FMいるか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
函館山ロープウェイ株式会社
コミュニティFM事業部
Mt.Hakodate Ropeway Corporation Community FM Division
愛称 FMいるか
コールサイン JOZZ1AA-FM
周波数/送信出力 80.7 MHz/20 W
本社・所在地
〒040-0054
北海道函館市元町19番7号
設立日 1958年6月12日
開局日 1992年12月24日
演奏所 函館市元町19番7号
送信所 函館市函館山字御殿山1番地(函館山テレビ・FM放送所
中継局1 函館市臼尻町(南茅部中継局) 20W
中継局2 函館市日浦町(日浦中継局) 5W
放送区域 函館市の一部
ネット配信 SimulRadio
ListenRadio
FM聴
公式サイト http://www.fmiruka.co.jp/
1、6、7が放送エリア
1992年の開局から2015年11月まで演奏所があった「いるか807ビル」(2006年8月撮影)

FMいるか(エフエムいるか)は、北海道函館市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である函館山ロープウェイ株式会社が行うコミュニティ放送の愛称である。

概要[編集]

1992年平成4年)1月放送法施行規則改正[1]により、コミュニティ放送が制度化され、その第1号として同年12月24日に開局した日本初のコミュニティ放送局である。 保有する特定地上基幹放送局(当初は放送局)の呼出名称はこだてFM。開局時の空中線電力は100mWであった。

愛称の「いるか」は、津軽海峡など世界各地に生息するイルカの人懐っこい性格をモチーフに、地域密着の情報発信拠点を目指すことをテーマに命名された。 放送エリアは函館市および北斗市亀田郡七飯町でエリア内人口は約35万6千人、世帯数は約15万5千世帯[2]

2005年(平成17年)4月4日より、24時間放送を開始。平日7時 - 21時、土・日曜11時 - 15時が自社生放送で、深夜から早朝は、ミュージックバードの番組配信を受けている。放送休止時間を設けていた頃は、全番組終了後にの音を放送し、停波していた。

CMは、番組単位の提供やスポットCMなどの他に、他局ではあまり例がない年間契約による提供形態も開局当初から実施しており、ナショナルスポンサーから地元企業まで、50社以上と年間契約を結んでいる。

沿革[編集]

  • 1958年(昭和33年) - 函館観光事業株式会社設立
  • 1976年(昭和51年) - 函館山ロープウェイ株式会社に社名変更
  • 1992年(平成4年)12月24日 - 日本初のコミュニティ放送局として空中線電力100mWで開局
  • 1993年(平成5年) - ラジオカー「いるか号」を運用開始
  • 1994年(平成6年)
  • 1995年(平成7年) - 空中線電力を3Wに増力
  • 1996年(平成8年)
  • 1999年(平成11年)
    • 不詳 - ストリーミング放送を実施(後に終了)
    • 12月 - 規制緩和に伴い、空中線電力を20Wに増力
  • 2003年(平成15年)3月 - ホクレン夢大賞最優秀賞を受賞
  • 2004年(平成16年)3月 - 北海道文化選賞企業特別賞を受賞
  • 2005年(平成17年)
    • 4月 - SimulRadioに参加し、ストリーミング放送を再開
    • 4月4日 - 24時間放送開始
    • 7月 - 南茅部・日浦中継局の試験放送を開始(7月21日 22:00まで)
    • 8月 - 中継局の運用を開始
    • 10月 - SimulRadio配信停止
  • 2012年(平成24年)11月9日 - SimulRadio配信再開
  • 2015年(平成27年)11月9日 - 放送スタジオと事務所機能を元町19-7(函館山ロープウェイ山麓駅)に移転[3][4]

インターネット放送[編集]

かなり早い段階から取り組んでおり、かつては1999年からインターネットによるストリーミング配信を行っていたが、著作権関係の問題により休止していた。

その後、2005年4月に難聴地域をストリーミング配信によって補うことを目的とした検証実験「サイマルラジオ」を、神奈川県葉山町湘南ビーチFM埼玉県鴻巣市フラワーラジオとともにより行っていた。しかし同年10月、再び配信を停止。

その後サイマル放送の環境が整備されるまで当局のサイマル配信は行われていなかったが、2012年11月9日よりSimulRadioに復帰しサイマル放送の配信を再開する。

共同制作[編集]

AM放送STVラジオ函館放送局と共同でミニ番組を平日に放送している。

放送時間と番組(月 - 金曜、両局共通)

2007年(平成19年)9月までは10:55 - 10:59に「函館HOT情報」(道南の地域の話題、提供:ユニークショップつしま)を放送していた。なお、STVラジオの札幌局などではこの時間「STVニュース」を放送している。時期は不明だが、14:55 - 14:59に「JRハートフルメッセージ函館」(道南のイベントや観光地の情報、提供:JR北海道函館支社)も放送されていた。

脚注[編集]

  1. ^ 平成4年郵政省令第2号による改正
  2. ^ FMいるかについて FMいるか(Internet Archiveのアーカイブ:2012年11月15日収集)
  3. ^ スタジオ・事務所機能 移転のお知らせ 同上 イベント&トピックス 2015年11月9日
  4. ^ FMいるか 80.7MHz 2015年11月9日 7:02(JST)の投稿 2015年11月9日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]