永井龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
永井 龍 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナガイ リョウ
ラテン文字 NAGAI Ryo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-05-23) 1991年5月23日(27歳)
出身地 兵庫県西宮市
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 松本山雅FC
ポジション FW
背番号 38
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2015 セレッソ大阪 47 (3)
2012-2014 パース・グローリーFC (loan) 26 (4)
2015 大分トリニータ (loan) 9 (2)
2016 V・ファーレン長崎 41 (17)
2017 名古屋グランパス 23 (6)
2018- 松本山雅FC
1. 国内リーグ戦に限る。2018年2月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

永井 龍(ながい りょう、1991年5月23日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロサッカー選手Jリーグ松本山雅FC所属。ポジションはフォワード。兄は元フットサル選手の永井義文

略歴[編集]

ユース経歴[編集]

中学生時代からセレッソ大阪のアカデミーでプレーし、2007年繰り上がりでC大阪U-18に入団。2008年Jユースカップでは決勝まで進むも、ガンバ大阪ユースに敗退し準優勝となっている[1]2009年日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会で優勝した[2]。ユース時代から年代別の日本代表に選出されていた。

プロ経歴[編集]

2010年にC大坂のトップチームに昇格。シーズン後半戦から徐々に出場機会を増やした。

2011年6月24日、C大阪との契約をプロC契約からプロA契約に変更した[3]

2012年9月12日Aリーグパース・グローリーFCに期限付き移籍が発表された[4][5]。当初は2012年10月1日から2013年1月31日までの契約だったが、契約を何度か延長し、最終的に2014年1月31日までの1年半プレーをした[6]。2014年1月11日にC大阪への復帰が発表された[7]

2015年3月大分トリニータへ期限付き移籍。契約は2015年3月23日から7月12日までの期間[8][9]。同年7月に期限付き移籍期間満了の為C大坂に復帰した。

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦FC大阪戦で腎損傷で入院[10]。一時は生死をさまよう状態であったことも後にあかした。

2016年V・ファーレン長崎に完全移籍[11][12]。J2開幕戦となったツエーゲン金沢戦で、移籍後初ゴールを決めた。2016年3月22日には一般女性との入籍を発表[13]5月3日の第11節ギラヴァンツ北九州戦でのゴールは5月の月間最優秀ゴールとなるなど、最終的に17得点をマークした。

2017年、J2に降格した名古屋グランパスに完全移籍で加入[14][15][16]

2018年より松本山雅FCに完全移籍で加入[17]

所属クラブ[編集]

ユース経歴[編集]

  • 1997年 - 2003年 西宮少年サッカークラブ
  • 2004年 - 2006年 セレッソ大阪U-15
  • 2007年 - 2009年 セレッソ大阪U-18 (兵庫県立西宮南高等学校)

プロ経歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2010 C大阪 29 J1 7 0 0 0 2 2 9 2
2011 19 10 0 0 0 0 0 10 0
2012 8 0 5 0 0 0 13 0
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
2012-13 パース 12 Aリーグ 17 2 0 0 0 0 17 2
2013-14 8 9 2 0 0 0 0 9 2
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 C大阪 9 J1 21 3 2 0 3 1 26 4
2015 J2 0 0 - - 0 0
大分 36 9 2 - - 9 2
C大阪 9 1 0 - 1 1 2 1
2016 長崎 41 17 - 0 0 41 17
2017 名古屋 38 23 6 - 2 1 25 7
2018 松本 -
通算 日本 J1 46 3 7 0 5 3 58 6
日本 J2 74 25 - 3 2 77 27
オーストラリア Aリーグ 26 4 0 0 0 0 26 4
総通算 146 32 7 0 8 5 161 37
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2011 C大阪 19 1 0
2014 9 2 0
通算 AFC 3 0

代表歴[編集]

  • U-16日本代表
  • U-17日本代表
  • U-18日本代表
  • U-19日本代表
  • U-22日本代表

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ <Jユース杯>後半4発!G大阪が「大阪ダービー」制し戴冠!”. ゲキサカ (2008年12月27日). 2017年1月26日閲覧。
  2. ^ <日本クラブユース選手権(U-18)>耐えたC大阪U-18、ラッキーな決勝点でCY日本一に”. ゲキサカ (2009年8月2日). 2017年1月25日閲覧。
  3. ^ C大阪の永井がA契約”. ゲキサカ (2011年6月24日). 2017年1月25日閲覧。
  4. ^ C大阪若手FW永井が豪州に期限付き移籍”. ゲキサカ (2012年9月12日). 2017年1月25日閲覧。
  5. ^ 永井 龍選手 パース・グローリーFCに期限付き移籍のお知らせ”. セレッソ大阪 (2012年9月12日). 2017年1月25日閲覧。
  6. ^ C大阪FW永井龍、豪リーグへの移籍期間延長…昨季は17試合2得点”. ゲキサカ (2013年7月12日). 2017年1月25日閲覧。
  7. ^ C大阪、FW永井龍の復帰を発表”. ゲキサカ (2014年1月11日). 2017年1月25日閲覧。
  8. ^ 永井龍選手 セレッソ大阪より期限付き移籍加入のお知らせ, , 大分トリニータ, (2015年3月27日), http://www.oita-trinita.co.jp/news/2015033039/ 2017年1月25日閲覧。 
  9. ^ 永井龍選手 大分トリニータに期限付き移籍のお知らせ, , セレッソ大阪, (2015年3月23日), https://www.cerezo.jp/news/2015-03-23/ 2017年1月25日閲覧。 
  10. ^ C大阪FW永井が腎損傷で入院”. ゲキサカ (2015年9月4日). 2017年1月25日閲覧。
  11. ^ 永井龍選手 V・ファーレン長崎へ完全移籍のお知らせ, , セレッソ大阪, (2016年12月25日), https://www.cerezo.jp/news/2015-12-25-3/ 2017年1月25日閲覧。 
  12. ^ C大阪FW永井龍ら3選手が長崎に完全移籍!「いつかは“日本の大砲”に」”. ゲキサカ (2016年12月25日). 2017年1月27日閲覧。
  13. ^ 「病室でいつも支え、励ましてくれた」長崎FW永井が一般女性と入籍”. ゲキサカ (2016年3月22日). 2017年1月25日閲覧。
  14. ^ 永井 龍選手 名古屋グランパスへ完全移籍のお知らせ, , V・ファーレン長崎, (2016年12月26日), http://www.v-varen.com/news/45361.html 2017年1月26日閲覧。 
  15. ^ 永井 龍選手、移籍加入のお知らせ, , 名古屋グランパス, (2016年12月26日), http://nagoya-grampus.jp/news/pressrelease/2016/1226post-714.php 2017年1月26日閲覧。 
  16. ^ 名古屋に長崎FW永井が完全移籍、広島MF宮原が期限付き移籍で加入”. ゲキサカ (2016年12月26日). 2017年1月26日閲覧。
  17. ^ 永井龍選手 完全移籍加入のお知らせ, , 松本山雅FC, (2018年1月6日), http://www.yamaga-fc.com/archives/119248 2018年9月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]