竹内佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

竹内佑(たけうち ゆう、1977年12月7日 - )は、日本劇作家演出家小説家俳優。デス電所代表。

来歴[編集]

愛知県出身。近畿大学文芸学部卒業。高校時代に旗揚げた第1期「デス電所」を経て、1998年の近畿大学在学中に同級生らと新たに「デス電所」を結成。

「CAMPUS CUP 2000」に出場し最優秀賞を獲得。

2006年12月『音速漂流歌劇団』にて、第13回OMS戯曲賞大賞を受賞。

デス電所以外では、2005年新国立劇場「シリーズ笑い」現代劇作家たちによるコント集(コント脚本)2006年ごまのはえ×竹内佑×山口茜 「77年企画」『マリコの悪縁教室』(演出)などがある。

2007年11月には精華演劇祭スペシャルに登場し、24ステージのロングラン公演を敢行するなど、勢いは止まらない。

交友関係は広く、関西演劇界のみならず、バッファロー吾郎ザ・プラン9野性爆弾小籔千豊天津など、 お笑い界とのパイプも太い。野性爆弾川島邦裕は第18回公演主演。

2011年、『空洞メディアクリエイター』 で第55回岸田國士戯曲賞候補。また、ガガガ文庫にてライトノベル『最弱の支配者、とか。』を発表し、小説家としてもデビューした。

主な作品[編集]

デス電所[編集]

(作・演出 主な作品)

  • 『仔犬、大怪我』(2001年
  • 『音速漂流歌劇団』(2005年
  • 『夕景殺伐メロウ』(2006年
  • 『ヌンチャクトカレフ鉈鉄球』(2008年
  • 『丸ノ子ちゃんと電ノ子さん』(2010年
  • 『STRIKE BACK先輩』(2011年
  • 『ジョギリ婦人』(2012年
  • 『神様のいないシフト』(2012年
  • 『すこやかに遺棄る』(2017年)

その他[編集]

外部リンク[編集]