松下年宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松下 年宏 Football pictogram.svg
名前
愛称 ワンちゃん[1][2]
カタカナ マツシタ トシヒロ
ラテン文字 MATSUSHITA Toshihiro
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-10-17) 1983年10月17日(34歳)
出身地 鹿児島県鹿児島市
身長 174cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 鹿児島ユナイテッドFC
ポジション MF / DFSB
背番号 24
利き足 右足[1]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2006 ガンバ大阪 29 (0)
2006-2009 アルビレックス新潟 106 (9)
2010 FC東京 21 (1)
2011-2013 ベガルタ仙台 78 (5)
2014-2016 横浜FC 74 (9)
2017- 鹿児島ユナイテッドFC 14 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年3月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

松下 年宏(まつした としひろ、1983年10月17日 - )は、鹿児島県鹿児島市出身[3]プロサッカー選手鹿児島ユナイテッドFC所属。ポジションはミッドフィールダー及びディフェンダー

来歴[編集]

兄の影響でサッカーを始める[4]

1999年鹿児島実業高校に進学。3年時のインターハイ及び選手権では、同期の赤嶺真吾立石飛鳥登尾顕徳と共にベスト4入り[4]。同年、明治大学サッカー部のセレクションを受け合格していたが[4]ガンバ大阪からオファーを受け、高校卒業後の2002年、G大阪に入団。主に右サイドバックとして[4]ルーキーイヤーから多くの試合にベンチ入りし、Jデビューも果たした。

2005年には自己最多の14試合に出場するも、2006年は右WB加地亮が加入したことなどにより出場機会に恵まれず、公式戦の出場機会確保と気持ちをリセットするために[5]同年6月から2007年12月までの1年半という長期の期限付き移籍アルビレックス新潟へ移籍した[6][7]。チーム屈指の機動力と多彩なキックで信頼を集め[1]2008年の移籍期間延長を経て[8][9]2009年より完全移籍[10][11]。2009年は主にインサイドハーフで起用され[12]、リーグ戦全試合出場を果たした。

2010年、新潟との契約を満了し[13]FC東京へ完全移籍[14][15]。FC東京では万能型MF[16]とされ、左サイドハーフを主ポジションとしたが[17][18]、チームがより攻撃に比重を傾ける場合にはサイドバックに配されることもあり、また、ボランチとして起用されることもあった。正確なプレースキックに自信を持ち[19]セットプレーのキッカーも任されていた他、チームメートの羽生直剛からは「試合終盤でも長い距離を走(ってチャンスを作)れる能力がある」[20]とスタミナや運動量を評価され、大熊清監督からも「90分攻守で運動量を出すことができる」[21]と認められていたが、同年9月以降の大熊体制下ではリーグ戦での出場機会を激減させていた[22]。なお、同年10月10日に元新潟放送アナウンサー枦山南美と入籍[23][24]

2011年、試合に出られない状況を変えたいと[25]ベガルタ仙台へ期限付き移籍[26][27]。レギュラー確保には至らなかったものの、出場停止を除く全試合にベンチ入りし[28]チームの上位進出に貢献[29]。2012年より完全移籍へと移行[30][31]。得意のボランチを中心に複数ポジションをこなし、主力欠場の穴埋め役や[2]スーパーサブとして重宝された[32]。2013年をもって退団。

2014年より横浜FCへ完全移籍[33][34]。ゲームメーカー役として攻守に貢献し[35]、8月の5連戦では2ゴール2アシストの活躍で同月のリーグMVPを受賞[35]。同年は主に右サイドハーフに入り、チーム最多のアシストとシュート数を記録した[36]。精神的主柱の一人としても奮戦したが[37]、2016年にはリーグ戦10試合の出場に留まり、同年限りで契約を満了[38]

2017年、高校同期の登尾がGMを務める[39]地元・鹿児島の鹿児島ユナイテッドFCへ完全移籍[40]

エピソード[編集]

  • ニックネームの「ワンちゃん」は、ガンバ大阪在籍時に王貞治に目が似ていることから付けられた[41]。命名者は当時チームメイトであった吉原宏太。また、高校時代のニックネームは「社長」。これは実家が自営業(インテリア関係)であることから。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2002 G大阪 24 J1 5 0 1 0 0 0 6 0
2003 5 0 1 0 0 0 6 0
2004 4 0 1 0 2 0 7 0
2005 14 0 7 0 3 0 24 0
2006 1 0 0 0 - 1 0
新潟 35 19 3 - 2 0 21 3
2007 7 25 0 4 0 0 0 29 0
2008 28 2 5 0 0 0 33 2
2009 34 4 6 2 3 1 43 7
2010 FC東京 8 21 1 4 0 3 1 28 2
2011 仙台 26 2 4 0 3 0 33 2
2012 26 1 7 1 2 0 35 2
2013 26 2 2 1 3 1 31 4
2014 横浜FC 24 J2 29 5 - 1 0 30 5
2015 35 4 - 2 1 37 5
2016 10 0 - 2 1 12 1
2017 鹿児島U J3 14 1 - 2 0 16 1
2018 -
通算 日本 J1 234 15 42 4 21 3 297 22
日本 J2 74 13 - 5 2 79 7
日本 J3 14 1 - 2 0 16 1
総通算 322 25 42 4 28 5 394 30
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2013 仙台 8 2 0
通算 AFC 2 0
その他の国際公式戦
出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪
FC東京

個人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 選手データベース 松下 年宏”. 2008年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月23日閲覧。 WEBサッカーマガジン (2008年2月21日)
  2. ^ a b 松下、敵地柏戦でリーグ初先発! ボランチ角田の代役…仙台”. 2012年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月23日閲覧。スポーツ報知 (2012年4月14日)
  3. ^ J1仙台キャンプイン 鹿児島に“球春”到来 47NEWS (2011年1月26日)
  4. ^ a b c d e f PLAYER'S HISTORY 2008 FILE017”. 2010年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月21日閲覧。Jリーグ選手協会 (2008年5月2日)
  5. ^ インタビューFIELD「ひたむきさを貫いて」”. 2008年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月23日閲覧。WEBサッカーマガジン (2008年7月22日)
  6. ^ MF 松下年宏選手 アルビレックス新潟へ期限付き移籍のお知らせ”. 2014年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月27日閲覧。ガンバ大阪 (2006年6月9日)
  7. ^ ガンバ大阪より 松下 年宏 選手 期限付き移籍加入のお知らせ アルビレックス新潟 (2006年6月9日)
  8. ^ MF 松下年宏選手 アルビレックス新潟へ期限付き移籍延長のお知らせ”. 2014年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月27日閲覧。ガンバ大阪 (2008年1月15日)
  9. ^ 松下 年宏 選手 期限付き移籍期間延長のお知らせ アルビレックス新潟 (2008年1月15日)
  10. ^ MF松下年宏選手 アルビレックス新潟へ完全移籍”. 2014年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月27日閲覧。ガンバ大阪 (2009年1月14日)
  11. ^ 松下 年宏選手 ガンバ大阪より完全移籍にて加入のお知らせ アルビレックス新潟 (2009年1月14日)
  12. ^ ナビスコカップなどではウイング、シーズン終盤にはサイドハーフで起用されている。
  13. ^ 新潟MF松下を獲得 レベルアップ目指しFC東京へ 東京中日スポーツ (2009年12月26日)
  14. ^ 松下 年宏選手 FC東京へ移籍のお知らせ アルビレックス新潟 (2009年12月25日)
  15. ^ 松下年宏選手 アルビレックス新潟より完全移籍加入決定のお知らせ”. 2010年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月25日閲覧。FC東京 (2009年12月25日)
  16. ^ 万能MF松下が新天地で始動 東京中日スポーツ、2010年1月16日
  17. ^ 松下 凱旋試合でアピールだ 東京中日スポーツ、2010年2月13日
  18. ^ 長友&松下で左サイド射抜く 東京中日スポーツ、2010年3月5日
  19. ^ Tokyo Mania 第40回 松下年宏選手インタビュー 182Channel、2010年6月16日
  20. ^ 【第90回天皇杯3回戦 北九州 vs FC東京】試合終了後の各選手コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2010年10月11日)
  21. ^ 【第90回天皇杯4回戦 FC東京 vs 千葉】大熊清監督記者会見コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2010年11月18日)
  22. ^ 仙台攻撃的MF底上げへ東京松下獲り 日刊スポーツ (2010年12月22日)
  23. ^ 松下年宏選手 入籍のお知らせ FC東京 (2010年10月14日)
  24. ^ FC東京・松下が枦山南美アナと結婚 サンケイスポーツ 2010年10月15日閲覧
  25. ^ 仙台松下「両足のキック精度生かしたい 日刊スポーツ (2011年1月20日)
  26. ^ 松下年宏選手 ベガルタ仙台へ期限付き移籍決定のお知らせ FC東京 (2010年12月30日)
  27. ^ FC東京 松下年宏選手 ベガルタ仙台へ期限付き移籍加入のお知らせ ベガルタ仙台 (2010年12月30日)
  28. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2011年12月3日)
  29. ^ 仙台松下完全移籍、堅守奮闘の朴も残留 日刊スポーツ (2011年12月22日)
  30. ^ 松下年宏選手 ベガルタ仙台へ完全移籍のお知らせ FC東京 (2012年1月10日)
  31. ^ 松下年宏選手 完全移籍加入のお知らせ ベガルタ仙台 (2012年1月10日)
  32. ^ 松下、緊急事態に7戦ぶりボランチ「憲剛止める」…仙台”. 2012年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月23日閲覧。スポーツ報知 (2012年5月26日)
  33. ^ 松下年宏選手 横浜FCへ完全移籍のお知らせ ベガルタ仙台 (2014年1月10日)
  34. ^ 松下年宏選手 ベガルタ仙台より完全移籍加入のお知らせ 横浜FC (2014年1月10日)
  35. ^ a b c 【2014Jリーグ J1リーグ戦/J2リーグ戦】8月度の「コカ・コーラ Jリーグ月間MVP」決定 -J1:柴崎 岳選手(鹿島アントラーズ)/J2:松下 年宏選手(横浜FC)- Jリーグ (2014年9月16日)
  36. ^ エル・ゴラッソ特別編集 J2リーグ総集編2014』 三栄書房2015年、75頁。
  37. ^ 月刊J2マガジン 2016年1月号』 ベースボール・マガジン社2015年、67頁。
  38. ^ 来季の契約を更新しない選手について 横浜FC (2016年11月18日)
  39. ^ エル・ゴラッソ Jリーグ選手名鑑2017 J1・J2・J3』 三栄書房2017年、275頁。
  40. ^ “松下年宏 選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 鹿児島ユナイテッドFC, (2017年1月7日), http://www.kufc.co.jp/information/14620/ 2017年1月8日閲覧。 
  41. ^ a b 『FC東京ファンブック2010』 アサヒオリジナル2010年、38頁。
  42. ^ 12月6日(土)ガンバ大阪戦にて松下年宏選手100試合出場記念! “喜”Tシャツ販売のお知らせ アルビレックス新潟 (2008年12月4日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]