山下菊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山下 菊二(やました きくじ 1919年10月8日 - 1986年11月23日)は日本画家

経歴[編集]

徳島県三好市に生まれる。1937年、香川県立工芸学校卒業。翌1938年に上京し、福沢一郎の絵画研究所に入る。

1944年から1949年まで東宝映画教育映画部に勤務[1]、この間、応召による戦場体験と1946年から1948年までの東宝争議を体験した。

1949年、美術文化協会の会員になるが、翌年、退会。以後、多くの会を結成、あるいは参加。また、日本共産党に入党し、山村工作隊にも参加した。

1952年、小河内村でのダム反対闘争に参加。以後、松川裁判安保闘争狭山裁判などに関与。兄の谷口董美も画家。 新潮文庫大江健三郎作品の表紙を描いた。 1975年に、筋萎縮症と判断される。1986年、死去。

権力や差別、天皇制や庶民意識の問題と向かい合い、渾沌たる現実を超現実主義の方法で戯画化したり、探訪絵画を創案して、事件を紙芝居化するなど、その絵画は、戦後史の証言ともなる重要なものである。家の中で梟を飼っていた。[2]

代表作に《あけぼの村物語》(1953年)《見られぬ祭》(1965年)《葬列》(1967年)《転化期》(1968年)などがある。

画集など[編集]

  • 『くずれる沼 -画家・山下菊二の世界』すばる書房、1979年
  • 『山下菊二画集 1919-1986』美術出版社 1988

展覧会[編集]

  • 「山下菊二展」神奈川県立近代美術館 [ほか]編 1996
  • 「谷口董美、山下菊二兄弟故郷のイメージを描く」徳島県立近代美術館 2009
  • 「山下菊二コラージュ展」神奈川県立近代美術館 c2011

脚注[編集]

関連項目[編集]