ラモン・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラモン・ディアス Football pictogram.svg
Ramón Díaz (25383125054) (2) (cropped).jpg
名前
本名 ラモン・アンヘル・ディアス
Ramón Ángel Díaz
愛称 禿げ (El Pelado)
ラテン文字 Ramón DÍAZ
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1959-08-29) 1959年8月29日(58歳)
出身地 ラ・リオハ
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1981 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 123 (57)
1982-1983 イタリアの旗 ナポリ 25 (3)
1983-1986 イタリアの旗 アヴェッリーノ 78 (22)
1986-1988 イタリアの旗 フィオレンティーナ 53 (17)
1988-1989 イタリアの旗 インテル・ミラノ 33 (12)
1989-1991 モナコの旗 モナコ 60 (24)
1991-1992 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 52 (27)
1993-1995 日本の旗 横浜マリノス 75 (52)
代表歴2
1979 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 6 (8)
1979-1982 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 22 (10)
監督歴
1995-2000 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
2001-2002 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
2004-2005 イングランドの旗 オックスフォードU
2007-2008 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ
2008-2009 メキシコの旗 アメリカ
2010-2011 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ
2011-2012 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
2012-2014 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
2014-2016 パラグアイの旗 パラグアイ
2016-2018 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
2018- サウジアラビアの旗 アル・イテハド
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月12日現在。
2. 2014年11月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラモン・アンヘル・ディアス(Ramón Ángel Díaz, 1959年8月29日 - )は、アルゼンチンラ・リオハ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

選手時代経歴[編集]

初期経歴[編集]

U-20アルゼンチン代表の一員としてのぞんだ1979年ワールドユース選手権で大会得点王に輝き、最優秀選手に選ばれたディエゴ・マラドーナと共にチームを優勝に導く立役者となる。この活躍が認められ、翌1980年にはフル代表デビューを果たし、レギュラーとして活躍。

1982年にはスペインで行われたワールドカップにも出場し(同大会の開幕戦のキックオフは、ディアスからマラドーナへのパスであった)、ブラジル戦ではゴールを記録。しかし、マラドーナの退場などによりこの試合に敗れ、チームは2次リーグで姿を消すこととなった。結果的には、これがディアスの最後の代表戦となった。代表の決定力不足が指摘され、ディアスの復帰要望が国民から出たこともあったが、結局復帰することはなかった。当時のアルゼンチン代表は、マラドーナを中心としたチームづくりを行っていたため、確執のあったディアスが外されたという説も根強いが、マラドーナは著書でそのことを否定、逆に1986年大会、1990年大会のメンバーに呼ぶべきだと代表監督に主張したとしている[1][2]

ヨーロッパでの活躍[編集]

クラブでは1982年にSSCナポリへ移籍したのを皮切りにセリエAを中心に活躍、ストライカーとして確固たる地位を築き上げた。インテル・ミラノでは1988-89シーズン、ローター・マテウスアンドレアス・ブレーメらとともにプレー、ディアスとアルド・セレーナのツートップは得点を量産、ディアス自身は12得点を決め[3] 、チーム8年ぶりのスクデット獲得に貢献[1]1989年から1991年にはアーセン・ベンゲル率いるASモナコに移籍し、クープ・ドゥ・フランスの優勝に貢献した[1]

Jリーグ横浜マリノスでの活躍[編集]

1993年に開幕したJリーグにおいて、横浜マリノスに在籍。ゲーリー・リネカーなどすでにピークを過ぎ活躍できなかったスター選手が多い中で、ディアスは1993年6月26日の市原戦、6月30日の浦和戦と、Jリーグで初めて2試合連続ハットトリックを決めるなど[4]、32試合で28ゴールを挙げ、Jリーグ初代得点王、Jリーグベストイレブンに輝いた。2年目の1994年も主力として活躍。前述の2試合以外に1993年12月8日対横浜F、1994年4月13日対名古屋戦と、Jリーグでは通算4回のハットトリックを達成した[4]

1995年ホルヘ・ソラーリ新監督のスタイルに合わないと判断したディアスは、6試合に出場したのみで、シーズン前半にチームを退団、そのまま現役を引退することとなった。ほとんど左足だけでゴールを量産したが、現役最後のゴールは右足で決めたものとなった。

指導者経歴[編集]

引退後にはリーベル・プレートの監督に就任、フランチェスコリ、オルテガらと共にリーグ優勝だけでなく、1996年にリーベルに10年ぶりとなるコパ・リベルタドーレス優勝、1997年には南米スーパーカップ優勝をもたらした[1]。指導者としても高く評価されている。ホルヘ・ソラーリとはウマが合わなかったディアスだが、ホルヘの甥であるサンティアゴ・ソラーリをデビューさせた。

2014年12月4日、パラグアイ代表の監督に就任した[5]

プレースタイル[編集]

試合中にほぼ右足を使用しない極端なレフティーであった。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯アルヘンティーナ杯 期間通算
1978-79 リーベル・プレート プリメーラ 20 8
1979-80 43 23
1980-81 43 22
1981-82 17 4
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1982-83 ナポリ セリエA 25 3
1983-84 アヴェッリーノ 24 7
1984-85 27 5
1985-86 27 10
1986-87 フィオレンティーナ 29 10
1987-88 24 7
1988-89 インテル・ミラノ 33 12
フランス リーグ戦 F・リーグ杯フランス杯 期間通算
1989-90 モナコ ディヴィジョン・アン 28 15
1990-91 32 19
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯アルヘンティーナ杯 期間通算
1991-92 リーベル・プレート プリメーラ 31 20
1992-93 21 7
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 横浜M - J 32 28 5 3 3 0 40 31
1994 37 23 3 1 4 3 44 27
1995 6 1 - - 6 1
通算 アルゼンチン プリメーラ 175 84
イタリア セリエA 189 54
フランス ディヴィジョン・アン 60 34
日本 J 75 52 8 4 7 3 90 59
総通算 499 224

代表歴[編集]

タイトル[編集]

選手として[編集]

クラブ[編集]

リーベル・プレート
インテル・ミラノ
モナコ

代表[編集]

U-20アルゼンチン代表

個人[編集]

指導者として[編集]

リーベル・プレート
サン・ロレンソ
  • プリメーラ・ディビシオン : 2006-07C

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Ramon Diaz: Globe-trotting thoroughbred commits to Oxford cause”. Independent.co.uk. 2018年3月3日閲覧。
  2. ^ Ramon Angel Diaz”. Ramon Diaz.com. 2018年3月3日閲覧。
  3. ^ “7,5 a Berti (escluso il look)”. la Repubblica. (30 maggio 1989). http://ricerca.repubblica.it/repubblica/archivio/repubblica/1989/05/30/berti-escluso-il-look.html 30 ottobre 2016閲覧。 
  4. ^ a b ハットトリック一覧-Jleague Data site 2018年2月10日
  5. ^ サッカーキング (2014年12月5日). “Jリーグ初代得点王のラモン・ディアス氏、パラグアイ代表監督就任”. 2014年12月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]