薩川了洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
薩川 了洋 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サツカワ ノリヒロ
ラテン文字 SATSUKAWA Norihiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-04-18) 1972年4月18日(45歳)
出身地 静岡県
身長 175cm[1]
体重 72kg[1]
選手情報
ポジション DF
ユース
清水市立商業高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1992 全日空サッカークラブ 12 (0)
1992-1998 横浜フリューゲルス 150 (1)
1999-2005 柏レイソル 161 (1)
監督歴
2010-2012 AC長野パルセイロ
2013-2015 FC琉球
2016 SC相模原
2017- 奈良クラブ
1. 国内リーグ戦に限る。2011年3月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

薩川 了洋(さつかわ のりひろ、1972年4月18日 - )は、静岡県出身の元サッカー選手DF)、サッカー指導者。

来歴[編集]

現役時代[編集]

高校卒業後、全日空に加入。Jリーグ参加に向け、チームが横浜フリューゲルスとなった後もセンターバックおよび右サイドバックとしてプレーした。1998年シーズン終了後に横浜Fが横浜マリノスと合併したため、1999年に柏レイソルに移籍。ディフェンスの中心選手として活躍した。2003年10月26日、J1セカンドステージの浦和レッドダイヤモンズ戦、相手FWエメルソンと交錯した際、右足下腿部を骨折する大怪我をした。全治8ヶ月と診断され、壮絶なリハビリに励む。実践練習再開直後の練習試合で眉付近を切る怪我もあったが、翌年の2004年8月29日サンフレッチェ広島F.C戦で復帰し、フル出場した。2005年シーズンをもって現役を引退。

指導者[編集]

引退後、柏のフロントスタッフに転身。2007年シーズンより柏の普及部コーチとして指導者の道へ進み、2008年より、柏からの出向という形でAC長野パルセイロのコーチに就任。 2010年シーズンより柏からの出向のまま長野の監督に就任し(少なくとも、2011年シーズンまでは柏からの出向であったことが明らかになっている[2])、長野をJFL昇格に導いた。また2011年シーズンは地域リーグ時代からの選手を大きく入れ替えることなく、走力や守備力を重視したチームを作り上げ、リーグ参入1年目にして2位という成績を挙げた。2012年シーズン終了をもってクラブ側の「今が将来のクラブと地域の発展に向けた大きな転換期である」との判断により長野の監督を退任[3]

2013年より当時JFL所属のFC琉球監督に就任。3シーズン監督を務め、2015年シーズン終了をもってFC琉球の監督を退任した[4]

2016年よりSC相模原の監督に就任[5]したが、中断期間中に行われた神奈川県サッカー選手権大会天皇杯神奈川県予選)敗退直後に退任を申し出、8月18日に監督退任と強化部への異動が発表された[6]

2017年より奈良クラブの監督に就任した[7]

エピソード[編集]

  • 愛称は「半袖仕事人半袖隊長とも)」。理由は寒い気候での試合中も常に半袖のユニフォームでプレーしていたことから。そのことから横浜Fサポーター、レイソルサポーターに「半袖隊」という薩川サポーターがいたほど。だが、その薩川本人はトークショーで「半袖で寒くないですか」と言われた際に「寒い」と答えたが、「自分が長袖にすると『長袖隊』になっちゃうから」と半袖を貫いた [1]
  • 特技は早着替え。着替えの速さでは他の追随を許さなかった。横浜Fで共にプレーしたジーニョは、帰国する際「心残りは薩川より早くシャワーから出られなかったこと」とコメントを残した。
  • 横浜Fが横浜Mとの合併を発表し(1999年から横浜F・マリノス)、最後の公式戦となった第78回天皇杯全日本サッカー選手権大会にも参加。準決勝の鹿島アントラーズ戦まで4試合全てに出場したが、この試合で退場となり、決勝の清水エスパルス戦は出場停止となった。チームは優勝し、薩川も有終の美を飾った。
  • JSLを含む14シーズンのうち12シーズンでリーグ戦の半数以上の試合に出場し、チームでの信頼は厚かったが、日本代表には一度も招集されなかった。J1リーグ戦で311試合出場は代表経験のない選手としては最多で、30人を超える300試合出場選手の中で代表未経験者は薩川と岡山哲也(306試合出場)の2人のみである。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1991-92 全日空 - JSL1部 12 0 0 0
1992 横浜F - J - 1 0
1993 - 20 0 5 0 4 0 29 0
1994 - 35 0 2 0 2 0 39 0
1995 - 14 0 - 0 0 14 0
1996 - 22 1 14 2 2 0 38 3
1997 3 27 0 10 0 5 0 42 0
1998 32 0 4 0 4 0 40 0
1999 J1 28 0 8 0 4 0 40 0
2000 28 0 2 0 2 0 32 0
2001 26 1 4 0 1 0 31 1
2002 28 0 5 0 1 0 34 0
2003 24 0 1 0 0 0 25 0
2004 8 0 0 0 1 0 9 0
2005 19 0 3 0 1 0 23 0
通算 日本 J1 311 2 59 2
日本 JSL1部 12 0 0 0
総通算 323 2 59 2

指導歴[編集]

  • 2007年 - 不明 柏レイソル 普及部コーチ
    • 2008年 - 2009年 AC長野パルセイロコーチ(柏より出向)
    • 2010年 - 2012年 AC長野パルセイロ監督
  • 2013年 - 2015年 FC琉球 監督
  • 2016年 - 同年8月 SC相模原 監督
  • 2017年 -  奈良クラブ 監督

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 リーグ杯 天皇杯
2010 長野 北信越1部 優勝 38 14 12 2 0 - 県予選敗退
2011 JFL 2位 63 33 19 6 8 - 県予選敗退
2012 2位 58 32 17 7 8 - 3回戦
2013 琉球 11位 46 34 12 10 12 - 2回戦
2014 J3 9位 34 33 8 10 15 - 2回戦
2015 9位 45 36 12 9 15 - 2回戦
2016 相模原 7位 30 20 8 6 6 - 県予選敗退
2017 奈良 JFL -
  • 2016年の成績は退任時点の成績。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2005』p72
  2. ^ “薩川了洋アカデミーコーチ 来季もAC長野パルセイロの監督に” (プレスリリース), 柏レイソル, (2010年12月28日), http://blog.reysol.co.jp/news/2010/010250.html 2016年8月18日閲覧。 
  3. ^ “薩川監督勇退のお知らせ” (プレスリリース), AC長野パルセイロ, (2012年11月8日), http://www.parceiro.co.jp/news/topic/201211081151.html 2016年8月18日閲覧。 
  4. ^ “薩川了洋監督 退任のお知らせ” (プレスリリース), FC琉球, (2015年10月31日), http://fcryukyu.com/news/1503/ 2015年11月17日閲覧。 
  5. ^ “薩川了洋 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), SC相模原, (2015年12月26日), http://www.scsagamihara.com/wp/archives/33021 2015年12月26日閲覧。 
  6. ^ “薩川監督退任および強化部へ異動のお知らせ” (プレスリリース), SC相模原, (2016年8月18日), http://www.scsagamihara.com/wp/archives/38776 2016年8月18日閲覧。 
  7. ^ “薩川了洋氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 奈良クラブ, (2016年12月13日), http://naraclub.jp/archives/7670 2016年12月13日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]