加納幸和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加納 幸和(かのう ゆきかず、1960年1月25日 - )は日本俳優劇作家脚本家演出家劇団花組芝居」主宰。

来歴・人物[編集]

兵庫県尼崎市出身。日本大学芸術学部演劇学科卒業。大学の卒業論文「『櫻姫東文章』の再生と可能性」で芸術学会賞を受賞。

1984年10月、演劇プロデュース団体「加納幸和事務所」を設立。1987年、劇団「花組芝居」に改名。同年4月1日、『ザ・隅田川』公演で旗揚げ。

花組芝居の全作品の脚本演出を手掛け、主に歌舞伎をモチーフにした作品が多い。

俳優、雑誌コラム連載、専門学校の講師としても活動している。

主な出演作品[編集]

舞台[編集]

花組芝居の全公演に出演

・2019年 髭切膝丸 双騎出陣 2020 - ミュージカル『刀剣乱舞』

外部出演[編集]

外部演出[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • 1995年「秘密の友人」(主演:精神科医ネイサン・コンラッド)(青春アドベンチャー NHK FM)(5月15日~5月26日)

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 秋之桜子×寺十吾が届ける「桜文」乃木坂46の久保史緒里が“笑顔を見せない”花魁に”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年6月22日). 2022年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]