森崎和江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
森崎和江
誕生 (1927-04-20) 1927年4月20日
日本統治時代の朝鮮大邱
死没 (2022-06-15) 2022年6月15日(95歳没)
福岡県福津市
ジャンル
代表作 『からゆきさん』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

森崎 和江(もりさき かずえ、1927年4月20日 - 2022年6月15日)は、日本の詩人ノンフィクション作家、元放送作家。

ASLE-Japan/文学・環境学会会員、日本放送作家協会会員[1]。日本脚本家連盟会員[2]

経歴[編集]

朝鮮大邱生まれ[3]。1947年、福岡県女子専門学校(現・福岡女子大学)保健科卒[4]

太平洋戦争下の学生動員中、結核に感染し、戦後の3年間、療養所生活を送る[1]。退所後、1950年丸山豊が主宰する詩誌『母音』同人となる。1956年ごろから、NHK福岡放送局でラジオのエッセイや、ラジオドラマの脚本を担当。

1958年、『母音』で知り合った谷川雁ともに筑豊の炭坑町に転居[5]。同年、谷川雁、上野英信らと文芸誌『サークル村』を創刊(1960年まで)。1959年-1961年、女性交流誌『無名通信』を刊行。大正鉱業の閉山(1964年12月)まで谷川と同居を続けたが、二人は対立し、谷川は東京へ去る[6]

以後福岡県を根拠地として炭鉱女性史、海外売春婦などについて多くのノンフィクション、また詩集を刊行する。

1993年、佐賀県立名護屋城博物館協議会委員[4]。1994年、丸山豊記念現代詩賞選考委員[4]。1997年3月~2002年5月宗像市総合公園管理公社理事長[1]。2002年4月より福岡教育大学運営諮問会議委員[1](なお「読売人物データベース」では「2000年から2004年」となっている)。2004年、生涯学習講座「むなかた市民大学『ゆめおり』」(宗像市、森崎和江学長)開講[4]

木村栄文のテレビドキュメンタリー作品『まっくら』『祭ばやしが聞こえる』にて構成や案内役として携わっている。

2022年6月15日、呼吸不全のため死去[7]。95歳没。

受賞[1][編集]

著書[編集]

  • 『まっくら 女坑夫からの聞き書き』理論社 1961、岩波文庫 2021
  • 『非所有の所有 性と階級覚え書』現代思潮社 1963
  • 『さわやかな欠如 詩集』国文社 1964
  • 『第三の性 はるかなるエロス』三一新書 1965 のち河出文庫 のち河出書房新社で再刊
  • 『ははのくにとの幻想婚 評論集』現代思潮社 1970
  • 『闘いとエロス』三一書房 1970
  • 『異族の原基』大和書房1971
  • 『奈落の神々 炭抗労働精神史』大和書房 1973 のち平凡社ライブラリー
  • 『匪賊の笛』葦書房 1974
  • 『からゆきさん』朝日新聞社 1976 のち文庫
  • 『光の海のなかを』冬樹社 1977.10
  • 『ふるさと幻想』大和書房 1977.12
  • 『遥かなる祭』朝日新聞社 1978.2 のち文庫
  • 『産小屋日記』三一書房 1979.3
  • 『ミシンの引き出し』大和書房 1980.1
  • 『海路残照』朝日新聞社 1981.3 のち文庫
  • 『海鳴り 作品集』三一書房 1981.10
  • 『髪を洗う日』大和書房 1981.10
  • 『旅とサンダル』花曜社 1981.12
  • 『クレヨンを塗った地蔵』角川書店 1982.3
  • 『風』沖積舎 (現代女流自選詩集叢書) 1982
  • 『湯かげんいかが』東京書籍 1983.3 のち平凡社ライブラリー
  • 『消えがての道』花曜社 1983.4
  • 『能登早春紀行』花曜社 1983.8
  • 『森崎和江詩集』土曜美術社 (日本現代詩文庫)1984
  • 『慶州は母の呼び声 わが原郷』新潮社 1984.3 のちちくま文庫、MC新書
  • 『津軽海峡を越えて』花曜社 1984.9
  • 『悲しすぎて笑う 女座長筑紫美主子の半生』文藝春秋 1985.6 のち文庫
  • 『奈落物語』大和書房 1985.2
  • 『日本の父』潮出版社 1986.11
  • 『インドの風のなかで』石風社 1986.2
  • 『こだまひびく山河の中へ 韓国紀行八五年春』朝日新聞社 1986.7
  • 『トンカ・ジョンの旅立ち 北原白秋の少年時代』日本放送出版協会 1988.11
  • 『ナヨロの海へ 船乗り弥平物語』集英社 1988.5
  • 『大人の童話・死の話』弘文堂(叢書死の文化) 1989
  • 『詩的言語が萌える頃』葦書房 1990.8
  • 『風になりたや旅ごころ』葦書房 1991.6
  • 『きのうから明日へ 庶民聞き書き』葦書房 1992.2
  • 『荒野の郷 民権家・岡田孤鹿と二人妻』朝日新聞社 1992.5
  • 『買春王国の女たち 娼婦と産婦による近代史』宝島社 1993.9
  • 『いのちを産む』弘文堂 1994.2
  • 『いのちの素顔』岩波書店(シリーズ―生きる)1994
  • 『二つのことば・二つのこころ ある植民二世の戦後』筑摩書房 1995.7
  • 『地球の祈り』深夜叢書社 1998.5
  • 『いのち、響きあう』藤原書店 1998.4
  • 『愛することは待つことよ 二十一世紀へのメッセージ』藤原書店 1999.10
  • 『いのちへの手紙』御茶の水書房(神奈川大学評論ブックレット)2000
  • 『北上幻想 いのちの母国をさがす旅』岩波書店 2001.2
  • 『見知らぬわたし 老いて出会う、いのち』東方出版 2001.4
  • 『いのちの母国探し』風濤社 2001.9
  • 『いのちへの旅 韓国・沖縄・宗像』岩波書店 2004.1
  • 『ささ笛ひとつ』思潮社 2004.10
  • 『語りべの海』岩波書店 2006.1
  • 『草の上の舞踏 日本と朝鮮半島の間に生きて』藤原書店 2007.8
  • 精神史の旅 森崎和江コレクション』全5巻 藤原書店 2008-2009
  • 『いのちの自然 十年百年の個体から千年のサイクルへ』アーツアンドクラフツ(やまかわうみ別冊) 2014
  • 『くらす』太田大八 絵 復刊ドットコム(五感のえほん 2015
  • 『森崎和江詩集』思潮社(現代詩文庫) 2015
  • 『いのる』山下菊二 絵 復刊ドットコム(五感のえほん 2016

共著編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ a b 朝日新聞人物データベース
  3. ^ https://www.asubaru.or.jp/92348.html 福岡県男女共同参画センター「あすばる」森崎和江さん
  4. ^ a b c d e 読売人物データベース
  5. ^ 松本輝夫『谷川雁』(平凡社新書)P.83
  6. ^ 松本輝夫『谷川雁』(平凡社新書)P.117
  7. ^ “「植民地」と「性」、「からゆきさん」で問うた 森崎和江さん死去”. 毎日新聞. (2022年6月18日). https://mainichi.jp/articles/20220618/k00/00m/040/236000c 2022年6月19日閲覧。