田口光久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田口 光久 Football pictogram.svg
名前
愛称 ダンゴ
メーランおやじ
カタカナ タグチ ミツヒサ
ラテン文字 TAGUCHI Mitsuhisa
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1955-02-14) 1955年2月14日(62歳)
出身地 秋田県秋田市
身長 175cm[1]
体重 98kg
選手情報
ポジション GK
代表歴
1975-1984 日本の旗 日本 59 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田口 光久(たぐち みつひさ、1955年2月14日 - )は、秋田県河辺郡河辺町(現在の秋田市河辺)出身の元サッカー選手。ポジションはGK

経歴・人物[編集]

秋田市立秋田商業高等学校卒業後の1973年三菱重工サッカー部(現:浦和レッドダイヤモンズ)に入部。同年には日本ユース代表としてAFCユース選手権準優勝に貢献、翌1974年にもユース代表に選出され同大会に出場した。所属する三菱では正GKに横山謙三がいた為、出場機会に恵まれなかったが3年目の1975年にポジションを奪取。翌1976年には日本代表に選出された。代表でも正GKの座を確保する様になり国際Aマッチ59試合に出場。また1982年から1984年まで主将も務め低迷期の日本サッカーを支えた。

引退後は指導者の道へ進み、秋田経法大附属高校青森山田高校のサッカー部監督としてユース年代の育成に努めた。また、その体型からバラエティ番組出演を行う様になり、1991年から1993年頃にかけて、日本テレビ系「とんねるずの生でダラダラいかせて」に出演し、PK対決コーナーでの木梨憲武のパートナーとしてゴールキーパーを務めていた、その際にラーメンが大好物で行った先々の御当地ラーメンを必ず食す事から「メーランおやじ」の愛称がついた。

現在はJリーグ解説者や国際学院高等学校サッカー部総監督として活躍している。

田口は身長175cmであるが、現役時代は相手チームへの重圧を与えることを狙って178cmと高目にしてプロフィールに記載していた[1]。その為、田口は「ゴールキーパーは身長でなく、俊敏な身体動作、ディフェンダーとのコンビネーションなどの総合力が大事である」としており、ヴァヒド・ハリルホジッチ日本代表監督が唱える「ゴールキーパーは身長190cm以上でないと良い選手とはいえない」という主張に対して反論している[1]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1973 三菱 JSL1部 1 0
1974 0 0 -
1975 16 0 -
1976 18 0
1977 18 0
1978 18 0
1979 18 0
1980 1 18 0
1981 18 0
1982 18 0
1983 18 0
通算 日本 JSL1部 161 0
総通算 161 0

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 59試合 0得点(1975-1984)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1975 1 0 1 0 2 0
1976 3 0 3 0 6 0
1977 5 0 21 0 26 0
1978 13 0 11 0 24 0
1979 8 0 7 0 15 0
1980 4 0 0 0 4 0
1981 4 0 7 0 11 0
1982 8 0 14 0 22 0
1983 9 0 12 0 21 0
1984 4 0 3 0 7 0
通算 59 0 79 0 138 0

指導歴[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「190cmないと良いGKとは言えず」ハリルの言葉に耳を疑う『ホンネ炸裂トーク』日刊ゲンダイ 2016年10月28日付(27日発行)号27頁参照

外部リンク[編集]