ラモン・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラモン・ディアス Football pictogram.svg
Ramón Díaz (25383125054) (2) (cropped).jpg
名前
本名 ラモン・アンヘル・ディアス
Ramón Ángel Díaz
愛称 禿げ (El Pelado)
ラテン文字 Ramón DÍAZ
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1959-08-29) 1959年8月29日(57歳)
出身地 ラ・リオハ
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1981 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 123 (57)
1982-1983 イタリアの旗 ナポリ 25 (3)
1983-1986 イタリアの旗 アヴェッリーノ 78 (22)
1986-1988 イタリアの旗 フィオレンティーナ 53 (17)
1988-1989 イタリアの旗 インテル・ミラノ 33 (12)
1989-1991 モナコの旗 モナコ 60 (24)
1991-1992 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 52 (27)
1993-1995 日本の旗 横浜マリノス 75 (52)
代表歴2
1979 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 6 (8)
1979-1982 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 22 (10)
監督歴
1995-2000 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
2001-2002 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
2004-2005 イングランドの旗 オックスフォードU
2007-2008 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ
2008-2009 メキシコの旗 アメリカ
2010-2011 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ
2011-2012 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ
2012-2014 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
2014-2016 パラグアイの旗 パラグアイ
2016- サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月12日現在。
2. 2014年11月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ラモン・アンヘル・ディアス(Ramón Ángel Díaz, 1959年8月29日 - )は、アルゼンチンラ・リオハ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

選手経歴[編集]

U-20アルゼンチン代表の一員としてのぞんだ1979年ワールドユース選手権で大会得点王に輝き、最優秀選手に選ばれたディエゴ・マラドーナと共にチームを優勝に導く立役者となる。この活躍が認められ、翌1980年にはフル代表デビューを果たし、レギュラーとして活躍。

1982年にはスペインで行われたワールドカップにも出場し(同大会の開幕戦のキックオフは、ディアスからマラドーナへのパスであった)、ブラジル戦ではゴールを記録。しかし、マラドーナの退場などによりこの試合に敗れ、チームは2次リーグで姿を消すこととなった。

結果的には、これがディアスの最後の代表戦となった。代表の決定力不足が指摘され、ディアスの復帰要望が国民から出たこともあったが、結局復帰することはなかった。当時のアルゼンチン代表は、マラドーナを中心としたチームづくりを行っていたため、確執のあったディアスが外されたという説も根強い(ダニエル・パサレラも、同じ理由から代表を外されたと言われている[要出典])。代表には縁がなくなったディアスだが、クラブでは1982年にSSCナポリへ移籍したのを皮切りにセリエAを中心に活躍、ストライカーとして確固たる地位を築き上げた。インテル・ミラノでは1988-89シーズン、ローター・マテウスアンドレアス・ブレーメらとともにプレー、ディアスとアルド・セレーナのツートップは得点を量産、ディアス自身は12得点を決め[1] 、チーム8年ぶりのスクデット獲得に貢献。1989年から1991年にはアーセン・ベンゲル率いるASモナコに移籍し、クープ・ドゥ・フランスの優勝に貢献した。

1993年に開幕したJリーグにおいて、横浜マリノスに在籍。ゲーリー・リネカーなどすでにピークを過ぎ活躍できなかったスター選手が多い中で、ディアスはJリーグで初めて2試合連続ハットトリックを決めるなど32試合で28ゴールを挙げ、Jリーグ初代得点王、Jリーグベストイレブンに輝いた。2年目の1994年も主力として活躍。

1995年ホルヘ・ソラーリ新監督のスタイルに合わないと判断したディアスは、6試合に出場したのみで、シーズン前半にチームを退団、そのまま現役を引退することとなった。ほとんど左足だけでゴールを量産し、当時日本では黄金の左足と呼ばれるほどだったが、現役最後のゴールは右足で決めたものとなった。

指導者経歴[編集]

引退後にはリーベル・プレートの監督に就任、フランチェスコリ、オルテガらと共にリーグ優勝だけでなく、1996年にリーベルに10年ぶりとなるコパ・リベルタドーレス優勝、1997年には南米スーパーカップ優勝をもたらした。指導者としても高く評価されている。ホルヘ・ソラーリとはウマが合わなかったディアスだが、ホルヘの甥であるサンティアゴ・ソラーリは選手として高く評価し[要出典]、重用していた。

2014年12月4日、パラグアイ代表の監督に就任した[2]

人物[編集]

試合中にほとんど右足を使用しない極端なレフティーである。

性格は同時期に活躍したマラドーナとは対照的に、人格者とされている。両者が引退した後にマラドーナが問題行動を起こし、世間中から批判されていた際には、確執があったとされるにもかかわらず「いつでも助けになる」と発言したこともある[要出典]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
1978-79 リーベル・プレート プリメーラ 20 8
1979-80 43 23
1980-81 43 22
1981-82 17 4
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1982-83 ナポリ セリエA 25 3
1983-84 アヴェッリーノ 24 7
1984-85 27 5
1985-86 27 10
1986-87 フィオレンティーナ 29 10
1987-88 24 7
1988-89 インテル・ミラノ 33 12
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
1989-90 モナコ ディヴィジョン・アン 28 15
1990-91 32 19
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
1991-92 リーベル・プレート プリメーラ 31 20
1992-93 21 7
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 横浜M - J 32 28 5 3 3 0 40 31
1994 37 23 3 1 4 3 44 27
1995 6 1 - - 6 1
通算 アルゼンチン プリメーラ 175 84
イタリア セリエA 189 54
フランス ディヴィジョン・アン 60 34
日本 J 75 52 8 4 7 3 90 59
総通算 499 224

代表歴[編集]

タイトル[編集]

選手として[編集]

クラブ[編集]

リーベル・プレート
インテル・ミラノ
モナコ

代表[編集]

U-20アルゼンチン代表

個人[編集]

指導者として[編集]

リーベル・プレート
サン・ロレンソ
  • プリメーラ・ディビシオン : 2006-07C

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]