 Y 4
インドネシア インドネシア Y 1
オーストラリア オーストラリア Y Y 4 Y Y Y Y 7
カタール カタール Y Y 2
韓国 韓国 Y Y Y Y Y Y Y Y 3 9
北朝鮮 北朝鮮 Y 1
クウェート クウェート Y Y Y 3
サウジアラビア サウジアラビア Y Y 2
シリア シリア Y 1
タイ タイ Y Y 2
チャイニーズタイペイ チャイニーズタイペイ Y Y Y 3
中国 中国 Y Y 2
日本 日本 Y Y Y 3 Y Y Y Y 4 9
マレーシア マレーシア Y 1
ミャンマー ミャンマー[20] Y 1
OFC
ニュージーランド ニュージーランド Y Y 2
00 04 08 12 20 24 28 36 48 52 56 60 64 68 72 76 80 84 88 92 96 00 04 08 12 出場回数
大会別出場国数 3 2 5 11 14 22 17 16 18 25 11 16 14 16 16 13 16 16 16 16 16 16 16 16 16

女子[編集]

96 00 04 08 12 出場回数
UEFA
イギリス イギリス Y 1
ギリシャ ギリシャ Y 1
スウェーデン スウェーデン Y Y 4 Y Y 5
デンマーク デンマーク Y 1
ドイツ ドイツ Y 3 3 3 4
ノルウェー ノルウェー 3 1 Y 3
フランス フランス 4 1
CONMEBOL
アルゼンチン アルゼンチン Y 1
コロンビア コロンビア Y 1
ブラジル ブラジル 4 4 2 2 Y 5
CONCACAF
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 1 2 1 1 1 5
カナダ カナダ Y 3 2
メキシコ メキシコ Y 1
CAF
カメルーン カメルーン Y 1
ナイジェリア ナイジェリア Y Y Y 3
南アフリカ 南アフリカ Y 1
AFC
オーストラリア オーストラリア Y Y 2
北朝鮮 北朝鮮 Y Y 2
中国 中国 2 Y Y Y 4
日本 日本 Y Y 4 2 4
OFC
ニュージーランド ニュージーランド Y Y 2
96 00 04 08 12 出場回数
大会別出場国数 8 8 10 12 12

結果と統計[編集]

男子[編集]

歴代大会結果[編集]

開催年 開催地 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 1908年 イギリスの旗 ロンドン イギリスの旗 イギリス 2 - 0  デンマーク  オランダ 3 - 2  スウェーデン 6
2 1912年 スウェーデンの旗 ストックホルム イギリスの旗 イギリス 4 - 2  デンマーク  オランダ 9 - 0  フィンランド 11
3 1920年 ベルギーの旗 アントワープ  ベルギー -----[21]  スペイン  オランダ -----  イタリア 14
4 1924年 フランスの旗 パリ  ウルグアイ 3 - 0  スイス  スウェーデン 1 - 1
3 - 1 R
 オランダ 22
5 1928年 オランダの旗 アムステルダム  ウルグアイ 1 - 1
2 - 1 R
 アルゼンチン  イタリア 11 - 3  エジプト 17
1932年 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス サッカー競技は開催されず -
6 1936年 ナチス・ドイツの旗 ベルリン  イタリア 2 - 1  オーストリア  ノルウェー 3 - 2  ポーランド 16
7 1948年 イギリスの旗 ロンドン  スウェーデン 2 - 1  ユーゴスラビア  デンマーク 5 - 3  イギリス 18
8 1952年 フィンランドの旗 ヘルシンキ  ハンガリー 3 - 2  ユーゴスラビア  スウェーデン 2 - 0  西ドイツ 25
9 1956年 オーストラリアの旗 メルボルン  ソビエト連邦 1 - 0  ユーゴスラビア  ブルガリア 3 - 0  インド 11
10 1960年 イタリアの旗 ローマ  ユーゴスラビア 3 - 1  デンマーク  ハンガリー 2 - 1  イタリア 16
11 1964年 日本の旗 東京  ハンガリー 4 - 1  チェコスロバキア 東西統一ドイツ 東西統一ドイツ 3 - 1  アラブ連合共和国 13
12 1968年 メキシコの旗 メキシコシティ  ハンガリー 4 - 1  ブルガリア  日本 2 - 0  メキシコ 16
13 1972年 西ドイツの旗 ミュンヘン  ポーランド 2 - 1  ハンガリー  ソビエト連邦
 東ドイツ
2 - 2 [22] 16
14 1976年 カナダの旗 モントリオール  東ドイツ 3 - 1  ポーランド  ソビエト連邦 2 - 0  ブラジル 13
15 1980年 ソビエト連邦の旗 モスクワ  チェコスロバキア 1 - 0  東ドイツ  ソビエト連邦 2 - 0  ユーゴスラビア 16
16 1984年 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス  フランス 2 - 0  ブラジル  ユーゴスラビア 4 - 2 aet  イタリア 16
17 1988年 韓国の旗 ソウル  ソビエト連邦 2 - 1  ブラジル  西ドイツ 3 - 0  イタリア 16
18 1992年 スペインの旗 バルセロナ  スペイン 3 - 2  ポーランド  ガーナ 1 - 0  オーストラリア 16
19 1996年 アメリカ合衆国の旗 アトランタ  ナイジェリア 3 - 2  アルゼンチン  ブラジル 5 - 0  ポルトガル 16
20 2000年 オーストラリアの旗 シドニー  カメルーン 2 - 2 aet
(PK 5 - 3)
 スペイン  チリ 2 - 0  アメリカ合衆国 16
21 2004年 ギリシャの旗 アテネ  アルゼンチン 1 - 0  パラグアイ  イタリア 1 - 0  イラク 16
22 2008年 中華人民共和国の旗 北京  アルゼンチン 1 - 0  ナイジェリア  ブラジル 3 - 0  ベルギー 16
23 2012年 イギリスの旗 ロンドン  メキシコ 2 - 1  ブラジル  韓国 2 - 0  日本 16
24 2016年 ブラジルの旗 リオデジャネイロ

国・地域別メダル受賞数一覧[編集]

2012年のロンドン大会まで、ハンガリーが最多の3度の優勝を誇っている。FIFAワールドカップで最多優勝回数のブラジルは1度も優勝をしたことがない。これは、前述のアマチュア規程が長年続いたことによることが大きいが、プロ解禁後もなお果たせずにいる。

また、戦後の優勝国については、その国が2年後のFIFAワールドカップで優勝したことはない(2010W杯現在)。五輪代表とA代表では(たとえ監督が同じだとしても)メンバーが異なることが一般的であるため、五輪の結果が必ずしもA代表には直結しないといえる。(例外もあり、2004年アテネ大会金メダルのアルゼンチンや4位のイラクは、それぞれ五輪直前のコパ・アメリカアジアカップを五輪とほぼ同じメンバーで戦っており、A代表が五輪に送り込まれたと言える。)

国・地域
1  ハンガリー 3 1 1 5
2  アルゼンチン 2 2 0 4
3  ソビエト連邦 2 0 3 5
4 イギリスの旗 イギリス 2 0 0 2
 ウルグアイ 2 0 0 2
6  ユーゴスラビア 1 3 1 5
7  ポーランド 1 2 0 3
 スペイン 1 2 0 3
9  東ドイツ 1 1 1 3
10  チェコスロバキア 1 1 0 2
 ナイジェリア 1 1 0 2
12  イタリア 1 0 2 3
 スウェーデン 1 0 2 3
14  ベルギー 1 0 0 1
 カメルーン 1 0 0 1
 フランス 1 0 0 1
 メキシコ 1 0 0 1
18  ブラジル 0 3 2 5
19  デンマーク 0 3 1 4
20  ブルガリア 0 1 1 2
21  オーストリア 0 1 0 1
 パラグアイ 0 1 0 1
 スイス 0 1 0 1
24  オランダ 0 0 3 3
25  チリ 0 0 1 1
 ガーナ 0 0 1 1
 日本 0 0 1 1
 ノルウェー 0 0 1 1
 西ドイツ 0 0 1 1
東西統一ドイツ 東西統一ドイツ 0 0 1 1
 韓国 0 0 1 1
23 23 24 70

女子[編集]

歴代大会結果[編集]

開催年 開催地 決勝戦 3位決定戦 出場
国数
優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位
1 1996年 アメリカ合衆国の旗 アトランタ  アメリカ合衆国 2 - 1  中国  ノルウェー 2 - 0  ブラジル 8
2 2000年 オーストラリアの旗 シドニー  ノルウェー 3 - 2 GG  アメリカ合衆国  ドイツ 2 - 0  ブラジル 8
3 2004年 ギリシャの旗 アテネ  アメリカ合衆国 2 - 1 aet  ブラジル  ドイツ 1 - 0  スウェーデン 10
4 2008年 中華人民共和国の旗 北京  アメリカ合衆国 1 - 0 aet  ブラジル  ドイツ 2 - 0  日本 12
5 2012年 イギリスの旗 ロンドン  アメリカ合衆国 2 - 1  日本  カナダ 1 - 0  フランス 12
6 2016年 ブラジルの旗 リオデジャネイロ

国・地域別メダル受賞数一覧[編集]

国・地域
1  アメリカ合衆国 4 1 0 5
2  ノルウェー 1 0 1 2
3  ブラジル 0 2 0 2
4  中国 0 1 0 1
 日本 0 1 0 1
6  ドイツ 0 0 3 3
7  カナダ 0 0 1 1
5 5 5 15

脚注[編集]

  1. ^ サッカー英国統一代表決まる 五輪男子、52年ぶり-朝日新聞デジタル2012年7月3日
  2. ^ 五輪サッカー女子、初の「英国代表」発表 男子は未定 -朝日新聞デジタル2012年6月26日
  3. ^ スポーツ仲裁裁判所(CAS)北京五輪メッシ招集問題プレスリリース-2008年8月6日
  4. ^ 五輪招集、クラブ義務付け FIFA理事会-MSN産経ニュース2012年3月31日付
  5. ^ FIFA規則-国際サッカー連盟(FIFA)公式HP2012年4月3日閲覧
  6. ^ FIFA、派遣強制に強制力あり-SANSPO.COM2012年4月3日付
  7. ^ 「五輪サッカー、21歳以下」FIFA IOC承認必要朝日新聞2009年3月21日 2009年4月20日閲覧
  8. ^ FIFA、夏季五輪の男子で年齢制限の改正は先送りに産経新聞2009年6月1日 2009年6月16日閲覧
  9. ^ 「21歳以下ならチーム数削減」サッカー連盟案にIOC反発産経新聞2009年6月13日 2009年6月16日閲覧
  10. ^ a b c d e 国吉好弘『サッカーマルチ大事典改訂版』2006年4月14日発行
  11. ^ FIFA、五輪サッカーでW杯出場選手に規制サンケイスポーツ2009年6月16日 2009年6月16日閲覧
  12. ^ 南アW杯 準決勝に警告持ち越さず スポニチ
  13. ^ なぜサッカーは開幕前に実施? 選手の体調管理が理由-朝日新聞デジタル2012年7月26日
  14. ^ 2012年のロンドンオリンピックでは、ロンドンから700キロ余り離れたグラスゴーがある
  15. ^ ワールド・カップ物語”. 牛木素吉郎&ビバ!サッカー研究会 (1966年3月). 2013年8月31日閲覧。
  16. ^ オリンピック物語第五部 アマとプロ〈4〉読売新聞-2004年1月24日付
  17. ^ 1956年大会から1988年大会までは「西ドイツ」として出場。このうち、1956年は西ドイツが「東西統一ドイツ」として出場した。
  18. ^ 1964年は東ドイツが「東西統一ドイツ」として出場した。
  19. ^ 1904年大会は、3チーム中2チームがアメリカ合衆国のチームであり、銀メダルと銅メダルを獲得している。
  20. ^ 1972年のサッカー競技出場当時の名称は「ビルマ」(「ビルマ」の名称は1988年ソウル大会まで)。
  21. ^ 決勝戦ハーフタイムにおいて、チェコスロバキアが審判に抗議し途中棄権。結果、対戦相手のベルギーの金メダルとチェコスロバキアの失格が決定。その後、スペインとオランダとの間で2位決定戦が行われ、3-1でスペインが勝利。
  22. ^ 3位決定戦において、ソ連と東ドイツが延長戦を戦った結果2-2で終了。結果、双方に銅メダルを授与した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]