幸福の明日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幸福の明日
ジャンル テレビドラマ
放送時間 平日13:30 - 14:00(30分)
放送期間 2000年9月25日 - 同年12月28日(67回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 東海テレビ
企画 出原弘之
演出 安室修油谷誠至ほか
脚本 梶本恵美、秋田佐和子
出演者 清水由貴子並樹史朗ほか
テンプレートを表示

幸福の明日』(しあわせのあした)は、東海テレビ制作・フジテレビ系列で、2000年9月25日 - 12月28日に放送された昼ドラマである。

概要[編集]

平凡だが、かけがえのない幸福な毎日を送っている家族。39歳になる橋本かな子(清水由貴子)は夫の信彦(並樹史朗)とともに二人の子供に豊かな愛情を注いできた。信彦がそれまで勤めてきた会社を辞め、家族団結して再出発を決意したばかりのある日、小学4年生の息子・信平(今野雅人)の血液型が、かな子と信彦との間からは生まれ得ないものだということがわかる。「お子さんが出産直後に取り違えられたことはまちがいありません」と病院から調査結果を知らされるかな子と信彦。謝罪しながらも、子供の交換を勧める病院側。これまで慈しみ育てた我が子が他人の子だとどう信じればいいのか…。育ててきた我が子への愛を思い、また実の子が他人に育てられているという事実を前に夫婦は煩悶する。そしてかな子の実の子を育てている松田家は橋本家とは全く違い、とうに崩壊状態。母親・ユキ(若林しほ )は子育ての責任を半ば放棄しているような女だった…。そのユキの突然の信平への接触、まだ見ぬユキの夫の存在、そして実の子供・光太郎(村田貴輝)への思い。血のつながりなど無くても、信平は我が子…。そう決めていたかな子であったが、それ以上に深くて抗えない何かが、行く手に横たわっている事を感じ始めていた…。

キャスト[編集]

  • 林竹子:増子倭文江
  • マミ(ホステス):須釜直子
  • 長瀬真弓(信平の担任教師):平塚なな美

スタッフ[編集]

  • 企画:出原弘之(東海テレビ)
  • プロデューサー:大久保直実、風岡大
  • プロデューサー補:平岡敏治、若槻佐知子
  • 音楽:岡田徹
  • 制作:東海テレビ、ビデオフォーカス

放送リスト[編集]

話数 放映日 新聞サブタイトル[1] 脚本 演出 ゲスト/備考※
第1回 2000年9月25日 [2] 梶本恵美 安室修 按田敬一、中村修、和田久美子、沼田和紘
第2回 9月26日 梶本恵美 安室修 小寺大介、菅原香、沼田和紘
第3回 9月27日 梶本恵美 安室修 小寺大介、泉谷恵美、沼田和紘、中村修、按田敬一、和田久美子
第4回 9月28日 梶本恵美 安室修 沼田和紘
第5回 9月29日 梶本恵美 安室修 伊藤延広、大葉ふゆ
第6回 10月2日 泣かせるプレゼント 梶本恵美 安室修 伊藤延広、新井栞奈
第7回 10月3日 お母さんがダウン 梶本恵美 安室修 坂井寿美江、竹内靖司、中村修、和田久美子
第8回 10月4日 冷酷な検査結果 梶本恵美 安室修 沼田和紘、中村修、和田久美子
第9回 10月5日 子供は渡さない! 梶本恵美 安室修 ※松田ユキ(若林しほ)はこの回から登場
第10回 10月6日 なぜか会いたくて 梶本恵美 安室修 中村修、和田久美子、玉山博之
第11回 10月10日 いとしいわが子… 梶本恵美 油谷誠至 ※この回のみ放送時間14:08~14:36
第12回 10月11日 病院側と談判 梶本恵美 油谷誠至 玉山博之
第13回 10月12日 動物園での出来事 梶本恵美 油谷誠至 玉山博之
第14回 10月13日 哀しいコンビニ弁当 梶本恵美 油谷誠至
第15回 10月16日 一方的な絶交宣言 梶本恵美 油谷誠至
第16回 10月17日 半年ぶりの帰宅 梶本恵美 油谷誠至 ※松田大輔(松永博史)はこの回から登場
第17回 10月18日 嘘だと言って! 梶本恵美 油谷誠至
第18回 10月19日 壊れかけた家庭 梶本恵美 油谷誠至
第19回 10月20日 ママが家出した 梶本恵美 油谷誠至
第20回 10月23日 2千万の借用証書 梶本恵美 安室修 田中要次青木豪
第21回 10月24日 突然の心変わり 秋田佐和子 安室修
第22回 10月25日 お母さんが壊れた 秋田佐和子 安室修 中山克己
第23回 10月26日 苦悩する大人たち 秋田佐和子 安室修 中村修、和田久美子
第24回 10月27日 子供たちの明日 秋田佐和子 安室修 内山森彦、福井淑恵、飯泉征貴
第25回 10月30日 運命の日は決まった 梶本恵美 安室修 伊藤延広、沼田和紘、中村修、和田久美子
第26回 10月31日 ちづるの悔しさ 梶本恵美 安室修
第27回 11月1日 真夜中のおにぎり 梶本恵美 安室修 中村修、和田久美子
第28回 11月2日 最後の思い出づくり 梶本恵美 安室修
第29回 11月3日 残酷すぎる告知 梶本恵美 安室修 沼田和紘
第30回 11月6日 やっぱり言えない… 秋田佐和子 藤木靖之 前田公輝森聖矢、真瀬皓介、沼田和紘
第31回 11月7日 泣きじゃくる信平 秋田佐和子 藤木靖之
第32回 11月8日 クラスで大喧嘩 秋田佐和子 藤木靖之 沼田和紘
第33回 11月9日 怒りのハンスト 秋田佐和子 藤木靖之 沼田和紘
第34回 11月10日 もう一人のママ 秋田佐和子 藤木靖之
第35回 11月13日 残された大切な時間 梶本恵美 安室修 沼田和紘
第36回 11月14日 最後のハンバーグ 梶本恵美 安室修 早見淳平
第37回 11月15日 さよなら、信平 梶本恵美 安室修
第38回 11月16日 初めて見せた涙 梶本恵美 安室修
第39回 11月17日 おつかいでの事件 梶本恵美 安室修 呉恵美子、バーディー杉山、中村修
第40回 11月20日 波瀾を呼ぶ転校生 梶本恵美 藤木靖之 森聖矢、向野澪、篠原珠莉、沼田和紘
第41回 11月21日 信平からの手紙 梶本恵美 藤木靖之 森聖矢、鈴木大地(子役)、水谷俊介、沼田和紘
第42回 11月22日 喧嘩、のち仲直り 秋田佐和子 藤木靖之 沼田和紘
第43回 11月24日 初めて見せた涙 秋田佐和子 藤木靖之 兎本有紀、曽川留三子、谷村慶子、本多郁子
第44回 11月27日 割れたワイングラス 梶本恵美 安室修 蒲田哲
第45回 11月28日 待ち望んでいた言葉 梶本恵美 安室修
第46回 11月29日 埋められない溝 梶本恵美 安室修
第47回 11月30日 閉ざされた心の扉 秋田佐和子 安室修
第48回 12月1日 うわ言で呼んだ名前 秋田佐和子 安室修
第49回 12月4日 おばあちゃんの忠告 梶本恵美 油谷誠至 浜口悟
第50回 12月5日 ノートに隠した写真 梶本恵美 油谷誠至
第51回 12月6日 パパの野球ボール 梶本恵美 油谷誠至
第52回 12月7日 おじいちゃんの入院 秋田佐和子 油谷誠至 真鍋敏宏、杉原あつ子、桑原加能
第53回 12月8日 祈りをこめた看病 秋田佐和子 油谷誠至 真鍋敏宏、杉原あつ子
第54回 12月11日 タフな子供たち 梶本恵美 藤木靖之
第55回 12月12日 退院、おめでとう 梶本恵美 藤木靖之 真鍋敏宏
第56回 12月13日 どっちが大切なの? 梶本恵美 藤木靖之 正木蒼二
第57回 12月14日 誰も知らない涙 秋田佐和子 藤木靖之
第58回 12月15日 癒されない孤独 秋田佐和子 藤木靖之 佐野アツ子、大竹竜二、大森真樹子
第59回 12月18日 憎しみが消えた… 梶本恵美 皆川智之 佐野アツ子、野村信次
第60回 12月19日 ママ、死なないで! 梶本恵美 皆川智之
第61回 12月20日 お母さんの肉まん 梶本恵美 皆川智之 佐藤記世
第62回 12月21日 折り鶴に願いを 秋田佐和子 皆川智之 川口康夫、佐藤記世
第63回 12月22日 Xマスイブの家出 秋田佐和子 皆川智之
第64回 12月25日 最悪のクリスマス 梶本恵美 油谷誠至 本多晋、沢柳迪子
第65回 12月26日 つきない悩み 梶本恵美 油谷誠至 中村修
第66回 12月27日 家族って何だろう? 梶本恵美 油谷誠至
最終回 12月28日 幸せのための選択 梶本恵美 油谷誠至

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新聞サブタイトルとは新聞番組表(ラテ欄)に表記されるだけの専用サブタイトルで、本編のクレジットタイトルとは無関係てある。毎日新聞から引用。
  2. ^ 第1回から第5回までは、主演女優の「清水由貴子」表記のみで新聞サブタイトルはなし。第6回から新聞専用のサブタイトルが表記される。

主題歌[編集]

東海テレビ制作 昼ドラマ
前番組 番組名 次番組
女同士
(2000.7.3 - 2000.9.22)
幸福の明日
(2000.9.25 - 2000.12.28)
女優・杏子
(2001.1.4 - 2001.3.30)