平繁龍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平繁 龍一 Football pictogram.svg
名前
愛称 リュウ
カタカナ ヒラシゲ リュウイチ
ラテン文字 HIRASHIGE Ryuichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-06-15) 1988年6月15日(30歳)
出身地 広島県東広島市
(旧賀茂郡黒瀬町
身長 175cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ザスパクサツ群馬
ポジション FW
背番号 10
利き足 右足
ユース
1997-???? サンフレッチェ府中サッカースクール
サンフレッチェ広島ジュニアII
サンフレッチェ広島ジュニア
????-2003 サンフレッチェ広島ジュニアユース (黒瀬中
2003-2006 サンフレッチェ広島ユース (吉田中/吉田高
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2012 サンフレッチェ広島 49 (7)
2010 徳島ヴォルティス (loan) 26 (4)
2011 東京ヴェルディ1969 (loan) 12 (4)
2013-2014 ザスパクサツ群馬 61 (20)
2015-2017 ロアッソ熊本 61 (8)
2017 カターレ富山 (loan) 13 (0)
2018- ザスパクサツ群馬
1. 国内リーグ戦に限る。2018年1月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

平繁 龍一(ひらしげ りゅういち、1988年6月15日 - )は、広島県東広島市出身のプロサッカー選手Jリーグザスパクサツ群馬所属。ポジションはFW広島県立吉田高等学校卒業

来歴[編集]

サンフレッチェ広島初のジュニアから昇格したJリーガーである[1]

賀茂郡黒瀬町出身[1]。小学校3年生からサンフレッチェ府中サッカースクールに加入[1]横竹翔と共にFWとして活躍しすぐに才能を見出される。このころの同期に酒井貴政がいる。ジュニアIIからジュニアを経て、4年生の時にはすでにジュニアユースの練習に参加、2000年には全日本少年サッカー大会出場[2]全日本少年フットサル大会準優勝に貢献し大会優秀選手に選ばれる[3]。2003年にはマンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップ出場している[4]

2003年、中学3年次からユースの練習に参加[1]。2004年、高校1年生でレギュラーをつかみ高円宮杯初制覇やクラブユース選手権制覇に貢献。2年生から10番を背負いエースとして活躍し、2006年のJユースカップ優勝[5] に貢献した。また、同年9月に2種登録選手となった[6] が出場は無い。

2007年、トップ昇格[7]。同期入団は、ユース時代の同級生である遊佐克美。すぐにミハイロ・ペトロヴィッチに主力として評価され、同年3月3日リーグ第1節で初ベンチ入りし途中出場、デビューを飾る。同年のナビスコカップで初得点しチーム初のGL突破に貢献[8]、同年末のJ1・J2入れ替え戦第1戦で得点を上げた[9]。また、同年にはFIFA U-20ワールドカップにMFとして1試合出場している。2008年は、佐藤寿人と2トップを組み、レギュラーとしてシーズンを迎える[10]。リーグ戦第1節でリーグ戦初得点を挙げるものの、チームが佐藤の1トップに布陣を変えたことによりポジションを失い[11]、さらに7月に椎間板ヘルニアの手術を受けて長期離脱[12]。同年12月の天皇杯で復帰したが、翌2009年怪我の影響もあり不調に陥り[11]、チームが李忠成を補強したことにより出場機会が減っていった。

2010年、出場機会を求めて美濃部直彦率いる徳島ヴォルティスへレンタル移籍する[7]。開幕当初は津田知宏とともに2トップのレギュラーの座にいた[13] が、佐藤晃大の成長[14] によりレギュラーを奪われ出場機会が減っていった。

2011年、川勝良一率いる東京ヴェルディ1969に引き続きレンタル移籍する[7]。当時東京Vは経営面に問題を抱えており、満足な補強ができない状況でのオファーだった。ここでも序盤は主力として活躍し、第12節対ギラヴァンツ北九州戦においてプロ入り後初のハットトリックを達成した[15]。その後、怪我[16]阿部拓馬の成長[17] や、マラニョン巻誠一郎などの前に出場機会が減っていった。

2012年、サンフレッチェ広島に復帰した[7]。序盤は主力としてベンチ入りしていたものの、中盤以降は森崎浩司石原直樹が切り札として重用され、何より佐藤寿人からレギュラーの座を奪うことが出来なかった[18]

2013年、ザスパクサツ群馬に完全移籍[19]。移籍1年目ながらキャプテンを任され、翌年も同様にキャプテンを務めた。

2015年、ロアッソ熊本に完全移籍した[20]。同シーズンは負傷で開幕に間に合わず、守備的なタスクを多く要求されることから満足な活躍ができず出番を失った。シーズン後半にチームにフィットし主力の座を奪い返したが、わずか1得点でシーズンを終えた。2016年シーズンはFWの主力に定着し8得点をあげた。

2017年7月、カターレ富山へ期限付き移籍[21]

2018年、ザスパクサツ群馬へ4年ぶりに復帰した[22][23]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • サンフレッチェ府中サッカースクール
  • サンフレッチェ広島ジュニアII
  • サンフレッチェ広島ジュニア
  • - 2003年 サンフレッチェ広島ジュニアユース (東広島市立黒瀬中学校)
  • 2003年 - 2006年 サンフレッチェ広島ユース(吉田中/吉田高
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2007 広島 18 J1 20 0 6 2 4 1 30 3
2008 J2 17 5 - 1 0 18 5
2009 J1 9 0 4 1 1 1 14 2
2010 徳島 19 J2 26 4 - 1 0 27 4
2011 東京V 9 12 4 - 0 0 12 4
2012 広島 18 J1 3 2 2 0 0 0 5 2
2013 群馬 10 J2 41 13 - 0 0 41 13
2014 20 7 - 1 0 21 7
2015 熊本 11 23 1 - 2 0 25 1
2016 31 6 - 2 2 33 8
2017 10 7 1 - 0 0 7 1
富山 45 J3 13 0 - - 13 0
通算 日本 J1 32 2 12 3 5 2 49 7
日本 J2 177 41 - 7 2 184 43
日本 J3 13 0 - 0 0 13 13
総通算 222 43 12 3 12 4 233 63

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFCACLクラブW杯
2012 広島 18 - 0 0
通算 AFC 0 0 0 0

出場歴・タイトル[編集]

クラブチーム[編集]

アンダーカテゴリー

トップチーム

代表[編集]

アンダーカテゴリー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 夢をつかめ”. 中国新聞 (2007年1月26日). 2008年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月4日閲覧。
  2. ^ チーム紹介”. 全日本少年大会公式. 2012年2月4日閲覧。
  3. ^ 過去の大会記録一覧”. 過去の大会記録一覧. 2012年2月4日閲覧。
  4. ^ Manchester United Premier Cup World Finals 2003 順位決定戦”. J'sGOAL (2003年7月22日). 2014年6月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月4日閲覧。
  5. ^ 【Jユースサハラカップ2006 決勝 広島 vs F東京:レポート】”. J'sGOAL (2006年12月24日). 2012年2月4日閲覧。
  6. ^ 平繁龍一、2種登録”. 紫熊倶楽部 (2006年9月8日). 2012年2月4日閲覧。
  7. ^ a b c d 平繁龍一選手、期限付き移籍より復帰のお知らせ”. J'sGOAL (2011年12月21日). 2012年2月4日閲覧。
  8. ^ 新人平繁、度胸のPK”. 中国新聞 (2007年4月11日). 2012年2月4日閲覧。
  9. ^ 平繁一発、望みつなぐ”. 中国新聞 (2007年12月5日). 2012年2月4日閲覧。
  10. ^ 平繁 果敢に初ゴール”. 中国新聞 (2008年3月9日). 2012年2月4日閲覧。
  11. ^ a b 平繁ドリブル攻撃に活 前節途中出場で存在感”. 中国新聞 (2009年5月14日). 2009年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月4日閲覧。
  12. ^ 平繁龍一選手の負傷について”. J'sGOAL (2008年7月24日). 2012年2月4日閲覧。
  13. ^ 徳島が平繁&津田の新コンビで千葉を撃破”. ゲキサカ (2010年3月21日). 2012年2月4日閲覧。
  14. ^ 定位置獲得を猛アピール 成長続ける生え抜きFW佐藤”. 徳島新聞 (2011年2月22日). 2012年2月4日閲覧。
  15. ^ 平繁ハット&井上の連発弾で東京Vが北九州に4発大勝”. ゲキサカ (2011年5月14日). 2012年2月4日閲覧。
  16. ^ [ ゆく年くる年:今年の漢字 東京V]”. J'sGOAL. 2012年2月4日閲覧。
  17. ^ 序盤戦の遅れを取り戻しつつある東京ヴェルディ”. Jマガ (2011年7月27日). 2012年2月4日閲覧。
  18. ^ 誇り高く硬派を貫く「男」、群馬に立つ:平繁龍一”. J's GOAL (2013年2月8日). 2013年2月8日閲覧。
  19. ^ 平繁龍一選手 サンフレッチェ広島より完全移籍加入”. J's GOAL (2012年12月25日). 2013年3月24日閲覧。
  20. ^ 平繁龍一選手、ザスパクサツ群馬より移籍加入のお知らせ” (2014年12月16日). 2014年12月16日閲覧。
  21. ^ 平繁龍一選手 ロアッソ熊本より期限付き移籍加入のお知らせ”. カターレ富山公式サイト (2017年7月13日). 2017年7月13日閲覧。
  22. ^ 平繁龍一選手 ザスパクサツ群馬へ移籍のお知らせ”. カターレ富山公式サイト (2018年1月5日). 2018年1月5日閲覧。
  23. ^ 【トップチーム】平繁 龍一選手 ロアッソ熊本より完全移籍加入のお知らせ”. ザスパクサツ群馬公式サイト (2018年1月5日). 2018年1月5日閲覧。

関連項目[編集]