藤山竜仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤山 竜仁 Football pictogram.svg
名前
愛称 フジ[1]、フジさん[2]、社長[3]
ミスタートーキョー[4][5]
カタカナ フジヤマ リュウジ
ラテン文字 FUJIYAMA Ryuji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-06-09) 1973年6月9日(43歳)
出身地 鹿児島県鹿児島市
身長 170cm[6]
体重 68kg[6]
選手情報
ポジション DF[6]
利き足 右足[1][2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-2009 東京ガス / FC東京 409 (13)
2010 コンサドーレ札幌 31 (00)
1. 国内リーグ戦に限る。2010年12月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

藤山 竜仁(ふじやま りゅうじ、1973年6月9日 - )は、鹿児島県鹿児島郡桜島町[5](現 鹿児島市)出身の元プロサッカー選手。ポジションは主にディフェンダー(DF)

来歴[編集]

小学校3年生のときに兄の影響でサッカーを始める[2][7]1989年鹿児島実業高へ進学。1990年度の全国高校選手権で準優勝[8]。在学中、鹿児島県選抜として3年連続で国体に出場した[8]。この頃学んだスライディングに頼らずにボールを奪う守備が後々ディフェンダーとして活かされることになった。同期に前園真聖仁田尾博幸

1992年に高校を卒業し東京ガスに入社。ジャパンフットボールリーグ所属の同社サッカー部1999年よりFC東京)に加入した。午前にガスメーターの検針を担当し、午後に練習をこなすという社員選手として活動を続けていたが[9][10]1994年からはJリーグ参画に向けて体制作りを進めるチームの方針に沿ってプロ契約を締結[11]。東京ガスにとっては初の日本人選手とのプロ契約だった。この頃まではMF(サイドハーフやボランチ)としてプレーを続けていたが、1995年の中断期間中、守備の安定を図る大熊清監督によってDF(左サイドバック)にコンバートされた[9][12]。この起用法が奏功し、チームの成績は向上。藤山自身も1997年及び1998年のリーグベストイレブンに選出された[8]

1999年には同年発足のJ2(Jリーグ2部)で準優勝。大熊からの信頼は依然厚く、2000年はチーム加入9年目にしてトップカテゴリーのJ1(Jリーグ1部)でレギュラーとして出場を続けた。藤山はJ1の舞台でスピード溢れるドリブル突破[13]オーバーラップからのシュート[9]を見せたいと意気込んでいたが[14]、大熊の考えはJ1の相手に対しては藤山の守備での瞬発力が欠かせないというものであり、変則3バックの左ストッパーに配されるなど[14][15]守備に重きを置くプレーを求められ、持ち味の攻撃参加[13]は影を潜めた[14]

2001年末、古傷の[9]右足首を手術[16]。この影響から2002年は開幕戦に間に合わず[17]原博実新監督の就任もあって左サイドバックの定位置を確保しきれなかったが、欠場選手の穴埋め役として[18]センターバックや右サイドバックなどでも起用され、プレーの幅を広げた[19]2003年からは金沢浄の加入によってセンターバックに回る機会がさらに増したが[20]、「センターバックでもプレーすることで選手寿命が延びた」と前向きに受け入れ[7]、鋭い読みと対人の強さを発揮[20]。原からも「守備のスーパーサブ。どこでもやれるありがたい選手」と信頼を寄せられ[21]、ベンチ入りメンバーには常に名を連ねた[7][22][23][24][25]

2004年のナビスコカップ決勝では、退場処分を受けたDFジャーンの穴を埋めるべく前半33分からピッチに入り、浦和FW陣を完封。得意のインターセプトによるパスカットも冴え[26][27]クラブの初タイトル獲得に大きく貢献した[19]

2005年4月、後十字靭帯損傷によって離脱[28]。古傷の右足首痛も続いていたが[29]、シーズン半ばに復帰[30]。故障者の相次ぐ守備陣にあって[31][32]、自身の出場した終盤12試合は無敗で乗り切り[30]チームを支えた[32]2006年のJ1第19節対福岡戦にて、J1リーグ7年目にして初ゴールを挙げた[1][33]2007年からはチーム最年長選手となったが、インターセプトは健在で[34]同年のレギュラーを確保し、公式戦42試合出場を記録。

2009年半ばからはベンチ入りメンバーから外れることも多くなり、同年10月にFC東京から選手としての契約非更新[35]とクラブ内でのコーチ転身の打診を受けたが[2][10]、「身体が動くうちは現役選手でいたい[10]」「指導者として一つのチームしか知らないのはマイナス[36]」と即座に現役続行及びFC東京退団を決断[37]同年11月のナビスコカップ決勝では出番を得られず、ベンチからチームの優勝を見届けた[37]。表彰式ではキャプテンマークを託され、東京ガス時代からの盟友浅利悟のユニフォームを着用して降壇した[38]。退団セレモニーにて、来季コンサドーレ札幌に所属する旨を表明[39][40]

2010年はJ2札幌でプレー[41][42]。全力で練習に取り組む姿勢は札幌でも変わらず[2][43][44]石崎信弘監督からは「(空中戦で)相手より先に身体を入れたり、身体を上手く当てたりという駆け引きが凄くうまい」と評価され[45]CBあるいは右SBとして重用された[46]。同年4月のJ2第9節甲府戦で公式戦500試合出場を記録[47]。鋭い読みと相手を巧みに抑え込むマークで守備陣を支え[48]、チームメートの岩沼俊介からも「高さがない自分のお手本」[49]と信頼を寄せられていたが、1年限りでの退団が発表された[46][48]

2010年をもって現役を引退し、2011年からFC東京普及部コーチに就任した[50][8]。同年JFA公認B級コーチ養成講習会を受講し[51]2012年にライセンス取得[52]。2015年、A級ジェネラルライセンス取得[53]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1992 東京ガス 29 旧JFL1部 18 1 - 0 0 18 1
1993 8 17 3 - - 17 3
1994 旧JFL 30 0 - 3 0 33 0
1995 29 3 - 1 0 30 3
1996 30 1 - 3 0 33 1
1997 29 1 - 6 0 35 1
1998 28 2 - 3 0 31 2
1999 FC東京 J2 35 1 8 0 4 0 47 1
2000 J1 30 0 2 0 1 0 33 0
2001 30 0 4 0 0 0 34 0
2002 20 0 5 0 1 0 26 0
2003 12 0 4 0 2 0 18 0
2004 18 0 7 0 3 0 28 0
2005 15 0 1 0 2 0 18 0
2006 17 1 1 0 2 0 20 1
2007 32 0 7 0 3 0 42 0
2008 15 0 6 0 4 0 25 0
2009 4 0 1 0 1 0 6 0
2010 札幌 3 J2 31 0 - 1 0 32 0
通算 日本 J1 193 1 38 0 19 0 250 1
日本 J2 66 1 8 0 5 0 79 1
日本 旧JFL1部 181 11 - 16 0 197 11
総通算 440 13 46 0 40 0 526 13

個人タイトル[編集]

  • ジャパンフットボールリーグ ベストイレブン2回 (1997年、1998年)

指導歴[編集]

  • 2010年 - FC東京
    • 2010年 - 2014年 普及部 コーチ
    • 関東第一高校サッカー部 コーチ (兼務)
    • 2015年 - U-12育成担当
    • 2016年 - U-15深川 コーチ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c PLAYER'S DATABASE - ウェイバックマシン(2007年9月27日アーカイブ分) WEBサッカーマガジン (2007年2月13日)
  2. ^ a b c d e スポーツ情報 コンサドーレ札幌 藤山竜仁選手 財界さっぽろ (2010年6月号)
  3. ^ 「僕から見た青赤戦士たち」・・・荻晃太 - ウェイバックマシン(2009年5月5日アーカイブ分) FC東京 (2008年10月3日)
  4. ^ “ミスター”藤山、普及部コーチに 19年間の現役生活に幕 東京中日スポーツ、2011.01.24
  5. ^ a b FC東京・藤山が退団セレモニー 来季はJ2札幌へ 47NEWS (2009年11月28日)
  6. ^ a b c d e 登録選手一覧表 Jリーグ (2010年12月5日)
  7. ^ a b c d e 『FC東京ファンブック2005』 毎日新聞社2005年、34頁。
  8. ^ a b c d 藤山竜仁選手 FC東京普及部コーチ就任のお知らせ FC東京 (2011年1月23日)
  9. ^ a b c d 『FC東京ファンブック2003』 毎日新聞社2003年、102-107頁。ISBN 4620792225
  10. ^ a b c 36歳DF藤山が退団! 現役続行を希望…F東京 - ウェイバックマシン(2009年10月23日アーカイブ分) スポーツ報知 (2009年10月22日)
  11. ^ 荒川裕治 『FC東京の挑戦』 小学館2001年、70頁。
  12. ^ 荒川裕治 『FC東京の挑戦』 小学館2001年、79頁。
  13. ^ a b players info (2000年版) - ウェイバックマシン(2000年5月10日アーカイブ分) FC東京
  14. ^ a b c 荒川裕治 『FC東京の挑戦』 小学館2001年、166-167頁。
  15. ^ 契約問題について - ウェイバックマシン(2002年5月15日アーカイブ分) 藤山竜仁公式ウェブサイト (2000年12月28日)
  16. ^ 藤山竜仁選手の手術について - ウェイバックマシン(2004年5月13日アーカイブ分) FC東京 (2001年12月3日)
  17. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2002年8月17日)
  18. ^ 近況 - ウェイバックマシン(2002年10月18日アーカイブ分) 藤山竜仁公式ウェブサイト (2002年10月18日)
  19. ^ a b 365日FC東京 DF 藤山 竜仁 CBできたことで幅ができた。出してくれるならどこでもやる - ウェイバックマシン(2005年11月10日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2004年11月12日)
  20. ^ a b 365日FC東京 新潟戦のMVPは迷わず藤山 - ウェイバックマシン(2004年6月12日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2004年3月17日)
  21. ^ 365日FC東京 阿部ちゃんが攻撃、藤山が守備のスーパーサブ - ウェイバックマシン(2005年9月13日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2004年9月13日)
  22. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2003年8月2日)
  23. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2003年11月29日)
  24. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2004年6月26日)
  25. ^ 選手出場記録 Jリーグ (2004年11月28日)
  26. ^ 【ヤマザキナビスコカップ:決勝】F東京 vs 浦和:試合終了後のF東京選手(今野、加地、藤山)コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2004年11月3日)
  27. ^ ナビスコ優勝 - ウェイバックマシン(2004年12月8日アーカイブ分) 藤山竜仁公式ウェブサイト (2004年11月11日)
  28. ^ 藤山竜仁選手の検査結果について - ウェイバックマシン(2005年4月15日アーカイブ分) FC東京 (2005年4月14日)
  29. ^ 藤山 開幕スタメン 頼りになるぜ14年目31歳 - ウェイバックマシン(2005年2月27日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2005年2月25日)
  30. ^ a b 選手出場記録 Jリーグ (2005年12月3日)
  31. ^ ダービーをどう戦う!? 徹底戦力分析!! J's GOAL
  32. ^ a b 365日FC東京 天皇杯はスクランブル態勢!! 中でも右でも 藤山 - ウェイバックマシン(2005年11月25日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2005年11月2日)
  33. ^ J1:第19節 F東京 vs 福岡 レポート Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2006年8月24日)
  34. ^ 365日FC東京 34歳藤山『まだまだ!!』 - ウェイバックマシン(2007年6月12日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2007年6月10日)
  35. ^ 藤山竜仁選手の来季契約について - ウェイバックマシン(2009年10月24日アーカイブ分) FC東京 (2009年10月21日)
  36. ^ 365日FC東京 藤山 今季限りで退団「ボロボロになるまで現役続行」 東京中日スポーツ (2009年10月22日)
  37. ^ a b 米本、平山ら新世代が導いた再戴冠 東京ガス戦士の思いを胸に スポーツナビ (2009年11月4日)
  38. ^ 【ヤマザキナビスコカップ:決勝 F東京 vs 川崎F】試合終了後の藤山竜仁選手(F東京)コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2009年11月3日)
  39. ^ 「来季は札幌で」藤山がサプライズ発表 - ウェイバックマシン(2009年12月1日アーカイブ分) スポーツニッポン (2009年11月29日)
  40. ^ フォトニュース J1:第33節 FC東京 vs 神戸 Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2009年11月28日)
  41. ^ 藤山竜仁選手 コンサドーレ札幌へ完全移籍決定のお知らせ - ウェイバックマシン(2009年12月4日アーカイブ分) FC東京 (2009年11月29日)
  42. ^ 藤山 竜仁 選手 コンサドーレ札幌に完全移籍 コンサドーレ札幌 (2009年11月29日)
  43. ^ FORZA! コンサドーレ 36歳藤山、合宿初日から全力 チームに刺激 - ウェイバックマシン(2010年1月29日アーカイブ分) 北海道新聞 (2010年1月29日)
  44. ^ 札幌37歳DF藤山3戦ぶり先発狙う 日刊スポーツ (2010年11月16日)
  45. ^ 「J画自賛」 週刊サッカーダイジェスト1083号 p.47
  46. ^ a b 元東京のDF藤山が札幌退団 - ウェイバックマシン(2010年11月7日アーカイブ分) 東京中日スポーツ (2010年11月6日)
  47. ^ 公式戦500戦目札幌DF藤山が闘魂注入 日刊スポーツ (2010年4月29日)
  48. ^ a b FORZA! コンサドーレ 箕輪と藤山、退団表明 - ウェイバックマシン(2010年11月9日アーカイブ分) 北海道新聞 (2010年11月6日)
  49. ^ FORZA! コンサドーレ 「学んだこと見せる」、岩沼 お手本・藤山は退団 - ウェイバックマシン(2010年11月13日アーカイブ分) 北海道新聞、2010.11.07
  50. ^ コンサドーレ札幌 藤山竜仁 選手 現役引退および FC東京 サッカースクール コーチ 就任のお知らせ コンサドーレ札幌 (2011年1月23日)
  51. ^ 2011(平成23)年度 公認B級コーチ養成講習会 受講者【437名】 (PDF) 日本サッカー協会 2011.05.12
  52. ^ 2011(平成23)年度 公認B級コーチ養成講習会 合格者【399名】 (PDF) 日本サッカー協会 2012.04.12
  53. ^ 2014(平成26)年度 A級コーチジェネラル養成講習会 合格者【126名】 (PDF) 日本サッカー協会 (2015年4月9日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]