大倉智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大倉 智 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オオクラ サトシ
ラテン文字 OKURA Satoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-05-22) 1969年5月22日(50歳)
出身地 神奈川県川崎市
身長 180cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW
ユース
1985-1988 暁星高校
1998-1991 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1995 日立/柏レイソル 35 (6)
1996 ジュビロ磐田 4 (0)
1997 ブランメル仙台 26 (8)
1998 ジャクソンビル英語版
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大倉 智(おおくら さとし、1969年5月22日 - )は、神奈川県川崎市出身の元サッカー選手、経営者。現役時代のポジションはFW

来歴[編集]

東京都で生まれ、その後神奈川県川崎市に移って幼少期を過ごす[1]。1985年に暁星高校に入学。第65回および第66回の2度全国高等学校サッカー選手権大会に出場した。1988年に早稲田大学商学部に入学してア式蹴球部に入部し、4年時に第40回全日本大学サッカー選手権大会で優勝した。

大学を卒業後は日立製作所に入社して社員選手としてプレイしていたが、1994年柏レイソルとしてJリーグに昇格に伴いプロに転向。その後はジュビロ磐田ブランメル仙台を経て、1998年アメリカ合衆国ジャクソンビル・サイクロンズ英語版に入団、9月に引退した。

引退後、1998年から2000年までカタルーニャ州スペイン)・バルセロナヨハン・クライフ大学英語版でスポーツマネジメントを学ぶ[2]。このときに知り合った、バイエルン・ミュンヘンGM・ウリ・ヘーネスの「サッカーはいかに負けるかが大事なんだ」という言葉がいつまでも心に残ることとなる[3]

2001年シーズン途中にセレッソ大阪のチーム統括ディレクターに就任。2005年からは湘南ベルマーレの強化部長に就任し、J2下位に低迷していたチームをJ1昇格争いができるまでに成長させた。2013年4月に湘南のゼネラルマネージャーに就任、2014年4月に取締役社長、2015年には代表取締役社長に就任した。

しかし、「前に前にとゴールを目指すのがスタンダードになっている」世界のサッカーと「落ちない(降格しない)ように戦っているようにも見える」Jリーグとのギャップを感じるようになり、そんなときに同学年で大学時代から面識があった株式会社ドーム社長の安田秀一の掲げる「スポーツの産業化」に意気投合[3]。安田が福島県リーグ2部だったいわきFCの運営権を握ると、「10年後に『こういうクラブが本当の意味でのお手本なんだ』ということを示したい」とその趣旨に賛同し、2015年12月に湘南の社長を退いて、いわきFCの運営会社「株式会社いわきスポーツクラブ」代表取締役に就任した[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1992 日立 JFL1部 6 0 -
1993 12 5 6 4 1 0 19 9
1994 JFL 0 0 0 0 0 0 0 0
1995 - J 17 1 - 2 0 19 1
1996 磐田 4 0 5 1 0 0 9 1
1997 B仙台 11 JFL 26 8 3 0 2 2 31 10
通算 日本 J 21 1 5 1 2 0 28 2
日本 JFL 44 13 9 4
総通算

引退後[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]