酒井貴政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
酒井 貴政 Football pictogram.svg
名前
カタカナ サカイ タカマサ
ラテン文字 SAKAI Takamasa
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1988-05-18) 1988年5月18日(31歳)
出身地 広島県呉市
身長 173cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF
ユース
1996-1999
2000
2001-2003
2004-2006
2007-2010
焼山JSCサッカー部
サンフレッチェ広島ジュニア
サンフレッチェ広島Jr.ユース
作陽高校
高知大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011
2012
カターレ富山
カマタマーレ讃岐 (loan)
2 (0)
8 (0)
監督歴
2016
2017-
ファジアーノ岡山U-15
作陽高校
1. 国内リーグ戦に限る。2012.01.26現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

酒井 貴政(さかい たかまさ、1988年5月18日 - )は、広島県呉市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF

来歴[編集]

地元呉市立昭和北小学校のサッカー部で小学2年生からサッカーを始め、5年生まで在籍した。[1]

小学6年生からサンフレッチェ広島F.Cの育成組織に転進、広島ジュニアに入団した[2]。同級生に平繁龍一がいる。早くからボランチとして活躍、広島ジュニア時代の2000年には全日本少年サッカー大会出場[3]。同年全日本少年フットサル大会に出場し準優勝、大会優秀選手に選ばれる[4]。広島ジュニアユース時代は上野展裕監督のもと、2002年にはナイキプレミアカップジャパン準優勝し2003年マンチェスター・ユナイテッド・プレミアカップ出場[5]

その後、岡山県作陽高等学校へ進学[2]野村雅之から指導を受けた。このころは中盤だけではなくFW(ウイング)としても起用された。2006年高校3年次にはキャプテンを勤め、第85回全国高等学校サッカー選手権大会準優勝に貢献した[1][2]

大学は高知大学へ進学する。同期に實藤友紀。2009年に膝蓋骨損傷、ほぼ1年を棒に振っている[2]。2010年、大学4年次にはキャプテンとして、第59回全日本大学サッカー選手権大会ベスト4進出に貢献した[2]

2011年、カターレ富山に加入した[6]。呉市出身としては初のJリーガーである[1]。2012年はカマタマーレ讃岐期限付き移籍。2012年をもって現役を引退した[7]

2013年からファジアーノ岡山の育成年代のコーチとして活動し、2016年2月からは岡山U-15を率いて高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会に出場した。

2017年より作陽高校サッカー部監督に就任[8]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2007 高知大 19 - - - 1 0 1 0
2008 8 - - 1 0 1 0
2009 - - 0 0 0 0
2010 - - 1 0 1 0
2011 富山 26 J2 2 0 - 0 0 2 0
2012 讃岐 8 JFL 8 0 - 0 0 8 0
通算 日本 J2 2 0 - 0 0 2 0
日本 JFL 8 0 - 0 0 8 0
日本 - - 3 0 3 0
総通算 10 0 - 3 0 13 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c 呉出身 初のJリーガー誕生”. 中国新聞 (2011年1月18日). 2011年1月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e 酒井主将J2富山へ 高知大”. 読売新聞 (2011年1月8日). 2011年1月8日閲覧。
  3. ^ チーム紹介”. 全日本少年大会公式. 2011年1月8日閲覧。
  4. ^ 過去の大会記録一覧”. FC JAPAN. 2011年1月8日閲覧。
  5. ^ 試合結果”. J's GOAL. 2011年1月8日閲覧。
  6. ^ 高知大学 酒井貴政選手 新加入のお知らせ
  7. ^ 酒井貴政選手 現役引退のお知らせ-2012年12月5日 カターレ富山公式HP
  8. ^ 作陽高サッカー部 野村氏が総監督 後任はファジU15前監督酒井氏 山陽新聞、2017年3月1日

関連項目[編集]