オリンピックのローラースポーツ競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ローラースポーツのピクトグラム
オリンピックのスケートボード競技
Skateboarding pictogram.svg
統括団体 ワールドスケート (略称: WS)
種目数 4 (男子 2, 女子 2)
大会
  • 1896
  • 1900
  • 1904
  • 1908
  • 1912
  • 1920
  • 1924
  • 1928
  • 1932
  • 1936
  • 1948
  • 1952
  • 1956
  • 1960
  • 1964
  • 1968
  • 1972
  • 1976
  • 1980
  • 1984
  • 1988
  • 1992
  • 1996
  • 2000
  • 2004
  • 2008
  • 2012
  • 2016
  • 2020
  • 2024

オリンピックのローラースポーツ競技(オリンピックのローラースポーツきょうぎ)は、近代オリンピック夏季大会ローラースポーツ。主管はワールドスケート(旧称国際ローラースケート連盟、国際ローラースポーツ連盟<FIRS>)。

概要[編集]

1954年5月、アテネでのIOC総会柔道バレーボールアーチェリーローラースケート(のちのローラースポーツ)のオリンピック競技化が検討されるが全競技保留に[1]1992年バルセロナオリンピックでローラーホッケー(のちのリンクホッケー)男子が公開競技として実施される。

2016年8月、IOCは2020年東京オリンピックではFIRSのスケートボードの男女ストリート、男女パークの4種目を追加種目として実施することを決定する。

2019年6月25日、2024年パリオリンピックでの2020年東京オリンピックと同じスケートボード4種目の追加種目採用がIOC総会で事実上、決定した。2020年東京オリンピックで実施状況を検証し、2020年12月のIOC理事会で最終決定することとなった[2]。しかし、東京オリンピックはCOVID-19流行の影響で1年延期となった。

メダルランキング国別一覧[編集]

国・地域
1 日本 日本 (JPN) 3 1 1 5
2 オーストラリア オーストラリア (AUS) 1 0 0 1
3 ブラジル ブラジル (BRA) 0 3 0 3
4 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 0 0 2 2
5 イギリス イギリス (GBR) 0 0 1 1
4 4 4 12

各大会ごとの実施種目[編集]

D:公開競技、A:追加種目、a:追加種目事実上決定 2020年10月現在

実施種目 1992 2020 2024
ローラーホッケー男子 D
スケートボードストリート男子 A a
スケートボードストリート女子 A a
スケートボードパーク男子 A a
スケートボードパーク女子 A a
種目数 1 4 4

出典[編集]

  1. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳 『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本 東京 (原著1999年11月21日)。ISBN 4871522059。"オリンピックの柔道競技"。 
  2. ^ ブレークダンスなど追加 24年パリ五輪、野球落選”. 朝日新聞デジタル (2019年6月26日). 2019年6月26日閲覧。