田坂祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田坂 祐介 Football pictogram.svg
名前
愛称 たっぴー
カタカナ タサカ ユウスケ
ラテン文字 TASAKA Yusuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1985-07-08) 1985年7月8日(31歳)
出身地 広島県広島市
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション MF
背番号 6
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2012
2012-2015
2015-
日本の旗 川崎フロンターレ
ドイツの旗 VfLボーフム
日本の旗 川崎フロンターレ
105 (11)
81 (9)
12 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田坂 祐介(たさか ゆうすけ、1985年7月8日 - )は、広島県広島市出身[1]プロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー川崎フロンターレ所属。

来歴[編集]

広島高陽FC時代の一学年下に高柳一誠、二学年下に森重真人がいた。その後サンフレッチェ広島ジュニアユースへ入団、同期に前田和之田村祐基ら。ジュニアユース時代に中村重和小野剛らの指導を受けている。2001年に広島ユースに昇格、同期に前田・田村・西山貴永吉村修平がいた。広島ユースは2003年の日本クラブユース選手権初優勝、高円宮杯全日本ユース選手権3位、Jユースカップ優勝、天皇杯ではJ2水戸ホーリーホック相手に健闘する。その中で田坂はサイドアタッカーとして、高萩洋次郎がトップ昇格した後はボランチとして活躍した。

その後、推薦の決まっていた青山学院大学へ進学。サッカー部では主将を務め、下地奨と共にプレーした。青学大4年在学中の2007年より特別指定選手として川崎フロンターレに登録。卒業後の2008年シーズンから川崎とプロ契約を結び正式入団し、新人選手ながら背番号6が与えられた。

2012年7月20日、ブンデスリーガ2部VfLボーフムへの移籍が発表された[2]。移籍1年目はリーグ戦28試合に出場し3得点を記録した。

2015年6月23日、渡欧前4年半を過ごした川崎フロンターレへ復帰することが発表された[3]。背番号は特別指定当時に付けていた35。

2016年昨シーズンまで所属していた山本真希が退団したこともあり、移籍前に付けていた背番号6に番号を変更した。 若手や加入選手の筆頭もあり安定した出場は出来なかったが、シーズン途中怪我人が続出した事から9月10日福岡戦から3バックの右を務めた。安定してた事もあり、そのままシーズン終了までスタメンで出場し続けた。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2002 広島Y 7 - - - 1 0 1 0
2003 6 - - - 1 0 1 0
2007 川崎 35 J1 1 0 0 0 0 0 1 0
2008 6 12 1 3 0 1 0 16 1
2009 24 2 3 0 3 0 30 2
2010 27 3 4 1 1 0 32 4
2011 25 2 4 1 3 2 32 5
2012 16 3 6 1 - 22 4
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 DFBポカール 期間通算
2012-13 ボーフム 8 ブンデス2部 28 3 - 2 0 30 3
2013-14 10 31 3 - 2 0 33 3
2014-15 22 3 - 2 0 24 3
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2015 川崎 35 J1 12 3 - 3 0 15 3
2016 6
通算 日本 J1 117 14 20 3 11 2 148 19
日本 - - 2 0 2 0
ドイツ ブンデス2部 81 9 - 6 0 87 9
総通算 198 23 20 3 19 2 237 28
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2009 川崎 6 3 0
2010 6 1
通算 AFC 9 1

脚注[編集]

  1. ^ 中国新聞、2007年8月18日23面
  2. ^ 川崎フロンターレ公式サイト (2012年7月20日). “田坂祐介選手移籍のお知らせ”. 2012年7月20日閲覧。
  3. ^ 田坂祐介選手加入のお知らせ 川崎フロンターレ (2015年6月23日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]