フランク・オルデネビッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オルデネビッツ Football pictogram.svg
名前
愛称 オッツェ(Otze)
ラテン文字 Frank ORDENEWITZ
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1965-03-25) 1965年3月25日(54歳)
出身地 ドルフマルク
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
1987 西ドイツの旗 西ドイツ 2 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランク・オルデネビッツ(Frank Ordenewitz、1965年3月25日-)は、ドイツニーダーザクセン州ドルフマルク出身のサッカー選手。ポジションはフォワード

経歴[編集]

オッツェの愛称で親しまれ、1988年のブレーメンのドイツ・ブンデスリーガ制覇に貢献した。1993年Jリーグジェフユナイテッド市原に移籍、1994年に得点王も獲得したが家庭の事情で退団した。1996年リトバルスキーの要請に応じブランメル仙台に移籍するがチームをJリーグに押し上げることは出来ず1年で退団した。その後はドイツのアマチュアリーグでプレーを続けた。一旦現役を退いたが2005年9月に現役復帰した。

現役時代、優勝のかかった試合で自らのファウルを審判に自己申告し、チームはそのために優勝を逃したことがある。その潔いスポーツマンシップに対し、FIFAフェアプレー賞が贈られた[1]

得点王を獲得しながらも、ベストイレブンに選出されなかった。これは、2016年シーズン得点王のピーター・ウタカがベストイレブンに選出されないまで、Jリーグ史上唯一の出来事であった。

2011年5月17日、ドルトムントで行われた東日本大震災復興支援の慈善試合にJリーグOBとして出場した[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
1983-84 ブレーメン ブンデス 5 0
1984-85 9 1
1985-86 24 7
1986-87 30 8
1987-88 30 15
1988-89 27 6
1989-90 1.FCケルン 30 3
1990-91 31 7
1991-92 35 11
1992-93 30 9
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 市原 - J 15 7 6 3 3 0 24 10
1994 - 40 30 1 0 2 0 43 30
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
1994-95 ハンブルガーSV ブンデス 15 0
1995-96 6 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1996 B仙台 11 旧JFL 28 20 0 0 3 5 31 25
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
1996-97 ローテンブルガーSV
1997-98 オルデンブルク レギオナル 28 3
1998-99
通算 ドイツ ブンデス 272 68
ドイツ レギオナル 28 3
日本 J 55 37 7 3 5 0 67 40
日本 旧JFL 28 20 0 0 3 5 31 25
総通算 383 128

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]