田島宏晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田島 宏晃 Football pictogram.svg
名前
カタカナ タジマ ヒロアキ
ラテン文字 TAJIMA Hiroaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-06-27) 1974年6月27日(42歳)
出身地 静岡県
身長 174cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MFFW
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田島 宏晃(たじま ひろあき、1974年6月27日 - )は静岡県出身の元プロサッカー選手。ポジションはMFFW(ウインガー)。

人物・来歴[編集]

小学生時代は清水FCの一員として伊東輝悦らと共に1986年の全日本少年サッカー大会優勝に貢献。高校は清水東高校に進学し、1年時に高校サッカー選手権静岡県大会最高殊勲選手獲得。2年時には1991年高校総体優勝に貢献。この活躍により日本ユース代表に選出され、翌1992年のAFCユース選手権に出場。3年時には選手権静岡県大会得点王&アシスト王に輝く。

1991年度高校総体決勝の相手は、服部年宏岩下潤伊東輝悦白井博幸松原良香ら、そうそうたるメンバーを擁する東海大一であったが、延長戦の末決勝ゴールを挙げたのが田島だった。当時のテレビ放送解説者に、清水東の勝因は「田島がいたということ」とさえ言わしめた。

スピード豊かな突破で、得点のみならずチャンスメーカーとしてアシストも多かった。将来を嘱望され、一歳上の小倉隆史と「将来の代表2トップ」と言われることもあった。

卒業後の1993年に地元の清水エスパルスに入団。シーズン途中から出場機会を得、決勝ゴールを挙げるなどスーパーサブとして活躍。同年途中ヴェルディ川崎から清水エスパルスへ移籍してきた元日本代表主将加藤久をして「最大の発見」と言わしめた。

アトランタオリンピック代表候補に選ばれていた時期もあったが、その後は不振に陥り大成する事は出来なかった。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1993 清水 - J 8 3 6 1 2 0 16 4
1994 0 0 0 0 1 0 1 0
1995 17 1 - 1 0 18 1
1996 3 0 0 0 0 0 3 0
1997 本田 11 旧JFL 19 1 - 0 0 19 1
1998 30 1 - 4 0 34 1
1999 JFL 20 11 - 1 0 21 11
2000 横浜FC 18 4 - 2 0 20 4
2001 15 J2 41 3 4 0 4 2 49 5
2002 35 5 - 3 0 38 5
2003 佐川東京 2 JFL 0 0 - 0 0 0 0
通算 日本 J1 28 4
日本 J2 76 8
日本 旧JFL 49 2 -
日本 JFL 38 15 -
総通算 191 29 10 1 18 2 219 32