加納幸和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加納 幸和(かのう ゆきかず、1960年1月25日 - )は日本俳優劇作家脚本家演出家劇団花組芝居」主宰。

来歴・人物[編集]

兵庫県尼崎市出身。日本大学芸術学部演劇学科卒業。大学の卒業論文「『櫻姫東文章』の再生と可能性」で芸術学会賞を受賞。

1984年10月、演劇プロデュース団体「加納幸和事務所」を設立。1987年、劇団「花組芝居」に改名。同年4月1日、『ザ・隅田川』公演で旗揚げ。

花組芝居の全作品の脚本演出を手掛け、主に歌舞伎をモチーフにした作品が多い。

俳優、雑誌コラム連載、専門学校の講師としても活動している。

主な出演作品[編集]

舞台[編集]

花組芝居の全公演に出演

外部出演[編集]

外部演出[編集]

テレビ[編集]

  • 「お嬢だん」(NTV
  • 「子供のケンカ!」(テレビ朝日
  • 「真夜中の王国-シェイクスピアの苦悩」(NHK衛星)
  • 「朝の音楽ノート」(NHK BS2)
  • 朝の連続テレビ小説あすか」(NHK)
  • 「少年たち2」(NHK)
  • 「料理少年Kタロー」(NHK教育)
  • 「五辯の椿」(NHK)
  • 「慶次郎縁側日記」(NHK)
  • 戦力外捜査官」(NTV)

映画[編集]

外部リンク[編集]