山根巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山根 巌 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤマネ イワオ
ラテン文字 YAMANE Iwao
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-07-31) 1976年7月31日(42歳)
出身地 広島県広島市
身長 170cm
体重 70kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1998
1998
1999-2002
2003-2005
2006-2009
2010-2011
サンフレッチェ広島
大分トリニティ
大分トリニータ
川崎フロンターレ
柏レイソル
ツエーゲン金沢
37 (03)
0 (00)
121 (12)
47 (01)
102 (04)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年10月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山根 巌(やまね いわお、1976年7月31日 - )は広島県広島市出身の元プロサッカー選手。サッカー選手の山根永遠は実子。

来歴[編集]

幼いころに小児喘息だったため体を鍛えるために小学5年からサッカーを始める[1]

二葉中を経て広島皆実高校を卒業し[注 1] 、1995年にサンフレッチェ広島に入団[注 2]。1997年、エディ・トムソン監督によって攻撃的MFとして評価され主力になる。が、翌1998年、同ポジションにアウレリオ・ヴィドマー皆本勝弘山口敏弘大久保誠が加入。外国人監督とのコミュニケーション不足[2]もあって出場機会が激減。同年11月、当時広島と提携関係にあった旧JFL所属の大分トリニティ期限付き移籍した[1]

翌1999年にJリーグ ディビジョン2 (J2)が発足し大分が「大分トリニータ」としてJ2に参入すると、後に「最良の理解者」と呼べる関係となる[2]石崎信弘が監督に就任。大分では石崎の下で連日の猛練習でボール奪取能力が磨かれ選手として成長[2]。1999年・2000年と2年連続してJ1昇格にあと一歩と迫りながらも果たせないシーズンを過ごしたが[注 3]、2001年には大分に完全移籍。2002年シーズンは2001年シーズン途中で解任された石崎の後任として就任した小林伸二のもと、2002年11月2日の第41節・大宮アルディージャ戦(さいたま市大宮公園サッカー場)では自らのヘディングゴールで大分に悲願のJ1昇格をもたらした[1][2]

だが「石崎さんをJ1に昇格させたい」との思いから、2003年には石崎が監督に就任していた当時J2所属の川崎フロンターレに移籍する[1][2]。結局この年の昇格は実現せず、石崎はシーズン後に川崎を辞任したが、翌2004年シーズンには関塚隆監督の元で、9月26日にJ1昇格、10月2日に優勝を決めた[注 4]

2005年末に川崎を戦力外になり引退を決意[2]。広島のサッカースクールに就職する予定だったが、この年J2に降格した柏レイソルの監督に就任した石崎に誘われ[2]、周囲の後押しもあって柏へ移籍して現役を続行[3]。2006年、シーズン当初からボランチの不動のレギュラーとして活躍し、48試合中45試合に出場し完全復活[注 5]、チームはJ1に1年で復帰する。この年、かつて川崎でも一緒だったチームメイトの岡山一成とともに「石さんをJ1にあげよう」を合言葉に、3度目の正直で石崎をJ1にあげ、個人の目標も達成した。2008年は開幕直後に脚の肉離れを起こすなど1年を通してケガに泣かされる。同シーズン限りで石崎は辞任しJ2に降格したコンサドーレ札幌へ移ったが、山根は柏に残留した[注 6]。柏では仮面ライダーの主題歌「レッツゴー!! ライダーキック」を元にした応援コールを受けた。

2010年はJFLに昇格したばかりのツエーゲン金沢に移籍[4][注 7]。JFLへの移籍は抵抗感があったというが、広島時代の同期・久保竜彦の存在が決め手となったという[5]。2011年はコーチ兼任となり指導者としても昇格請負人としてJ2への昇格を目指したが、チーム事情もあって指導者としての手腕を満足に発揮出来ず[5]、同シーズン終了後に契約満了による退団が発表された[6]

2012年2月に現役引退を正式発表[7]。千葉県で明光ネットワークジャパンの運営するサッカースクールの指導者として活動していた[8][9]が、2016年に金沢時代の恩師・上野展裕が監督を務め、同年にJ2に昇格したレノファ山口FCのコーチに就任した[10]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1995 広島 - J 6 0 - 0 0 6 0
1996 - 0 0 0 0 0 0 0 0
1997 21 20 3 0 0 2 0 22 3
1998 15 11 0 4 0 - 15 0
1998 大分 旧JFL 0 0 - 3 2 3 2
1999 8 J2 32 1 4 0 3 0 39 1
2000 35 4 2 0 0 0 37 4
2001 28 3 1 0 0 0 29 3
2002 26 4 - 2 0 28 4
2003 川崎 6 39 1 - 4 0 43 1
2004 5 0 - 0 0 5 0
2005 J1 3 0 2 0 0 0 5 0
2006 18 J2 45 2 - 0 0 45 2
2007 J1 21 1 0 0 1 0 22 1
2008 15 0 3 0 3 0 21 0
2009 12 0 2 1 0 0 14 1
2010 金沢 8 JFL 21 0 - 2 0 23 0
2011 23 0 - 1 1 24 1
通算 日本 J1 88 4 11 1 6 0 105 5
日本 J2 210 15 7 0 9 0 226 15
日本 旧JFL 0 0 - 3 2 3 2
日本 JFL 44 0 - 3 1 47 1
総通算 342 19 18 1 21 3 381 23

脚注[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広島皆実高の1年先輩に下田崇、同級生に久保田智子TBSアナウンサー)、1年後輩に金本圭太、2年後輩に梅田直哉為末大(2001年・2005年世界陸上400mハードル銅メダリスト)。金本とは広島→大分と一緒にプレーしている。
  2. ^ 同期は久保竜彦大木勉吉村光示西田吉洋萩野英明三浦和俊水田月満玉田真人
  3. ^ 1999年J2最終節モンテディオ山形戦(大分市営陸上競技場)では、アディショナルタイムに山形の同点弾となるFKを与えるファールを犯している。
  4. ^ 1月に行われたイベント「スタートダッシュフェア」で「勝ち点100」をこの年の抱負として発表。この年のリーグ戦を独走し次の目標としてこの「勝ち点100」が残り試合での目標に採用され話題になり、最終的には勝ち点105、得点104をあげた。
  5. ^ 出場していない3試合はすべて累積警告によるもので、シーズンを通しての負傷欠場はなかった。
  6. ^ 山根は現役時代に一番悔しかった思い出として、石崎が柏で指揮を執った最後の公式戦である第88回天皇杯で準優勝に終わったことを挙げている[2]
  7. ^ 石崎が指揮をとる札幌への移籍話もあったが、札幌が中山雅史の獲得を優先させたため話が流れたという[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 川崎 2003.
  2. ^ a b c d e f g h i 高橋 2012, p. 1.
  3. ^ “山根 巌選手が移籍加入” (プレスリリース), 柏レイソル, (2005年12月26日), http://blog.reysol.co.jp/news/2005/007796.html 2016年5月21日閲覧。 
  4. ^ “山根巌選手 移籍合意のお知らせ” (プレスリリース), ツエーゲン金沢, (2010年1月12日), http://www.zweigen-kanazawa.jp/htm/news/20100112.html 2016年5月21日閲覧。 
  5. ^ a b 高橋 2012, p. 2.
  6. ^ “契約満了選手のお知らせ” (プレスリリース), ツエーゲン金沢, (2011年11月28日), http://www.zweigen-kanazawa.jp/news/newsDetail909.html 2016年5月21日閲覧。 
  7. ^ “山根巌選手 現役引退のお知らせ” (プレスリリース), ツエーゲン金沢, (2012年2月24日), http://www.zweigen-kanazawa.jp/news2012/newsDetail069.html 2016年5月21日閲覧。 
  8. ^ 高橋 2012, p. 3.
  9. ^ コーチ紹介・や・ら・わ行”. 明光サッカースクール. 2016年1月11日閲覧。
  10. ^ “2016シーズン コーチングスタッフについて” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2016年1月11日), http://www.renofa.com/archives/6605/ 2016年1月11日閲覧。 

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]