小手川宏基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小手川 宏基 Football pictogram.svg
名前
愛称 コテ
カタカナ コテガワ コウキ
ラテン文字 KOTEGAWA Koki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1989-09-12) 1989年9月12日(28歳)
出身地 大分県大分市
身長 173cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大分トリニータ
ポジション MF (OH) / DF (RSB)
背番号 20
利き足 右足
ユース
2005-2007 大分トリニータU-18
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2012 大分トリニータ 36 (1)
2013-2016 ギラヴァンツ北九州 166 (22)
2017- 大分トリニータ
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小手川 宏基(こてがわ こうき、1989年9月12日 - )は、大分県大分市出身のプロサッカー選手。登録ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

大分トリニータU-18時代・3年次の2007年にトップチームに2種登録選手に登録されると、J1第2節・ジュビロ磐田戦の2日前となる3月10日に居残り練習中のセルジーニョが負傷。当時の大分監督のシャムスカは、同じく居残り練習をしていた小手川を追加メンバーとして遠征招集。突然だったためスーツを持っておらず、高校の制服姿で帯同した。その試合(17歳5ヶ月)でJ1デビューを飾り、大分の当時の最年少出場記録を塗り替えた(現在の記録保持者は為田大貴で17歳1ヶ月)。その後のナビスコ杯第1節の横浜FC戦ではスタメンデビューも果たすなど、この年は公式戦5試合に出場。

2008年に正式にトップ昇格(同期入団は清武弘嗣等)を果たして以降は試合出場機会が少なかったが、2010年には引退した西山哲平が8年間つけてきた背番号7を引き継ぎ、更にはサイドバックとして開幕スタメンを飾り序盤戦はレギュラーとして試合に出場。しかし4月25日のJ2・第8節・ギラヴァンツ北九州戦で負傷し全治3ヵ月と診断され戦前離脱。復帰試合は翌2011年11月6日の第34節・ジェフユナイテッド千葉戦となった(後半37分、前田俊介と交代出場)。日数にして実に560日ぶりの公式戦復帰となった。2012年3月4日のJ2開幕戦・ザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)戦でリーグ戦初ゴールを挙げた。当時自己最多のリーグ戦13試合に出場するもレギュラー奪取する事はできず、同年12月5日に契約満了が発表された。

2013年、ギラヴァンツ北九州へ移籍[1]。北九州では加入年から背番号10を付け、2013シーズンはリーグ前半戦で7得点を記録。後半戦は得点数は伸び止どまり計8得点となったがシーズンを通じてスターティングメンバーとして試合出場を続けた初めてのシーズンとなった。以後2016年シーズンまでの4年間で、リーグ戦計166試合に出場。欠場した試合は僅か2試合だけであった。しかし、2016年に北九州がJ2リーグ戦最下位となり、J3降格の憂き目に会う事となった。

2017年、大分へ完全移籍。5年振りの復帰となった[2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 大分U-18 18 - - - 1 0 1 0
2007 大分 27 J1 3 0 2 0 0 0 5 0
2008 1 0 2 0 0 0 3 0
2009 9 0 5 1 0 0 14 1
2010 7 J2 8 0 - 0 0 8 0
2011 2 0 - 0 0 2 0
2012 13 1 - 1 0 14 1
2013 北九州 10 41 8 - 2 0 43 8
2014 42 4 - 4 0 46 4
2015 41 8 - 1 0 42 8
2016 42 2 - 2 0 44 2
2017 大分 20 34 3 - 0 0 34 3
通算 日本 J1 13 0 9 1 0 0 22 1
日本 J2 223 26 - 10 0 233 26
日本 - - 1 0 1 0
総通算 236 26 9 1 11 0 247 27

2007年は2種登録

その他の国際公式戦

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小手川宏基選手 完全移籍加入のお知らせ”. ギラヴァンツ北九州 (2012年12月26日). 2012年12月26日閲覧。
  2. ^ “小手川 宏基 選手 大分トリニータへ完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2016年12月27日), https://www.giravanz.jp/information/2016/1230251/ 2016年12月28日閲覧。