MID-FM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 MID-FM(ミッドエフエム)
mid fm,ink
愛称 MID-FM761
コールサイン JOZZ6AX-FM
周波数/送信出力 76.1 MHz/20 W
本社・所在地
〒460-0007
愛知県名古屋市中区新栄1丁目6番15号 新栄SKYスタジオ
設立日 2008年5月8日
開局日 2008年8月20日
演奏所 所在地と同じ
送信所 名古屋市東区泉1丁目13番23号 ドコモ東海名古屋ビル
中継局 なし
放送区域 名古屋市東区の一部
公式サイト http://midfm761.com/
演奏所(2014年1月)
送信所(2010年5月)

株式会社MID-FM(ミッドエフエム)は、愛知県名古屋市東区の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 MID-FM761(みっどえふえむ761)の愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

事務所と演奏所は名古屋市中区に、送信所は東区にある。地上21階建てであるドコモ東海名古屋ビル上のアンテナから送信される。 朝5:00を起点とした24時間放送。

MID-FMは、名古屋駅周辺のビル高層化に伴う送信電波効率の悪化と広告収入の減少が主原因で2008年6月13日に廃局した旧名古屋シティエフエム(愛称: SHANANA! FM又はCity FM 76.1)の再建として放送エリアを東区を中心に移動して新たに開局した。コールサインは変更しているが周波数は以前のままである。

放送エリアは東区を中心とした名古屋市・近郊都市全域で、エリア内人口は約300万人 [1]。 名古屋市全域、あま市弥富市一宮市[2]海部郡大治町蟹江町飛島村)、北名古屋市小牧市春日井市尾張旭市長久手市日進市みよし市瀬戸市豊明市三重県桑名市[2]など。

自社制作番組以外は、ミュージックバードの番組を放送する。SimulRadioによりインターネットで聴取できる。

沿革[編集]

  • 2008年(平成20年)
    • 5月8日 - 株式会社MID-FM設立
    • 6月13日 - 事実上の前身局であった名古屋シティエフエムが廃局
    • 7月29日 - 放送局(現特定地上基幹放送局)の予備免許取得
    • 7月30日 - 開局前試験放送開始
    • 8月20日 -放送局の免許を取得し開局
  • 2009年(平成21年)
    • 4月1日 - SimulRadioに参加
    • 6月14日 - スタジオ移設に伴い一時放送休止(9月15日午前11時より放送再開)
    • 7月30日 - SimulRadio開始を、9月に延期すると発表
    • 9月1日 - SimulRadioを開始
  • 2011年(平成22年)1月5日 - 大規模な番組改編を実施。平日の生ワイド番組は1つのみとなる。
  • 2012年(平成23年)2月3日 - 大治町との間に防災協定を締結[2]

主な独自制作番組[編集]

  • Eri's Music Wow!(木曜 13:00 - 17:00)
  • Friday Hit Radio(金曜 14:00 - 18:00)
  • MID x Tracks(木曜 23:00 - 24:00)
  • JSTワールドトラベルサテライト(木曜 20:00 - 21:00)
  • こんな番組聞かないdayフライデーナイト(金曜 20:00 - 21:00)
  • Hawaiian eight cafe(土曜 12:00 - 13:00)

NEWS&WEATER[編集]

  • 番組の間で放送される、ニュースと天気予報(提供は読売新聞社)。「MID-FM News&Weater」というタイトルコールの後、放送が始まる。基本的には相羽アナウンサーが担当するが、一部他のパーソナリティーが担当することもある。

かつて放送していた主な番組[編集]

帯番組[編集]

  • AFTERNOON JOCKY (2008年8月開局 - 2010年9月)
  • EVENING JOCKY (2009年1月 - 2009年12月)
  • 名古屋ウィメンズマラソン『RADIO RUN』(2013年4月 - 2016年4月 毎日 7:00 - 8:00)
  • MID Feeling Good Times(2010年1月 - 2015年12月 月 - 金曜 14:00 - 18:00)
  • 5時ラジDELUX (2008年8月開局 - 2008年12月)

その他[編集]

  • 新栄i-com(2009年1月 - 2010年1月)
  • グリーフケアラジオ「百万粒の涙を流そう」
  • 新栄乙女が丘クリニック
  • サタデーハイスクールマガジン
  • 石黒哲男のDragonsエンタメかわら版(月曜 20:00 - 21:00)
    • 中日ドラゴンズ球団職員の石黒哲男【MIK】が直接パーソナリティーをつとめるという珍しい番組。中日ドラゴンズに関するさまざまな情報や素顔の選手の話題からドアラ、チアドラゴンズのことなど、プロ野球全体のエンタメ情報からウラ情報まで幅広く届ける。
  • 棚からひとつまみ(土曜 22:00 - 23:00)
    • ミュージックバードを通じて全国各地の一部のコミュニティFM局でも放送していた。なお、放送時間は異なる。(火曜 26:00 - 27:00)

MID-FM ライブTV[編集]

MID-FMライブTV[編集]

平日の18:00~18:30(EVENING JOCKY内)に放送していた。(2010年12月末で打ち切り。)インターネット動画配信サイト、栄の3か所の街頭ビジョン(全て「源’s街頭ビジョン」)との3元生放送で放送するコーナー。ほぼ毎回インディーズゲストが出演していた。ゲストが出演しないときは、インディーズアーティスト情報を放送していた。

その他[編集]

  • かつて東海地区で活動する映画パーソナリティーの松岡ひとみがいたため、松岡の映画のインタビューが放送されることがあった。多くは監督なのだが、中には主演俳優のインタビューも放送された(過去には石原さとみや、水谷豊岡田准一なども出演している)。
  • SimulRadioを通じれば、自社制作番組全てと『三輪一雄 歌の直行便』(ラジオななお制作)を全国で聴取可能である。また、i-コミュラジにも参加している。なお、ミュージックバード制作番組は聴取できない。
  • 自社制作番組のうち、生放送の番組はスタジオの様子をUSTREAMで配信している。音声は一切なく、映像のみになっている。

主なパーソナリティ[編集]

  • 佐野瑛厘 - Eri's Music WOW!
  • Cocoro - Friday Hit Radio
  • DJ TAK - MIDアーティストセレクション、Weekend music soul

過去に在籍していた主なパーソナリティ[編集]

  • 新間正次 -「新間ちゃんのラジオde昼市」
  • ザ・ドーナッツ -「新間ちゃんのラジオde昼市」2代目アシスタント
  • 平松伴康 -「5時RAZI DELUX」や「イブニングジョッキー」を担当。現在も番組への代打出演やMID-FM DJ SCHOOLなど関わりがある。その他、NHK名古屋放送局などで活動。
  • 杉田Genn芳尚 - MID Feeling Good Times(月:「24/7 Twenty Four-Seven」)
  • 駒村真 - Afternoon Jockey、MID Feeling Good Times(火:「Hot Café Tuesday」)
  • 加藤千佳 - Afternoon Jockey、MID Feeling Good Times(木:「Bienvenueau Marché」)

主な株主[編集]

2016年8月現在

流行発信ホールディングスとMan to Man G.comはマスメディア集中排除原則にいう支配関係にある[3]

脚注[編集]

  1. ^ 会社概要 MID-FM761(Internet Archiveのアーカイブ:2015年7月12日収集)
  2. ^ a b c 『中区のラジオ局MID-FM 大治町と防災協定』 中日新聞朝刊(2012年2月4日)より。
  3. ^ コミュニティ放送事業者 マスメディア集中排除原則について(総務省電波利用ホームページ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]