鬼武健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鬼武 健二 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オニタケ ケンジ
ラテン文字 ONITAKE Kenji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1939-09-19) 1939年9月19日(79歳)
出身地 広島県広島市西区天満町
身長 162cm
選手情報
ポジション FW
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

鬼武 健二(おにたけ けんじ、1939年9月19日 - )は、広島市西区天満町出身の元サッカー選手、サッカー指導者[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)専務理事、同第3代目理事長(Jリーグチェアマン)。

ヤンマーディーゼルサッカー部の攻撃サッカーを築いた名将で、日本サッカーリーグ(JSL)で通算93勝を挙げたJSL最多勝監督[2][3]

また、セレッソ大阪の創設、Jリーグ入りを総責任者として尽力した[2][4]。  

来歴[編集]

広島大学付属高等学校早稲田大学政治経済学部卒業[5]

現役時代は162センチの俊足フォワードとして活躍、主にウィンガーとしてプレーした。高校時代の同級生は高重清純、一つ下は丹羽洋介、2つ下は桑田隆幸野村尊敬がいた(ちなみに鬼武をサッカー部へ誘ったのが高重と野村である。)。早大の1つ下に丹羽、2つ下に桑田、野村、松本育夫。1962年早大卒業後ヤンマーディーゼルに入社。同社サッカー部に加入し、1965年設立の日本サッカーリーグ(JSL)でもプレーする。ちなみにJSL退場者1号である[注釈 1]

1967年には28歳にしてヤンマーの監督に就任し、釜本邦茂ネルソン吉村湯口栄蔵ら若い力を結集させて1968年、1970年、1974年の3度にわたりヤンマーを天皇杯優勝に導き、また1971年、1974年、1975年にはJSLで優勝するなどヤンマー黄金期を築いた[3][6]

鬼武が監督に就任してヤンマーは毎日午後から仕事をしないで練習をするようになった[8]。それまで他の実業団は休日練習の他は、平日週二日程度の練習であったため、ヤンマーが強くなって他の会社も同じように平日も練習するようになった、結果的に日本サッカーのレベル向上にも貢献している[8]。 1977年、監督を退任。

社業では船舶事業部次長のち1988年マリンレジャー営業部長、1989年、ヤンマーマリナックス社長を務めた。

1992年、ヤンマーサッカー部の選手・監督としての経験が買われ[4] Jリーグ入りを目指すヤンマーサッカー部のサッカープロ化推進室長兼サッカー部長に就任して総責任者として指揮を執る[4]。資金面の不足から日本ハムなどに協力を受けて1993年「大阪サッカークラブ(ヤンマーサッカー部を母体としたJリーグクラブセレッソ大阪の運営会社)」を設立して社長に就任、セレッソ大阪のJリーグ加盟、昇格に尽力した[2][4][9]。2000年に社長職を退いて会長となった。

社長時代から理事としてJリーグ運営にも参画し、2004年に会長を引退した後にJリーグ専務理事に就任する。2006年7月より退任する鈴木昌の後任としてJリーグのチェアマンとなった。15歳以下の年代では下級生に当たる14歳、13歳の選手が活躍できない状況にあるとして、「Jリーグ U-14」および「Jリーグ U-13」を本人曰く「強引に[6]」発足させた。また統括は難しくなるが、Jリーグクラブが各都道府県に2つずつ在ることが理想である[6] として拡大路線(日本プロサッカーリーグ#沿革を参照)の継続を進めた。

2010年6月、任期満了によりJリーグ イレブンミリオン プロジェクトの達成を見る前にチェアマンを退任、2010年6月に日本サッカー協会名誉副会長に、2011年4月より大阪府サッカー協会会長にそれぞれ就任した。

2015年、第12回日本サッカー殿堂入り[10]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1965 ヤンマー JSL -
1966 ヤンマー JSL -
1967 ヤンマー JSL -
通算 日本 JSL1部 28 7 -
総通算 28 7 -

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1967 JSL ヤンマー 5位 14 14 6 2 6 - 準決勝
1968 JSL ヤンマー 準優勝 14 19 7 5 2 - 優勝
1969 JSL ヤンマー 5位 14 13 6 1 7 - 資格なし
1970 JSL ヤンマー 4位 14 15 7 1 6 - 優勝
1971 JSL ヤンマー 優勝 14 22 9 4 1 - 準優勝
1972 JSL1部 ヤンマー 準優勝 14 20 7 6 1 - 準優勝
1973 JSL1部 ヤンマー 3位 18 23 10 3 5 優勝 準決勝
1974 JSL1部 ヤンマー 優勝 18 25 10 5 3 - 優勝
1975 JSL1部 ヤンマー 優勝 18 31 14 3 1 - 準決勝
1976 JSL1部 ヤンマー 4位 18 21 9 3 6 予選敗退 準優勝
1977 JSL1部 ヤンマー 5位 18 40 8 3PK勝 2PK敗 5 準優勝 準優勝
1978 JSL1部 ヤンマー 準優勝 18 47 11 1PK勝 1PK敗 5 準々決勝 準々決勝

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 片山洋を蹴ってしまい一発退場となった[6][7]
出典

外部リンク[編集]