渋谷天外

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渋谷 天外(しぶや てんがい)は、上方を代表する喜劇俳優の名跡。

初代[編集]

初代 渋谷 天外(しょだい しぶや てんがい、本名・渋谷 博喜智1882年明治15年〉 - 1916年大正5年〉12月17日)は、は明治-大正時代の喜劇俳優。

和歌山県出身。仁輪加鶴家団十郎に入門、鶴家団治を名のる。曾我廼家一座を経て、1907年、渋谷天外に改名し、中島楽翁(らくおう)と喜劇劇団「楽天会」を結成[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 渋谷天外(初代)” (日本語). コトバンク. 2020年12月12日閲覧。

関連項目[編集]