永井龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永井 龍 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナガイ リョウ
ラテン文字 NAGAI Ryo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-05-23) 1991年5月23日(26歳)
出身地 兵庫県西宮市
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 名古屋グランパス
ポジション FW
背番号 38
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2010-2015 日本の旗 セレッソ大阪 47 (3)
2012-2014 オーストラリアの旗 パース・グローリーFC (loan) 26 (4)
2015 日本の旗 大分トリニータ (loan) 9 (2)
2016 日本の旗 V・ファーレン長崎 41 (17)
2017- 日本の旗 名古屋グランパス
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

永井 龍(ながい りょう、1991年5月23日 - )は、兵庫県西宮市出身のプロサッカー選手名古屋グランパス所属。ポジションはフォワード。兄はフットサル選手の永井義文

略歴[編集]

ユース経歴[編集]

中学生時代からセレッソ大阪のユースチームでプレーしていて、2007年繰り上がりでセレッソ大阪U-18に入団。2008年Jリーグユース選手権大会で決勝まで進むも、ガンバ大阪ユースに敗退し、準優勝となっている[1]2009年日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会で優勝した[2]

ユース時代から年代別の日本代表に選出されていた。

プロ経歴[編集]

2010年にセレッソのトップチームに昇格。シーズン後半戦から徐々に出場機会を増やした。

2011年6月24日セレッソ大阪との契約をプロC契約からプロA契約に変更した[3]

2012年9月12日Aリーグパース・グローリーFCに期限付き移籍を発表、[4][5]。当初は2012年10月1日から2013年1月31日までの契約だったが、契約を何度か延長し、2014年1月31日までの1年半プレーをした[6]。2014年1月11日にセレッソ大阪への復帰を発表[7]

2015年3月大分トリニータへの期限付き移籍を発表。契約は2015年3月23日から7月12日までの期間[8][9]

2015年7月に大分トリニータからセレッソ大阪に復帰するも第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦FC大阪戦で腎損傷で入院[10]。一時は生死をさまよう状態であったことも後にあかした。

2015年12月25日V・ファーレン長崎に完全移籍を発表[11][12]。J2開幕戦となったツエーゲン金沢戦で、移籍後初ゴールを決めた。2016年3月22日には一般女性との入籍を発表[13]5月3日の第11節ギラヴァンツ北九州戦でのゴールは5月の月間最優秀ゴールとなるなど、最終的に17ゴールを決める活躍をした。

2016年12月26日、J2に降格した名古屋グランパスに完全移籍で加入した[14][15][16]

人物[編集]

セールスポイントは筋肉。鍛え始めたきっかけは中学生の時に相手選手の膝が腹部に入り手術するほどの怪我を負った事から。

所属クラブ[編集]

ユース経歴[編集]

  • 1997年 - 2003年 西宮少年サッカークラブ
  • 2004年 - 2006年 セレッソ大阪U-15
  • 2007年 - 2009年 セレッソ大阪U-18 (兵庫県立西宮南高等学校)

プロ経歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2010 C大阪 29 J1 7 0 0 0 2 2 9 2
2011 19 10 0 0 0 0 0 10 0
2012 8 0 5 0 0 0 13 0
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯 FFA杯 期間通算
2012-13 パース 12 Aリーグ 17 2 0 0 0 0 17 2
2013-14 8 9 2 0 0 0 0 9 2
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2014 C大阪 9 J1 21 3 2 0 3 1 26 4
2015 J2 0 0 - - 0 0
大分 36 9 2 - - 9 2
C大阪 9 1 0 - 1 1 2 1
2016 長崎 41 17 - 0 0 41 17
2017 名古屋 38 -
通算 日本 J1 46 3 7 0 5 3 58 6
日本 J2 51 19 - 1 1 52 20
オーストラリア Aリーグ 26 4 0 0 0 0 26 4
総通算 123 26 7 0 6 4 136 30
  • 2012-13年
    • Aリーグファイナルシリーズ 1試合1得点
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2011 C大阪 19 1 0
2014 9 2 0
通算 AFC 3 0

代表歴[編集]

  • U-16日本代表
  • U-17日本代表
  • U-18日本代表
  • U-19日本代表
  • U-22日本代表

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ <Jユース杯>後半4発!G大阪が「大阪ダービー」制し戴冠!”. ゲキサカ (2008年12月27日). 2017年1月26日閲覧。
  2. ^ <日本クラブユース選手権(U-18)>耐えたC大阪U-18、ラッキーな決勝点でCY日本一に”. ゲキサカ (2009年8月2日). 2017年1月25日閲覧。
  3. ^ C大阪の永井がA契約”. ゲキサカ (2011年6月24日). 2017年1月25日閲覧。
  4. ^ C大阪若手FW永井が豪州に期限付き移籍”. ゲキサカ (2012年9月12日). 2017年1月25日閲覧。
  5. ^ 永井 龍選手 パース・グローリーFCに期限付き移籍のお知らせ”. セレッソ大阪 (2012年9月12日). 2017年1月25日閲覧。
  6. ^ C大阪FW永井龍、豪リーグへの移籍期間延長…昨季は17試合2得点”. ゲキサカ (2013年7月12日). 2017年1月25日閲覧。
  7. ^ C大阪、FW永井龍の復帰を発表”. ゲキサカ (2014年1月11日). 2017年1月25日閲覧。
  8. ^ 永井龍選手 セレッソ大阪より期限付き移籍加入のお知らせ”. 大分トリニータ (2015年3月27日). 2017年1月25日閲覧。
  9. ^ 永井龍選手 大分トリニータに期限付き移籍のお知らせ”. セレッソ大阪 (2015年3月23日). 2017年1月25日閲覧。
  10. ^ C大阪FW永井が腎損傷で入院”. ゲキサカ (2015年9月4日). 2017年1月25日閲覧。
  11. ^ 永井龍選手 V・ファーレン長崎へ完全移籍のお知らせ”. セレッソ大阪 (2016年12月25日). 2017年1月25日閲覧。
  12. ^ C大阪FW永井龍ら3選手が長崎に完全移籍!「いつかは“日本の大砲”に」”. ゲキサカ (2016年12月25日). 2017年1月27日閲覧。
  13. ^ 「病室でいつも支え、励ましてくれた」長崎FW永井が一般女性と入籍”. ゲキサカ (2016年3月22日). 2017年1月25日閲覧。
  14. ^ 永井 龍選手 名古屋グランパスへ完全移籍のお知らせ”. V・ファーレン長崎 (2016年12月26日). 2017年1月26日閲覧。
  15. ^ 永井 龍選手、移籍加入のお知らせ”. 名古屋グランパス (2016年12月26日). 2017年1月26日閲覧。
  16. ^ 名古屋に長崎FW永井が完全移籍、広島MF宮原が期限付き移籍で加入”. ゲキサカ (2016年12月26日). 2017年1月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]