松永章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松永 章 Football pictogram.svg
名前
愛称 ハイエナ
カタカナ マツナガ アキラ
ラテン文字 MATSUNAGA Akira
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1948-08-08) 1948年8月8日(70歳)
出身地 静岡県
身長 168cm
体重 60kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
ユース
1963-1967 静岡県立藤枝東高校
1967-1971 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1971-1982 日立製作所 176 (82)
代表歴
1973-1976 日本の旗 日本 10 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

松永 章(まつなが あきら、1948年8月8日 - )は、静岡県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ゴールへの嗅覚の鋭さから「ハイエナ」の異名で呼ばれたストライカーである。

来歴[編集]

1967年の藤枝東高校3年次にはキャプテンとして同校を戦後初となる選手権高校総体国体の3冠獲得に導き(なお、3年時の公式戦の記録は72戦70勝2分である)日本ユース代表に選出された。その後、早稲田大学を経て、1971年に日本サッカーリーグ日立製作所サッカー部に入部した。

日立では監督・高橋英辰の厳しい指導の下「走る日立」の異名で呼ばれたチームの中心選手として1972年の日本リーグ初制覇に貢献。また、得点ランキングにも常に顔を出し、釜本邦茂とは毎年激しい得点王争いを繰り広げ、2年連続で得点王(1972年、1973年)に輝いた。JSL通算82得点は釜本、碓井博行に次ぐ第3位。1974年第13節のトヨタ自動車工業サッカー部戦において、ダブルハットトリック(1試合6得点)を記録した。

1973年から1977年にかけて日本代表にも選ばれモントリオールオリンピック予選などに出場したが、同じポジション(純粋なセンターフォワード)に釜本邦茂がおり、また自身も肝心な時期に骨折に見舞われ、国際Aマッチは10試合出場の2得点であった。

引退後は母校の早稲田大学ア式蹴球部の監督を務め、1993年、1994年に全日本大学サッカー選手権大会、1996年に関東大学リーグ優勝に導いた。

2014年5月31日に開催された「サッカーレジェンドマッチ」に出場した[1]

エピソード[編集]

  • 父親の仕事の付き合いの関係で高校卒業後は、名古屋相互銀行に就職が内定していたが、周囲の反対を受け早稲田大学に進学した。大学在学中に名相銀サッカー部は弱体化し、大学卒業の時期には今度は勧誘を受ける事は無かった(のち2部落ちし解散)。就職の際には自身がファンであった東洋工業を希望していたが、早稲田の韓国遠征の際にコーチとして帯同していた高橋英辰の世話となった縁で日立入りを決めた。
  • 1973年、日本人として初のブラジル留学(SEパルメイラス)をしたとされている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1971 日立 13 JSL 11 4 -
1972 JSL1部 14 12 -
1973 9 18 11
1974 18 17 -
1975 18 15 -
1976 5 0
1977 15 4
1978 18 7
1979 18 2
1980 6 17 4
1981 16 4
1982 8 2
通算 日本 JSL1部 176 82
総通算 176 82

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 10試合 2得点(1973-1976)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1973 3 0 6 1 9 1
1974 0 0 7 1 7 1
1975 0 0 0 0 0 0
1976 7 2 2 0 9 2
通算 10 2 15 2 25 4

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1976年1月28日 日本大阪市 ブルガリアの旗 ブルガリア 1-1 引分 親善試合
2 1976年4月11日 イスラエルテルアビブ イスラエルの旗 イスラエル 1-4 敗戦 モントリオール五輪予選

指導歴[編集]

  • 早稲田大学ア式蹴球部 監督

著書[編集]

  • 松永章 -『最後に勝つサッカー ハイエナと呼ばれた得点王』(日貿出版社)1987

脚注[編集]

[ヘルプ]