江口ナオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
えぐち なお
江口 ナオ
プロフィール
生年月日 1974年11月21日
現年齢 42歳
出身地 日本の旗 日本東京都
公称サイズ(2008年時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 92 - 58 - 85 cm
活動
ジャンル グラビア
モデル内容 セミヌードヌードヘアヌード
他の活動 女優
モデル: テンプレート - カテゴリ

江口ナオ(えぐち なお 1974年11月12日 - ※1969年説あり)は日本のタレント、女優。旧芸名、江口尚(えぐちなお)、江口尚希(えぐちなおき)。CYAN所属。身長160cm、バスト92cm、ウエスト58cm、ヒップ85cm。

来歴[編集]

1990年代前半はグラビアアイドルとして活躍。後に女優業へシフトチェンジ。崔洋一監督「マークスの山」(1995年)では大胆なヘアヌードシーンを演じ、Vシネマでも活躍した。現在は時代劇や単発ドラマを中心に活躍しているが、オリジナルヌードDVDやヘアヌード写真集、雑誌グラビアのヌードモデルの活動も引き続き行っており、グラマラスな肢体を惜しげもなく晒している。
2008年、お笑いタレントの前田健週刊実話5月22日号にてプロカメラマンデビューする際のモデルとなっている[1]

出演[編集]

映画[編集]

  • 銀座並木通り クラブアンダルシア(2014年) - 準主演 美和役
  • うわこい(2014年) - 主人公の姉・桐嶋ヨミ役
  • ストリッパー(2012年) - 主役 朝風小百合(江藤恭子)役
  • 市民ポリス69(2011年)
  • 女仕事人 SHINOBI(2009年) - 準主役
  • 万華鏡(2008年) - 鈴木美沙役
  • またの日の亜美〜くりいむれもん〜(2006年)
  • るにん(2006年) - 元るにん伝蔵の女房お勝役
  • プッシーキャット大作戦(2004年、フルメディア=バイオタイド) - 男好きマリー役
  • スパイ・ゾルゲ(2004年-東宝) - 外人相手の娼婦役
  • (2002年、東映、TBS、フィルムフェイス) - 東由多加の愛人役
  • マークスの山(1995年) - 西山富美子役
  • ミナミの遊侠伝 なんぼのもんやねん(1994年) - クラブママ役
  • 女仕事人 SHINOBI(2009年)

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

時代劇[編集]

Vシネマ[編集]

  • どチンピラ 14 鉄砲玉の情事(1995年、2008年、セイヨー、ジーダス) - 準主役 香苗役
  • 機械仕掛けのレースクイーン(2006年) - 準主演 元レースクィーン役
  • 女囚Σ(2006年、ミュージアム)
  • けっこう仮面(2004年、アートポート) - 仲田詩乃子役
  • けっこう仮面 マングリフォンの逆襲(2004年、アートポート) - 仲田詩乃子役
  • HOKURO 〜百発病伝説〜(2003年、ミュージアム・アースドリーム) - ゲスト出演
  • 実録・日本極道列伝 極道者 第2話 モガスケ(2002年、タキ・エクスェレントフィルム) - 主演
  • ザ・代紋3(2002年、アンカービジュアル) - ゲスト主演
  • 本気19 郷愁編(2001年、フルメディア・日本映像) - ゲスト主演
  • 秘書 papillon's love(2001年)
  • 新・ヤンママトラッカー 激突!夢街道編(2001年) - ストリッパー役
  • 女形気三郎2(2001年、松竹) - 殺し屋役
  • 呪女 MOROIME (2000年) 
  • エロティックスローター 唇に銃口 (2000年)
  • サギ師一平2(2000年、アンカービジュアル・オフィス点) - ゲスト主演
  • ゼロウーマン最後の指令(1999年、マクザム・ビジョンスギモト)
  • 監獄女医(1997年、松竹) 
  • おんな犯科帖 江戸拷問刑罰抄(1994年、キングレコード株式会社) - 準主役 およう役
  • バカヤロー!V2 私、問題です(1994年)

CM[編集]

  • 野村證券 大邸宅編(2007年6月-2008年5月)

ネットドラマ[編集]

  • 筒井康隆のエロティックな総理 第2話・だばだば杉(2006年、Gyao) - 主演
  • 雪女(2003年) - 主演

DVD[編集]

  • エロス+廃墟(2006年)
  • Body Attack(2003年)

写真集[編集]

  • 「BOND2〜江口ナオ写真集」(2002年、大洋図書、山岸伸撮影 - ロサンジェルスロケ)
  • 「喪服の女」(2002年、双葉社、平地勲監督)
  • 「exe3」(1999年、音楽専科社、清水清太郎撮影 - サイパンロケ)
  • 「アンサボレゴ江口尚希写真集」(1994年、竹書房、野村誠一撮影 - ロサンジェルスロケ
  • 「江口尚希ファースト写真集」(1993年、ワニブックス、奥舜撮影)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マエケンが江口ナオを激写! カメラの腕見込まれプロデビュー”. Iza. 2008年4月24日閲覧。
  2. ^ エンドロールでは「江口尚」名義

外部リンク[編集]